メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

各駅停話

 毎日、大勢の人が集まっては散っていく駅。様々な人々が交錯する駅にまつわる物語を、路線ごとに各駅停車ならぬ「各駅停話」として紹介していきます。

叡山電鉄

叡山電鉄

    1. 雲珠桜など、様々な種類の桜が咲き乱れる鞍馬寺=2012年、京都市左京区、鞍馬寺提供

      鞍馬お山に満ちるエネルギー(4/16)有料会員限定記事動画

       出町柳から13キロ。わずか30分で、幽玄の世界の入り口に到着する。名産の「木の芽煮」を煮る、サンショウやしょうゆのにおいを感じながら、鞍馬山の中腹にある、鞍馬寺を目指す。 途中までは、0・2キロと…[続きを読む]

    2. 貴船神社の本宮だった「奥宮」。女性の参拝客が多い=京都市左京区鞍馬貴船町

      貴船口縁結びに「いいね!」(4/15)有料会員限定記事動画

       電車は鞍馬川に沿いながら、山あいを進む。鞍馬川に貴船川が合流する分岐点の真上、高架上にあるのが、貴船口駅だ。ここから貴船川に沿って約2キロ進むと、貴船神社がある。 はるか昔。貴船神社に伝わる伝説に…[続きを読む]

    3. 桜とツツジが同時に咲く、春の白龍園=2013年4月、京都市左京区鞍馬二ノ瀬町、青野提供

      二ノ瀬春秋限定 手作り庭園(4/14)有料会員限定記事動画

       鞍馬行きの電車が二ノ瀬駅に入る直前、右側に赤い鳥居が一瞬見える。「あれ、あんなところに神社が?」と沿線住民も知らない場所が庭園「白龍園」だ。 「もとは信仰心からつくったのです」。京都市の子供服メー…[続きを読む]

    4. 約65年間走り続けたデナ21形。運転席部分が鞍馬駅に保存されている=1988年、修学院駅

      市原急坂、必死だった旧車両(4/13)有料会員限定記事動画

       電車が二軒茶屋駅を出ると線路は単線に。運転席から見ると、市原駅に向かって急な上り坂が壁のように迫る。ここから鞍馬まで、1キロ進むと50メートル上がる登山鉄道並みの急坂が続く。 鞍馬線の開業時から1…[続きを読む]

    5. 益川敏英・京都産業大教授が毎朝見た、運転席からの景色=京都市左京区

      二軒茶屋益川教授の指定席(4/11)有料会員限定記事動画

       平日の朝8時20分ごろ。二軒茶屋駅に着く電車に毎日乗っていたのが、ノーベル物理学賞を受賞した京都産業大の益川敏英教授(75)だ。岩倉に住んでいた数年前まで、叡山電鉄で通勤していた。 岩倉駅から乗り…[続きを読む]

    6. 朝から夕方まで、鹿と向き合う。「時間はかかっても、鹿の毛の方向や実際の色を見て描きたい」という京都精華大生の柴田芳輝さん=京都市左京区岩倉木野町

      京都精華大前「ミニ動物園」学生の教材(4/10)有料会員限定記事動画

       叡山電鉄の中で一番新しく、1989年にできた。全国唯一のマンガ学部で知られる京都精華大学が、約3億5千万円の建設費を出してつくった「請願駅」だ。ホームとキャンパスは跨線橋(こせんきょう)でつながって…[続きを読む]

    7. 線路のすぐ南側にかかる「あんた橋」。今は車も通行できる=京都市左京区岩倉幡枝町

      木野譲り合った「あんた橋」(4/9)有料会員限定記事動画

       木野駅を降りて、しだれ桜が美しい妙満寺に向かう道に、長代(ちょうだい)川をまたぐ小さな橋がある。名前は「あんた橋」。変な名前だが、ちゃんと由来があるらしい。 近くで不動産業を営む藤木慶文さん(73…[続きを読む]

    8. 日本初の私立精神科病院があった場所は、公園になっている。奥の民家は「保養所」だった=京都市左京区岩倉上蔵町

      岩倉地域ぐるみ 療養の地(4/8)有料会員限定記事動画

       「床もみじ」で有名な岩倉実相院の門前に、公園がある。この公園が「日本最初の私立精神科病院」の跡地だということは、今はほとんど知られていない。 「岩倉では、精神障害者のお世話が地元の仕事の一つとなっ…[続きを読む]

    9. 行列をつくって参拝した様子などを描いた絵馬が展示されている=京都市左京区上高野三宅町の三宅八幡宮

      八幡前絵馬 まるで集合写真(4/7)有料会員限定記事動画

       八幡前駅の北東にある三宅八幡宮は、子どもと縁が深い。元は田んぼの虫封じのご利益から、子どもの「疳(かん)の虫」封じとして知られるようになった。 特に明治から昭和の初めにかけては、子ども連れの人々が…[続きを読む]

    10. 斜面に立つ「ラジオ塔」。JOOKの文字はNHK京都放送局を表す=京都市左京区

      八瀬比叡山口街頭ラジオに思いはせ(4/6)有料会員限定記事動画

       本線の終点、八瀬比叡山口は長く「八瀬遊園」という駅名だった。叡山電鉄の前身、京福電鉄が保養地だった八瀬を家族向けの行楽地として開発。今、リゾートホテルが立つ地に、遊園地や水族館などがあった。 終着…[続きを読む]

    11. 山の中に突如姿を現す御蔭(みかげ)神社=京都市左京区上高野東山

      三宅八幡葵祭支える「若返り」神社(4/4)有料会員限定記事動画

       沿線唯一の朱塗りの駅を降り、八瀬比叡山口駅の方向に歩くこと15分。集落が途切れると、未舗装の山道に入っていく。 こんな所に神社があるのだろうか。ちょっと心細くなってきた頃、林が開けて、突如神社が現…[続きを読む]

    12. 高さ約5メートルの滑り台「夢の山」(左)や迷路(右奥)が長年変わらぬ人気だ=京都市左京区上高野流田町の「子どもの楽園」

      宝ケ池競輪場跡は子どもの楽園(4/3)有料会員限定記事動画

       八瀬比叡山口に向かう本線と、鞍馬に向かう鞍馬線が、ここ宝ケ池駅で分岐する。今は早朝を除き下り列車は出町柳発だが、開業当時は鞍馬線を走る鞍馬電鉄の始発駅だった。 戦後の一時期、元田中駅からここまで、…[続きを読む]

    13. 双鳩(そうきゅう)堂の鳩餅と木型。手前の木型は2代目の頃のもの。ハトの体形や羽根のデザインは型を彫った職人によって変わっていく=京都市左京区

      修学院「神の使い」かたどる名菓(4/2)有料会員限定記事動画

       修学院駅のすぐ西側に、「大原道」と呼ばれる街道がある。鉄道やバスがなかった時代、三千院などで有名な大原や若狭方面からの人や物資が行き交った。 「私が子どもの頃は、ボンネットバスが街道を上がってきて…[続きを読む]

    14. 文字だけではなく表紙全体が見やすいように、と白熱灯が使われた恵文社の店内。アンティーク家具の上などに、本や雑貨が並ぶ=京都市左京区一乗寺払殿町

      一乗寺知的好奇心の旅へ(4/1)有料会員限定記事動画

       一乗寺は学生の街。京都大や京都造形芸術大、京都工芸繊維大、京都精華大など近隣の大学に通う学生向けのマンションが多い。 駅の東西に延びる商店街の一角にある「恵文社」は知的好奇心を満たす書店として、全…[続きを読む]

    15. 柄にずれがないかを確認しながら、一度に5色を染められるロール捺染機で染めていく=京都市左京区田中古川町

      茶山染め物 息づく職人技(3/31)有料会員限定記事動画

       茶山駅を降りると、かすかににおいを感じる。冷房のない電車が走っていた頃には、茶山駅を通るたびにもっと強いにおいが、窓から入り込んでいた。 「顔料の発色を良くするターペン油のにおいでしょうね。今は使…[続きを読む]

    16. 歓送迎会シーズン。京都大生でにぎわう宴会場「天寅」=京都市左京区田中南大久保町

      元田中ノーベル賞受賞者も来店(3/30)有料会員限定記事動画

       元田中駅のホームは、東大路通を挟んで、上りと下りに分かれている。かつては東大路通を走っていた京都市電に「叡電前」という停留所があり、市電と平面交差していた。 市電が叡山電鉄に乗り入れた時代もあった…[続きを読む]

    17. 長徳寺の「おかめ桜」=18日、京都市左京区田中下柳町

      出町柳桜とともに、神秘の洛北へ(3/28)有料会員限定記事動画

       洛中と洛外。 碁盤の目の通りで知られる京都の「街中」と「郊外」の境界に、叡山電鉄の出町柳駅(京都市左京区)はある。 本線は、比叡山のふもとにある八瀬比叡山口駅へ。途中の宝ケ池駅から分かれる鞍馬(…[続きを読む]

    今、あなたにオススメ(PR)

    朝日新聞・鉄道取材班ツイッター

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

    注目コンテンツ

    • 写真

      【&BAZAAR】ガチっと押し込む感触も最高

      80年代デザインのラジカセ

    • 写真

      【&TRAVEL】パリ、無愛想な猫だが……

      1日1旅

    • 写真

      【&M】正月以外も使えるかるた

      爆笑誘う奇想天外な絵と言葉

    • 写真

      【&w】小さな家の生活日記が本に

      東京の台所 番外編

    • 写真

      好書好日禁じられたものに触れたい

      小説「出版禁止」第2弾刊行

    • 写真

      WEBRONZA定年後10万時間の使い方

      今日の編集長おすすめ記事

    • 写真

      アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

      これぞまさにプーケットの楽園

    • 写真

      T JAPAN4匹の猫と華麗なる共演。

      女性のための優美な機械式時計

    • 写真

      GLOBE+サウジNo1おむつは日本製

      女性だけの工場も現地に作った

    • 写真

      sippo河川敷の“ホームレス犬”

      老いて初めての室内暮らし

    • 働き方・就活

    • 転職情報 朝日求人ウェブ