メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

各駅停話

 毎日、大勢の人が集まっては散っていく駅。様々な人々が交錯する駅にまつわる物語を、路線ごとに各駅停車ならぬ「各駅停話」として紹介していきます。

江ノ島電鉄線

江ノ島電鉄線

  • 【動画】各駅停話 江ノ島電鉄線編
  • 観光客で混雑するなか、いくつかの業者が人力車を走らせている=神奈川県鎌倉市

    鎌倉「隣の古都」人力車と共に(7/13)有料会員限定記事動画

     日曜日、駅前や鶴岡八幡宮は、いつものように観光客でごった返していた。年に2千万人超が訪れる鎌倉市。懐かしい乗り物が目に入る。人力車である。 主な客はカップルや家族連れ。黒白の俥夫(しゃふ)姿の若者…[続きを読む]

  • 2本の刀が交差するデザイン(左)が描かれた和田塚駅の駅名標=神奈川県鎌倉市

    和田塚和田一族 無念の地(7/11)有料会員限定記事動画

     江ノ電の15の駅には、駅ごとに「お楽しみ」が仕掛けられている。駅名標をよくよく見ると、周辺の特徴を表すデザインが描かれているのだ(工事中の稲村ケ崎駅を除く)。 形がまちまちだった駅名標の統一に約2…[続きを読む]

  • 鎌倉文学館。庭園には広いバラ園がある=神奈川県鎌倉市

    由比ケ浜バラ香る三島小説の舞台(7/10)有料会員限定記事動画

     青葉が茂る上り坂から、門を通り、石造りの短いトンネルを抜けると、広大な敷地と美しい洋館が見えてくる。まるで別世界。「鎌倉文学館」である。 約80年前に旧加賀藩主・前田家の別邸として建てられた。19…[続きを読む]

  • 高さ13・4メートル。13世紀に造られたとされるが、資料に乏しく、いまだ謎が多い=神奈川県鎌倉市

    長谷鎌倉一の「美男子」に会う(7/9)有料会員限定記事動画

     鎌倉観光の横綱である。駅から少し歩くと、そこは大仏ワールド。顔は平らで、目は下を向き、口元にはひげがある。 春からNHKの俳句番組の司会をする鎌倉生まれのエッセイスト、岸本葉子さんの初めての句は7…[続きを読む]

  • 「俺たちの朝」のロケに使われたアパート。登場人物たちが玄関を出入りする場面が撮影された=神奈川県鎌倉市

    極楽寺感情の機微 映すロケ地(7/8)有料会員限定記事動画

     古い木造駅舎に赤い郵便ポスト、そして何と言ってもこの駅名。鎌倉を舞台に感情の機微をしっとり描く映画やドラマのロケ地として、つとに有名だ。 存在を広めたのは「江ノ電ブーム」を呼んだ青春ドラマ「俺たち…[続きを読む]

  • 24年ぶりの「伝説の大会」に上位入賞した選手たちと、祝福する観衆=2013年9月、神奈川県鎌倉市、三浦安間氏撮影、実行委提供

    稲村ケ崎伝説の波乗り大会 再び(7/7)有料会員限定記事動画

     その日、「伝説」が「現実」に変わった。 2013年9月26日、稲村ケ崎は「本当にやるらしい」と集まった4千人の観衆で埋め尽くされた。「イナムラサーフィンクラシック」。1989年の第1回以来、開かれ…[続きを読む]

  • 「ハイブリット」の石橋さん。11席の店を1人で切り回す=神奈川県鎌倉市

    七里ケ浜ロックな牛乳ラーメン(7/6)有料会員限定記事動画

     民家などの狭い間をゴトゴト走る江ノ電が一転、時速45キロと最速で走るのがこのあたりだ。 駅を出ると「牛乳ラーメン」ののぼりが見えた。ぎゅ、牛乳ラーメン? 店内にはロック界のカリスマ矢沢永吉の大きな…[続きを読む]

  • 日本語、中国語、韓国語、英語の4カ国語で書かれた鎌倉高校の立て看板=神奈川県鎌倉市

    鎌倉高校前アニメ聖地 なお巡礼者(7/4)有料会員限定記事動画

     いわずと知れた「聖地」である。1990年代に連載され一世を風靡(ふうび)した高校バスケットボール漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」。そのアニメ版を見て育った台湾などの観光客が連日、駅そばの踏…[続きを読む]

  • 車庫ではない。車両の裏は和菓子作りの仕事場になっている=神奈川県藤沢市

    腰越店の顔は車両&もなか(7/3)有料会員限定記事動画

     江ノ島駅と腰越駅の間、龍口寺前の路上に差しかかると、江ノ電の運転士は集中力を高める。全線で最もきついS字カーブ。減速し、車の動きに目を配る。 近くの和菓子「扇屋」は鉄道ファンなら必見だ。廃車になっ…[続きを読む]

  • 江の島シーキャンドル。夜、さまざまな色のライトアップで表情を次々と変える=神奈川県藤沢市

    江ノ島冬に輝く湘南の宝石(7/2)有料会員限定記事動画

     江の島の頂上部に展望灯台「シーキャンドル」が開業したのは2003年春。江ノ電の開業100周年記念事業だった。高さ約60メートル。標高だと約120メートルになり、展望台から相模湾や湘南の夜景が一望でき…[続きを読む]

  • イルカの健診。飼育係が一人前になるには5年はかかるという=神奈川県藤沢市

    湘南海岸公園根気伝わってイルカな?(7/1)有料会員限定記事動画

     イルカたちが、尾ひれをプールの外に突き出すようにして、健診を受けている。午後4時半、観客が帰った後のイルカショースタジアム。 新江ノ島水族館、愛称「えのすい」。前身の水族館から再出発して11年、江…[続きを読む]

  • 鵠沼駅を出ると、神社の前にサーフボード形の案内が。「鵠沼海岸まで1km、徒歩13分」とある=神奈川県藤沢市

    鵠沼明治から波に乗ってた(6/30)有料会員限定記事動画

     江戸末期まで幕府の砲術訓練場で、砂ばかりだったこの一帯が、大別荘地に発展したのは、1902(明治35)年に鵠沼駅が出来てからである。 いまは閑静な住宅街が広がる駅前を、まっすぐ歩き続けると、そこは…[続きを読む]

  • ほぼ完全な形で掘り出された地蔵。宮澤家の人たちは地蔵の掃除を欠かさない=神奈川県藤沢市

    柳小路正夢だった渡船場の地蔵(6/29)有料会員限定記事動画

     少し北に歩いたあたりは昔、川の船着き場だった。大山参りから戻った客を舟で江の島まで運んだ。明治になって川のあったところが埋め立てられ、船着き場は消えたが、近くにあったという地蔵がいまも残る。 宮澤…[続きを読む]

  • かつて秩父宮雍仁親王が過ごした場所。石段はほぼ当時のまま。周囲も大きな別荘が多かったという=神奈川県藤沢市

    石上「宮様」の別邸 今も名残(6/27)有料会員限定記事動画

     石上駅を降り、少し歩くと、広大な敷地に出合う。「天理教神奈川台分教会」。二十数段の石段を上がると、2階建ての家と神殿が見えてきた。 ここはかつて昭和天皇の弟で「スポーツの宮様」と親しまれた故秩父宮…[続きを読む]

  • 通勤客らを乗せ、江ノ電藤沢駅に入る「305」=神奈川県藤沢市、林敏行撮影

    藤沢55歳「ミスター」まだまだ現役(6/26)有料会員限定記事動画

     きつい勾配を上り切った「江ノ電の顔」がカーブを描き、ゴトンゴトンと2階の藤沢駅に入ってきた。クリーム色に淡い緑。車止め近くのアジサイが迎える。外国人カップルが記念撮影のため駆け寄った。 「305」…[続きを読む]

今、あなたにオススメ(PR)

朝日新聞・鉄道取材班ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】大切なものにペタッと貼るだけ

    なくしたものを見つけられる

  • 写真

    【&TRAVEL】平成元年にワープする喫茶店

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】SNSに追い立てられない人生

    人生を幸せにする使い方

  • 写真

    【&w】自分でサーバーから注ぐお茶

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日防弾少年団、ブレイクの理由

    新書「K-POP」著者が語る

  • 写真

    WEBRONZA米中間選挙で勝ったのは?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン「無病息災」を願って贈る

    おいしくてヘルシーな手土産

  • 写真

    T JAPANデュシャンと日本美術の共通点

    便器と竹筒が、なぜアートに?

  • 写真

    GLOBE+神様がスマホを強制終了

    異邦人が過ごした「安息日」

  • 写真

    sippo猫は本当に魚好き?

    猫の味覚を動物学者が分析

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ