メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

各駅停話

 毎日、大勢の人が集まっては散っていく駅。様々な人々が交錯する駅にまつわる物語を、路線ごとに各駅停車ならぬ「各駅停話」として紹介していきます。

岳南電車

岳南電車

  • 「浮島ケ原自然公園」の木道に立つ山田高さん。奥は国道1号=2018年7月11日午前9時35分、静岡県富士市

    岳南江尾ウナギは見なくなったが(7/30)有料会員限定記事

     「東海道中膝栗毛」に、柏原宿(現静岡県富士市)で弥次喜多がうなぎのかば焼きの匂いに鼻をひくつかせる場面がある。その名物の漁場(りょうば)が、岳南江尾(えのお)駅の南西にあった浮島沼だった。 沼と周…[続きを読む]

  • 「力を抜いて」と客をリラックスさせる池田さん=2018年7月5日午後3時51分、静岡県富士市

    神谷「富士の鉄人」ここにあり(7/28)有料会員限定記事

     静岡県富士市を走る岳南電車の10駅のうち、6駅は無人。その一つ、1日当たりの乗降客が約120人の神谷駅から「一人でも足を向けてくれれば」と客を待つのは、今月、自宅で整体院を開業した池田明由さん(59…[続きを読む]

  • 「魚をとるな」の看板が立つ「湖」では、誰かが放したコイが20匹以上泳ぐ=2018年7月3日午後2時36分、静岡県富士市

    須津「富士八海」コイ悠々(7/27)有料会員限定記事

     今の富士五湖にさらに三つを加えた「富士八海(はっかい)」という呼び方が、かつて富士山のふもとの湖の総称として使われていたという。 静岡県富士市の市街地図を眺めると、須津(すど)駅の北東に「須津湖」…[続きを読む]

  • 売り出し中の「ED403」を撮影する埼玉県から来たという鉄道ファン=2018年6月25日午後2時23分、静岡県富士市

    岳南富士岡機関車 欲しい方は…(7/25)有料会員限定記事

     「ED403 欲しい方売ります」。岳南電車(静岡県富士市)は昨年、ホームページにこんなお知らせを掲載した。 貨物輸送を2012年に廃止するまで、旧大昭和製紙や合併後の日本製紙などの紙製品運搬用とし…[続きを読む]

  • 竹採塚の傍らに立つ岡田政章さん=2018年6月14日午後5時34分、静岡県富士市

    比奈悩む「竹採の翁の子孫」(7/24)有料会員限定記事

     「竹取物語」のかぐや姫は月に帰るが、比奈(ひな、静岡県富士市)に伝わる伝説では富士山に帰ることになっている。 「比奈」は平安時代の書物にある「姫名(ひな)郷」にさかのぼる。「ヒナ(雛)」には美しい…[続きを読む]

  • 夕闇の中に日本製紙の工場と電車(左下)の明かりが浮かぶ=2018年6月14日午後7時18分、静岡県富士市

    岳南原田富士には煙突も似合う(7/23)有料会員限定記事

     静岡県富士市が1991年に作成した「エントツ名簿」では、市内に5メートル以上の煙突が272本、うち20メートル以上が156本あった。多くは製紙工場のものだ。 「日本一の紙のまち」をうたう市だが、観…[続きを読む]

  • 花で飾られたホームの「ステージ」から歌声が響く=2018年6月2日午後10時35分、静岡県富士市

    本吉原月に1回、ホームが舞台(7/21)有料会員限定記事

     最終電車が通過した午後10時過ぎ、いつもなら消灯する駅の蛍光灯が、この夜はついたまま。闇の中にステージのように浮かんだ本吉原駅のホームから、女性歌手がキーボードの弾き語りで澄んだ声を響かせる。 4…[続きを読む]

  • 吉原祇園祭で、祭りばやしや掛け声とともに2台の山車がすれ違った=2018年6月9日午後8時8分、静岡県富士市

    吉原本町祭りの熱気 宿場町の誇り(7/20)有料会員限定記事

     岳南電車は10駅、全長9・2キロ。1949年の開業当初は、鈴川(現吉原)―吉原本町の3駅、2・8キロだった。60年前の1889年に東海道線がこの地域まで延伸した際、線路は吉原の町の中心から3キロ外れ…[続きを読む]

  • シバザクラの花壇の手入れ中、桜模様の電車が到着=2018年4月12日午後1時44分、静岡県富士市

    ジヤトコ前駅名から生まれた花壇(7/19)有料会員限定記事

     企業名を冠した鉄道の駅は全国でも数少ない。もとは「日産前」だったが、日産の自動車工場の撤退に伴い、跡地に入った自動車部品メーカーの名前に2005年に変更された。 「会社の名前がついているからには、…[続きを読む]

  • 1949年開業の岳南電車は富士山の南、工業地帯の9.2キロを走る=静岡県富士市、小玉重隆撮影

    吉原新旧「富士塚」、積み上がる玉石 住民の思いを込めて(7/18)有料会員限定記事

     吉原駅(静岡県富士市)から田子の浦の海岸へ向かって600メートルほど歩くと、高さ2・6メートルのこんもりした築山がある。現地の地名から、「鈴川の富士塚」と呼ばれる。 東京都内などに残る富士塚は、江…[続きを読む]

今、あなたにオススメ(PR)

朝日新聞・鉄道取材班ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ