メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

各駅停話

 毎日、大勢の人が集まっては散っていく駅。様々な人々が交錯する駅にまつわる物語を、路線ごとに各駅停車ならぬ「各駅停話」として紹介していきます。

京急本線

京急本線

    1. 高輪泉岳寺前商店会の石川進会長=東京都港区

      泉岳寺新駅、チャンス生かしたい(11/24)有料会員限定記事動画

       「忠臣蔵」の赤穂四十七士の墓がある泉岳寺(東京都港区)。最寄りの泉岳寺駅は周辺にビルやマンションが立ち並ぶ。この街並みや人の流れが、大きく変わろうとしている。 駅東側では、JR東日本が品川車両基地…[続きを読む]

    2. ランチ交流会で互いに自己紹介する参加者=東京都港区の品川シーズンテラス

      品川社員も住民も盛り上げる(11/21)有料会員限定記事動画

       京急線で羽田空港とつながり、2027年開業予定のリニア中央新幹線の始発駅となる品川駅。その駅から徒歩約6分の好立地に昨年5月、オフィス中心の地上32階建て複合ビル「品川シーズンテラス」(東京都港区)…[続きを読む]

    3. ゲストハウス品川宿をチェックアウトするフランス人旅行者とスタッフ(左端)=東京都品川区

      北品川親切自慢のゲストハウス(11/19)有料会員限定記事動画

       北品川駅(東京都品川区)のほど近く。旧東海道沿いの一角に、外国人にも人気の簡易旅館「ゲストハウス品川宿」がある。 早朝、チェックアウトや外出の宿泊客が1階受付や共有スペースを訪れ、スタッフと気さく…[続きを読む]

    4. 街道関連の本などが並ぶ古書店カフェ「KAIDO books&coffee」の佐藤亮太店長=東京都品川区

      新馬場古書店カフェ、街道の香り(11/18)有料会員限定記事動画

       東海道の第一の宿場町として栄えた品川宿。その本陣跡近くの商店街に、旧街道や国内外の地域に関する本約1万冊を集めた古書店カフェ「KAIDO books&coffee」(東京都品川区)がある。 空き店…[続きを読む]

    5. 台所の火と水を守る千躰荒神をまつる海雲寺=東京都品川区

      青物横丁年の瀬、さあ荒神様の祭り(11/17)有料会員限定記事動画

       台所の火と水を守る「千躰荒神(せんたいこうじん)」をまつる海雲寺(東京都品川区)。毎年11月27、28の両日は千躰荒神祭で、青物横丁駅近くの旧東海道沿いにある寺付近の沿道には、約200メートルにわた…[続きを読む]

    6. 全方向すべり台で遊ぶ子どもたち=東京都品川区の鮫洲運動公園

      鮫洲子どもが描く夢の遊び場(11/16)有料会員限定記事動画

       鮫洲駅近くにある鮫洲運動公園(東京都品川区)の遊戯ゾーンは、子どもたちのアイデアを取り入れて作られた「夢の公園」だ。 平日の午後。約30人の子どもや親子連れがユニークな遊具で遊んでいた。花びらのよ…[続きを読む]

    7. 品川縣ビールを宣伝する永尾章二さん=東京都品川区

      立会川飲みほす泡に明治の情熱(11/15)有料会員限定記事動画

       東京都品川区の立会川駅近くに、土佐藩下屋敷跡がある。この場所に明治初期、国内で最初に日本人がビール醸造を手がけた工場があったという。その「幻のビール」を町の活性化につなげようと、地元商店主らが10年…[続きを読む]

    8. 置屋「まつ乃家」女将(おかみ)の栄太朗さん=東京都大田区

      大森海岸女将の栄太朗です(11/14)有料会員限定記事動画

       マンションやビルが立ち並ぶ大森海岸駅周辺は、かつて花街が栄えたという。駅近くにある置屋「まつ乃家」(東京都品川区)の女将(おかみ)、栄太朗さん(30)は「この海岸の花柳界のともしびを絶やすことなく、…[続きを読む]

    9. ジュニアカヌー教室に参加した小学生と大田区カヌー協会事務局長の高橋義人さん(中央)=東京都大田区

      平和島都会の水辺でカヌー教室(11/12)有料会員限定記事動画

       平和島駅から海側に15分ほど歩くと、東京都大田区の「大森ふるさとの浜辺公園」がある。その水辺で、カヌーやシーカヤック教室が開かれている。 10月下旬の土曜。ジュニアカヌー教室があり、区カヌー協会の…[続きを読む]

    10. 子ども交流センターに集う親子=東京都大田区のこらぼ大森

      大森町地域が元気になる拠点(11/11)有料会員限定記事動画

       大森町駅と平和島駅の中間にある「こらぼ大森」(東京都大田区)は、小学校の元校舎を利用して地域住民が運営する、地域住民のための交流の場だ。 木曜の午後。4階の子ども交流センターで週に1度開かれる駄菓…[続きを読む]

    11. 3Dプリンターで作ったアクセサリーを手にする小学生と大林万利子社長(右)=東京都大田区のスマイルリンク

      梅屋敷旧校舎に息づく産業(11/10)有料会員限定記事動画

       梅屋敷駅(東京都大田区)から昔ながらの商店街を通り4分ほど歩くと、旧小学校を改修し、産業活性化などを目的に設置された区の産学連携施設がある。その一室にある「スマイルリンク」は、3Dプリンターの開発や…[続きを読む]

    12. 黒湯の効能を説明する「蒲田温泉」のオーナー、島雪江さん=東京都大田区

      京急蒲田銭湯で温める国際交流(11/9)有料会員限定記事動画

       路線の高架化に伴い、駅舎と周辺が整備され、真新しい装いの京急蒲田駅(東京都大田区)。その駅から10分ほど歩いた通りに、レトロな雰囲気を残す銭湯「蒲田温泉」がある。 同駅周辺には黒褐色の天然温泉「黒…[続きを読む]

    13. ソーシャルレジデンス蒲田のラウンジに集う住人とスタッフ=東京都大田区

      雑色シェアハウスが縁結び(11/7)有料会員限定記事動画

       雑色(ぞうしき)駅から徒歩4分ほどの住宅街にある「ソーシャルレジデンス蒲田」(東京都大田区)は、260室を持つ大規模シェアハウスだ。10月下旬の夜、ハロウィーンの装飾が華やかな1階ラウンジで、数人の…[続きを読む]

    14. とんび凧を風に乗せる吉田恒男さん=東京都大田区の多摩川河川敷

      六郷土手とんび凧 河川敷に舞う(11/5)有料会員限定記事動画

       よく晴れた平日の午後。東京都大田区の六郷土手駅近くの多摩川河川敷で、数枚のたこが空高く舞っていた。 「多摩川が南北に向きを変えるこのあたりは風が南北に流れ、たこを揚げるのに条件がいい。年中、揚げて…[続きを読む]

    15. 京急川崎駅前に建てられた「ウィング川崎」=川崎市川崎区砂子1丁目

      京急川崎新駅ビルでにぎわい再び(11/4)有料会員限定記事動画

       京急川崎駅前に4月、地上12階建てのビル「ウィング川崎」が開業した。以前あった京急ストアを2012年に駅西側の高架下に移転し、ビル跡地と京急大師線上の空間を利用して、新ビルを建てた。 川崎の商業の…[続きを読む]

    16. 「つるや」を支えるきょうだい3人=川崎市川崎区日進町

      八丁畷秘伝を守る3きょうだい(11/2)有料会員限定記事動画

       八丁畷(はっちょうなわて)駅から北東に5分歩くと「焼肉ジンギスカンつるや」がある。創業45年。自宅で焼き肉店をしていた金東鎭(キムドンジン、金山誠之介)さん(80)が現在地に空き店舗を見つけて開業し…[続きを読む]

    17. たすきをつなぐ箱根駅伝の選手をモチーフにした像「明日へ走る」=横浜市鶴見区市場富士見町

      鶴見市場箱根駅伝では大にぎわい(11/1)有料会員限定記事動画

       鶴見市場駅(横浜市鶴見区市場大和町)の乗降人員は1日約2万人(2015年度)と、そう多くない。だが、箱根駅伝が開催される1月の2日間は、人でごった返す。往路は1区から2区へ、復路は9区から10区へた…[続きを読む]

    18. エスプラン洋菓子店の塩田一善社長と人気の珈琲あんぱん=横浜市鶴見区鶴見中央4丁目

      京急鶴見こだわりの珈琲あんぱん(10/31)有料会員限定記事動画

       「本日中にお召し上がり下さい」。賞味期限が1日だけのパンがある。京急鶴見駅の近くにある、エスプラン洋菓子店の「珈琲(コーヒー)あんぱん」だ。 あんにエスプレッソコーヒーを混ぜ、2種類の純生クリーム…[続きを読む]

    19. 解体が進む花月園競輪場の跡地。スタンドを支えていた太い鉄骨が見える=横浜市鶴見区鶴見1丁目

      花月園前競輪場、消えゆく面影(10/29)有料会員限定記事動画

       花月園前駅の「花月園」が何なのか、知らない人が多くなった。大正から昭和の初めにかけては「東洋一」と称された規模と人気を誇った遊園地だった。1950年、その跡地に造られたのが競輪場だ。 競輪場は、映…[続きを読む]

    20. 生麦事件参考館を開いた浅海武夫さん=横浜市鶴見区生麦1丁目の同館

      生麦語り継ぐ「生麦事件」(10/28)有料会員限定記事動画

       生麦駅前の商店街で酒屋を営んでいた浅海武夫さん(86)=横浜市鶴見区生麦1丁目=の人生は1976年、道を尋ねた一人の男性によって大きく変わった。 鹿児島から来た年配の男性は「生麦事件の碑の場所を教…[続きを読む]

    21. 日産エンジンミュージアム学芸員の前田博正さんと、自らも開発に携わったSR20型エンジン=横浜市神奈川区宝町

      京急新子安日産のエンジン一堂に(10/26)有料会員限定記事動画

       日産自動車が創業した地、横浜市神奈川区宝町にある横浜工場の一角に、古いが品のある建物がある。1934年に完成した元本社ビルで、現在はエンジン28基を展示する「日産エンジンミュージアム」だ。 年間の…[続きを読む]

    22. マツダR&Dセンター横浜にあるビオトープ。トンボやチョウが多く見られるようになった=横浜市神奈川区守屋町2丁目

      子安マツダ、広島だけじゃない(10/25)有料会員限定記事動画

       「横浜の自動車会社」と言えば、日産自動車を思い浮かべる人が多いだろう。だが、広島に本社があるマツダの研究拠点もある。神奈川区のR&Dセンター横浜。国内の研究拠点は、本社を除けば横浜だけだ。 元は米…[続きを読む]

    23. 蓮法寺にある浦島太郎の供養塔とされる石塔と、神奈川区いまむかしガイドの会会長の能條昭さん=横浜市神奈川区七島町

      神奈川新町「浦島伝説」が根付いた街(10/24)有料会員限定記事動画

       神奈川新町駅は、「浦島太郎のまち」にある。駅があるのは亀住町。北には浦島公園、浦島小学校、浦島丘中学校があり、南側には浦島町と新浦島町がある。NPO法人神奈川区いまむかしガイドの会会長の能條昭さん(…[続きを読む]

    24. カウンターに立つ林彰男さん。壁と天井は革張りだ=横浜市神奈川区千若町2丁目

      仲木戸かつては「国境の店」(10/22)有料会員限定記事動画

       仲木戸駅から海へ向かい、人気のない倉庫を横目に鉄橋を渡ると、瑞穂埠頭(ふとう)にある米軍の横浜ノース・ドックに着く。橋のたもとのバー「スターダスト」はかつて「国境の店」と言われていた。橋が2009年…[続きを読む]

    25. 人気の高いマグロの解体ショー=横浜市神奈川区山内町

      神奈川解体ショー、市場を開放(10/21)有料会員限定記事動画

       神奈川駅から海方向へ徒歩15分。神奈川県最大の市場「横浜市中央卸売市場」は第1、3土曜日に一般開放される。午前9時すぎ、見物客があふれる中、マグロ解体ショーが始まった。1メートル以上の本マグロを前に…[続きを読む]

    26. 横浜駅上りホームの崎陽軒売店=横浜市西区高島2丁目

      横浜思い出の味、守り続ける(10/20)有料会員限定記事動画

       「シウマイ弁当」で有名な横浜の味、崎陽軒。京急やJRなど各社が乗り入れる横浜駅コンコースの中央店は、同社の店舗売り上げナンバー1。駅東口の本社工場から1日10回以上、出来たての弁当が台車で運ばれる。…[続きを読む]

    27. 平沼駅跡を京急線が通過。ホーム中心に階段入り口が見える=横浜市西区平沼1丁目

      戸部大空襲を知る 駅跡(10/19)有料会員限定記事動画

       戸部駅から横浜駅にむかう途中、高架線上に長さ約40メートルのホームが両側にある。横浜大空襲で炎上した旧平沼駅の跡だ。高架下には、焼け焦げた黒い跡のある柱が今も残り、フェンスで覆われている。 194…[続きを読む]

    28. 水洗いして高温で加熱し、軟らかくなったかつお節を機械で削る。写真はそばつゆでよく使う宗田節(そうだぶし)=横浜市中区日ノ出町1丁目

      日ノ出町ダシは裏切らない(10/18)有料会員限定記事動画

       日ノ出町駅前にある「永野鰹節(かつおぶし)店」は、今では珍しいかつお節の専門店だ。 よい香りが店の外まで漂う。厚削りや花がつお、あご節、昆布などが並ぶ。奥の作業場では年季が入った機械がうなりをあげ…[続きを読む]

    29. 「竹馬できたよ!」。映画館の下で子どもたちの歓声が上がる=横浜市中区若葉町3丁目

      黄金町子ども集う、ごった煮空間(10/17)有料会員限定記事動画

       黄金町駅から徒歩5分。個性派映画館として知られる「ジャック&ベティ」がある建物の1階に夕方、子どもたちが集まる。大半はフィリピンやタイ、中国にルーツをもつ小学生だ。ギターを弾いたり竹馬をしたりと、日…[続きを読む]

    30. 村山洋さんと浩美さん夫婦がおにぎりを握る「弁慶」=横浜市南区南太田1丁目

      南太田思い出も詰め込み40年(10/15)有料会員限定記事動画

       南太田駅(横浜市南区)近くのドンドン商店街にあるおにぎり屋「弁慶」。手作りの味が人気で、タクシー運転手や買い物客、地元の住民など、多くの人たちが訪れる。店を切り盛りするのは村山洋さん(58)と浩美さ…[続きを読む]

    31. 保育園のドアは京急の車体を模した配色になっている。井土ケ谷駅構内にも園内への入り口がある=横浜市南区井土ケ谷中町

      井土ケ谷改札の手前にある保育園(10/14)有料会員限定記事動画

       「おはようございまーす」。午前7時半。幼児を連れた通勤中の父親が井土ケ谷駅のホームに降りて、改札手前にある保育園「京急キッズランド」のドアを開ける。駅構内から直接入れる珍しい保育園だ。 共働き家庭…[続きを読む]

    32. 左から石川三雄さん、政子さん、聡さん。店には笑顔が絶えない=横浜市南区大岡2丁目

      弘明寺一番人気は「こぶくろ」(10/13)有料会員限定記事動画

       酒が配給制になった戦時下、横浜では大衆酒場や酒店が「市民酒場組合」を作り、庶民の安らぎの場を守った。「横濱市民酒場グルリと」(星羊社)によれば、その流れをくむ店が今も20軒前後残っている。 弘明寺…[続きを読む]

    33. 捺染の絵手ぬぐいを手にする加藤さん。「濱文様」の名前で、東京駅内などの直営店で売っている=横浜市港南区港南中央通

      上大岡色あせない、染めの技(10/12)有料会員限定記事動画

       「捺染(なっせん)工場って見たことないでしょう。見かけは昔からあまり変わっていないんです」。加藤好男さん(69)が横浜市港南区の事務所でリモコンを操作すると、大画面テレビに、山形県内の工場の様子がリ…[続きを読む]

    34. オリジナル商品「磯しぐれ」は、ロゴも簾内政道さん(左)が自分で描いた=横浜市磯子区森3丁目

      屏風浦白あんとノリ こだわり(10/11)有料会員限定記事動画

       駅から海側に向かう路地にある「白旗商店街」。かつては人通りも多く、にぎわっていたという。 「根岸線ができる前は海沿いの工場の労働者が通ったからね」と、和菓子店の光永堂を1963年に開いた簾内(すの…[続きを読む]

    35. ウメニーのイラストを手にする(左から)青木麻優里さん(12)、鯉沼美南さん(12)、山田和沙さん(11)=横浜市磯子区杉田1丁目

      杉田街盛り上げる、梅の妖精(10/8)有料会員限定記事動画

       杉田は江戸時代には梅林で知られた地域だ。「杉田梅」という種類もある。だが、近年は栽培農家が激減し、知名度も低い。もっと知ってもらおうと、横浜市立杉田小学校では3年前、当時の5年生が梅の妖精のゆるキャ…[続きを読む]

    36. 鎮魂碑の前に立つ加藤亀雄さん=横浜市金沢区富岡東2丁目

      京急富岡戦時下、桜に込めた思い(10/7)有料会員限定記事動画

       京急本線の海側にある富岡総合公園は戦時下、横浜海軍航空隊の基地だった。 公園の一角にひときわ高い木々がそびえ立つ場所がある。隊の守り神として設けられた「浜空(はまくう)神社」の参道だ。社(やしろ)…[続きを読む]

    37. 兼松さんによれば、カワセミは野鳥観察の入門編。「一年中いつでも、30分も待てば必ず見られる」と言う=横浜市金沢区長浜

      能見台野鳥を引きつける森(10/6)有料会員限定記事動画

       能見台(のうけんだい)駅から丘を越えて約15分。長浜公園の大きな池には、年間を通じて様々な野鳥が集まってくる。 カワセミが姿を見せた。「あ、『おむすび』の所にいるね」「『宮本さん』に止まった。水浴…[続きを読む]

    38. 称名寺からトンネルを抜けると県立金沢文庫だ。「鎌倉時代もトンネルを通り、寺と文庫を行き来したようです」と向坂さん=横浜市金沢区金沢町

      金沢文庫鎌倉期にもくだけた文章(10/5)有料会員限定記事動画

       金沢文庫駅から住宅街を歩いて10分ほど。神奈川県立金沢文庫にたどり着く。 駅から最短経路で着くのは裏口。正面玄関は小山に面し、やや窮屈だが、短いトンネルで称名寺(しょうみょうじ)の見事な庭園につな…[続きを読む]

    39. 日本初のステンレス電車に手を置く秋本祐介さん。残念ながら一般公開はしていない=横浜市金沢区大川

      金沢八景北陸新幹線へここから(10/4)有料会員限定記事動画

       金沢八景駅を横浜方向に出発してすぐ左側。大きな工場の敷地に、初代東海道新幹線(0系)先頭車両の「団子っ鼻」がちらりと見える。鉄道車両を作る総合車両製作所の本社工場だ。 「これは半世紀前に作った当時…[続きを読む]

    40. 鷹取山の展望台からは東京湾が一望できる=神奈川県横須賀市湘南鷹取3丁目

      追浜アルピニスト育てた岩壁(10/3)有料会員限定記事動画

       垂直に切り立った岩壁を、ロープにつながりながらよじ登るロッククライマーたち。追浜(おっぱま)駅から住宅街を抜け徒歩30分の鷹取山でよく見られる風景だ。 石切り場だった鷹取山は、岩登り技術を磨く関東…[続きを読む]

    41. 寄贈された旧海軍の珍しい資料がそろう=神奈川県横須賀市田浦港町

      京急田浦海自も旧海軍も丸わかり(10/1)有料会員限定記事動画

       田浦は海上自衛隊創設の地。全艦隊の指揮を執る自衛艦隊司令部や潜水艦隊司令部など、艦隊中枢が集中する。京急田浦駅から国道16号沿いに徒歩15分。海自第2術科学校では旧海軍、海自の歴史資料などの展示を自…[続きを読む]

    42. 公園の頂上にある三浦按針夫妻の墓の前に立つ浄土寺住職の逸見道郎さん。墓は江戸城の方角を向いているという=神奈川県横須賀市西逸見町3丁目

      安針塚昔国際化先進地 昔も今も(9/30)有料会員限定記事動画

       安針塚(あんじんづか)駅から坂道を上ること30分。神奈川県立塚山公園の頂上に、徳川家康の外交顧問だった英国人、三浦按針(ウィリアム・アダムス)の墓がある。 江戸幕府の鎖国で次第に忘れ去られ、明治時…[続きを読む]

    43. トンネルを抜けたらまたトンネル……。逸見駅周辺は「谷戸(やと)」と呼ばれる山あいの地形が続いている=神奈川県横須賀市東逸見町2丁目

      逸見トンネル大百科!?(9/29)有料会員限定記事動画

       まるでロールケーキのようだ。逸見(へみ)駅(神奈川県横須賀市)の上りホームでカメラを向けたら、そんな不思議な一コマになった。 隣の駅に向かって短いトンネルが四つ、ほぼ直線に並んでいるので、手前のト…[続きを読む]

    44. 若杉香織さんと遊覧船。トライアングル社が2008年から汐入桟橋発着で毎日運航している=神奈川県横須賀市本町2丁目

      汐入「軍港駅」から名を変えて(9/28)有料会員限定記事動画

       横須賀がよく分かる場所と言えば、汐入駅近くのヴェルニー公園だろう。 公園から横須賀港を眺めると、右に米海軍、左に海上自衛隊の艦船がずらり。 それもそのはず。汐入駅の開業時の駅名は「横須賀軍港駅」…[続きを読む]

    45. 「サタン」の緒方広子さん(右)と娘の恵美さん。横須賀ブラジャーは専用のグラスで飲む=神奈川県横須賀市若松町3丁目

      横須賀中央サタンで飲むブラジャー(9/27)有料会員限定記事動画

       横須賀中央駅近くの老舗バー。その名も「サタン」。恐る恐る扉を開けると「横須賀ブラジャーいかがですか」。陽気な母娘が明るい声で迎えてくれる。 ブラジャーとは、ブランデーをジンジャーエールで割ったお酒…[続きを読む]

    46. 和洋折衷の外観が特徴の田戸台分庁舎。敷地は約1万3千平方メートル。庭園からは東京湾も見下ろせる=神奈川県横須賀市田戸台

      県立大学坂の上の洋館の主は(9/26)有料会員限定記事動画

       県立大学駅の裏手にある坂を上ると、横浜・山手の洋館を思わせる建物が立っている。1913(大正2)年に建てられた横須賀鎮守府司令長官官舎だ。 鎮守府は旧日本海軍の拠点。ほかに呉(広島県)、佐世保(長…[続きを読む]

    47. 釣りのアドバイスをするヤマリア社員の中川陽介さん=神奈川県横須賀市平成町3丁目

      堀ノ内釣りの悩み お任せを(9/24)有料会員限定記事動画

       毎週日曜日、堀ノ内駅(神奈川県横須賀市)にほど近い海辺つり公園に、黄色いテントが現れる。 釣り具メーカーの「ヤマリア」(同市)が開設している無料の釣り教室のテントで、様々な「釣りのお悩み」に対応し…[続きを読む]

    48. ブロンズ像づくりに取り組む湘南学院高校の生徒たち=神奈川県横須賀市佐原2丁目

      京急大津「おりょうさん」が眠る街(9/23)有料会員限定記事動画

       「おりょうさんの街」と書かれたのぼりが、小さな商店街にはためいている。幕末の志士、坂本龍馬の妻おりょうのことだ。その墓は、京急大津駅に近い信楽寺にある。 今年はおりょうの没後110周年。龍馬とおり…[続きを読む]

    49. まっすぐ続く遊歩道。起伏がなく、「ランナーの聖地」と呼ぶ人もいる=神奈川県横須賀市馬堀海岸4丁目付近

      馬堀海岸まぼちょく1.7キロの南国(9/21)有料会員限定記事動画

       キラキラと輝く海に、ヤシの並木。ここは南国のリゾート地!? そんな気分に浸れるのが、馬堀(まぼり)海岸沿いの通称「まぼちょく」だ。 国道16号の海岸沿いの約1・7キロの区間で、ほぼ直線なのでそう呼…[続きを読む]

    50. 浦賀ドック施設の壁面に大型のパネルを設置する地元のボランティアの人たち。今回修復したのは4枚のパネルで、大きいもので5メートル×1.5メートル。「黒船来航の地 ようこそ浦賀へ」と書かれたものやペリーが描かれたものなどが掲げられていった=15日午前11時30分、神奈川県横須賀市、杉本康弘撮影

      浦賀初代ゴジラも黒船ペリーもここから 京急・浦賀駅(9/20)有料会員限定記事動画

       ♪ダダダン ダダダン ダダダダダダダダダン……♪ 京急本線の終点の浦賀駅。ゴジラのテーマ曲に迎えられ、真っ赤な電車がホームに入ってきた。 近くの観音崎沖に映画の初代ゴジラが現れたことにちなみ、2…[続きを読む]

    今、あなたにオススメ(PR)

    朝日新聞・鉄道取材班ツイッター

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

    注目コンテンツ

    • 写真

      【&BAZAAR】圧迫感にサヨナラ!

      快適な開放型イヤホン

    • 写真

      【&TRAVEL】美食も自炊も「地獄蒸し」で

      楽しいひとり温泉

    • 写真

      【&M】木村文乃さんインタビュー

      映画『体操しようよ』で娘役

    • 写真

      【&w】樹木希林さんの登場号に反響

      ほんやのほん

    • 写真

      好書好日宝塚の美、元スターが伝授

      ヅカファンの男性が試してみた

    • 写真

      WEBRONZA海を漂う魚の幼生の謎を追う

      今日の編集長おすすめ記事

    • 写真

      アエラスタイルマガジンデルタで上質なフライトを

      上空のぜいたくを堪能する旅

    • 写真

      T JAPANクリュッグの新しい愉しみ

      6代目当主オリヴィエに聞く

    • 写真

      GLOBE+検査は万能ではありません

      連載「英国のお医者さん」

    • 写真

      sippo野生化した猫も元飼い猫

      都内で「森ネコ」の飼い主探し

    • 働き方・就活

    • 転職情報 朝日求人ウェブ