メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

各駅停話

 毎日、大勢の人が集まっては散っていく駅。様々な人々が交錯する駅にまつわる物語を、路線ごとに各駅停車ならぬ「各駅停話」として紹介していきます。

小湊鉄道

小湊鉄道

    1. 小湊鉄道(右)といすみ鉄道の列車が並ぶ=千葉県大多喜町

      上総中野「懐かしい未来」残す決意(1/8)有料会員限定記事

       千葉県市原市を南下してきた小湊鉄道は、大多喜町にある上総中野駅へ至る。ここで同じローカル線のいすみ鉄道に接続する。 もともと小湊鉄道は房総半島を縦断し、鴨川市の小湊まで鉄路が計画されていた。192…[続きを読む]

    2. 養老渓谷駅にいる3匹の猫=千葉県市原市朝生原

      養老渓谷3匹がお出迎えにゃん(1/7)有料会員限定記事

       春は新緑、秋は紅葉。沿線で一番の観光地の玄関口とあって、シーズン中の養老渓谷駅は活気づく。列車を降りたハイキング姿の観光客らが、千葉県市原市と大多喜町にまたがる養老渓谷の散策に向かう。 そんな中、…[続きを読む]

    3. パワースポットとして話題の磁場逆転地層=千葉県市原市田淵

      上総大久保N極・S極逆転、話題の地(1/6)有料会員限定記事

       上総大久保駅から養老川を下った千葉県市原市の山中に、話題のパワースポットがある。地球のN極とS極が逆さまだった名残の「磁場逆転地層」。元高校地学教師の堀内正貫さん(73)に案内してもらった。 同市…[続きを読む]

    4. 硬券を販売する宗延嘉男さん。日付を刻み、ハサミも入れる=千葉県市原市月崎

      月崎人と人つなぐ厚紙の切符(1/5)有料会員限定記事

       懐かしいと感じる人はきっと多いだろう。厚紙でできた切符の硬券(こうけん)。自動改札機の普及に伴い、いまや全国的にも珍しくなったが、月崎駅では昨夏、47年ぶりに販売を再開した。 売っているのは、駅前…[続きを読む]

    5. 女性用の「世界一大きなトイレ」=千葉県市原市飯給

      飯給開放感、さすが世界一(12/27)有料会員限定記事動画

       春になると桜や菜の花の名所となる飯給(いたぶ)駅のホーム脇は、高さ2メートルの黒塗りの丸太でぐるりと楕円(だえん)形に囲まれている。約200平方メートルの敷地内には、カーテンのついたガラス張りの個室…[続きを読む]

    6. 昨年3月に復活した「タブレット交換」=千葉県市原市平野

      里見懐かしのタブレット復活(12/26)有料会員限定記事

       里見駅に到着した下り列車の運転士が、輪っかがついた革製のケースを駅員に手渡す。それを、後からきた上り列車の運転士のものと交換した後、上下それぞれ出発していった。 ケースの中には、○や△の穴が開いた…[続きを読む]

    7. 中房総国際芸術祭で高滝湖に浮かんだ巨大な飛行機=3月、千葉県市原市

      高滝湖畔で現代アート満喫(12/25)有料会員限定記事動画

       高滝駅付近に広がる高滝湖に今春、小型旅客機の原寸大模型が浮かんだ。千葉県市原市南部で開かれた中房総国際芸術祭の作品の一つで、芸術祭の中核施設となったのが駅から徒歩20分の市原湖畔美術館だ。 それま…[続きを読む]

    8. 駅に寄り添うように立つイチョウの木=千葉県市原市久保

      上総久保大イチョウ、時々厄介(12/24)有料会員限定記事動画

       寄り添うように、覆いかぶさるように。上総久保駅にはイチョウの木が1本、すっくと立つ。 紅葉シーズンを迎えると、高さ20メートルほどの木は上から下まで真っ黄色に染まる。普段は1日の利用者が20人に満…[続きを読む]

    9. ロケの名所になっている上総鶴舞駅=千葉県市原市

      上総鶴舞旅情と郷愁、ロケの名所(12/22)有料会員限定記事動画

       山奥のひなびた駅で列車を待つ刑事・杉下右京。そこで一人の男と出会い、身の上話を始める――。3月に放送されたテレビ朝日の人気ドラマ「相棒」の印象的なシーンはここ、上総鶴舞駅で撮影された。 小湊鉄道は…[続きを読む]

    10. 毎朝7時39分着の列車で通う生徒たち=千葉県市原市下矢田

      上総川間コツコツ通学、根気養う(12/20)有料会員限定記事動画

       毎朝午前7時39分。周りに田んぼ以外何もない小さな上総川間(かずさかわま)駅に列車が着くと、制服姿の高校生がぞろぞろ降りてくる。約15分歩いた先の千葉県立市原特別支援学校「つるまい風の丘分校」の生徒…[続きを読む]

    11. 毎月3と8のつく日に開かれる牛久朝市=千葉県市原市牛久

      上総牛久元気が並ぶ3と8の日(12/19)有料会員限定記事動画

       「おばあちゃん、今日も元気で」「お陰様でなんとか生きているよ」 毎月3と8のつく日、上総牛久(かずさうしく)駅前商店街通りで開かれている「牛久朝市」。新鮮な野菜や魚をそろえた店が5、6軒並び、買い…[続きを読む]

    12. 駅の花壇を手入れする住民たち=千葉県市原市馬立

      馬立地域が育む花の駅(12/18)有料会員限定記事動画

       チューリップ、朝顔、ヒマワリ、百日草……。馬立(うまたて)駅にある花壇には赤、白、黄色と、季節ごとに色とりどりの花が咲き、木造駅舎と相まってどこか懐かしい雰囲気を漂わす。 花壇を手入れするのは、千…[続きを読む]

    13. 養老川沿いに満開の桜並木ができる日を、住民たちは夢見ている=千葉県市原市

      光風台桜の名所を夢見て(12/17)有料会員限定記事動画

       古い木造駅舎が多い沿線で、他とは異なり近代的な光風台駅。1970年代に千葉県市原市光風台に造成された住宅団地の最寄り駅として、76年に設置された一番新しい駅だ。 団地には都心や臨海工業地帯に通う世…[続きを読む]

    14. 小学校の一角にひっそりたつ「学童殉難の碑」=千葉県市原市松崎

      上総山田戦争の悲劇、碑は伝える(12/16)有料会員限定記事動画

       上総山田駅近くにある千葉県市原市立養老小学校の一角に、「学童殉難の碑」がひっそりたたずむ。 1945年5月8日。米軍機の機銃掃射で、約4キロ離れた分校の4年生児童3人が死亡した。戦後間もなく地元有…[続きを読む]

    15. 火災で全焼後、建て替えられたログハウス風の駅舎=千葉県市原市海士有木

      上総三又再建の駅舎、社員手作り(12/15)有料会員限定記事動画

       2001年2月17日午後8時50分ごろ、無人の上総三又(かずさみつまた)駅から出火、木造平屋建て駅舎約25平方メートルが全焼した――。小湊鉄道の黒川雄次・鉄道部長(62)は「前代未聞の出来事。社員を…[続きを読む]

    16. 海士有木駅。読めそうで、読めない=千葉県市原市

      海士有木読めそうで、読めない(12/13)有料会員限定記事動画

       「あまありき」と読む。全国あまたの駅の中でも、かなり難読・珍名と言えるだろう。駅がある地域の地名が海士有木。市民ですら読めそうで、読めない。 国内屈指の京葉臨海工業地帯を擁する千葉県市原市だが、昔…[続きを読む]

    17. 上総国の歴史ロマンを案内する「かずさのくに国府探検会」=千葉県市原市国分寺台中央

      上総村上国府が眠る、天平ロマン(12/12)有料会員限定記事動画

       上総村上をはじめ、上総牛久など九つの駅名に「上総」がつく。小湊鉄道が縦断する千葉県市原市には、かつて上総国の国府が置かれた。平安時代に書かれた「更級日記」の作者・菅原孝標女(すがわらのたかすえのむす…[続きを読む]

    18. 出会いを求めて五井駅発の「婚活列車」に乗り込む女性たち=11月15日、千葉県市原市

      五井ワクワク乗せて、ゆるり出発(12/11)有料会員限定記事動画

       雲ひとつない秋空が広がった11月15日。午前10時10分、未婚の男女47人を乗せた特別列車が五井(ごい)駅(千葉県市原市)から出発した。行き先は、色づき始めた紅葉スポット養老渓谷だ。 クリームと赤…[続きを読む]

    今、あなたにオススメ(PR)

    朝日新聞・鉄道取材班ツイッター

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

    注目コンテンツ

    • 写真

      【&BAZAAR】ビジネスシーンでも使える

      アナログ針のスマートウォッチ

    • 写真

      【&TRAVEL】地元で愛される三代続く餅屋

      料理研究家による台北食ガイド

    • 写真

      【&M】“AVの罪”をどう考えるか?

      湯山玲子がしみけんに直撃!

    • 写真

      【&w】インスタで人気の子守り柴犬

      フォトギャラリー

    • 写真

      好書好日クイーンの人気は日本発

      女子が生み出したロック熱

    • 写真

      WEBRONZA羽生結弦がとる選択肢は?

      今日の編集長おすすめ記事

    • 写真

      アエラスタイルマガジンウインドードレッサーの仕事

      究極のローテクが生む粋の世界

    • 写真

      T JAPAN季節にふさわしい贈り物

      贈りものごよみVol.9

    • 写真

      GLOBE+台湾で開かれなかった門戸

      伊藤壇さん「アジアの渡り鳥」

    • 写真

      sippo7年かかり幸せをつかんだ犬

      沖縄から徳島、そして大阪へ

    • 働き方・就活

    • 転職情報 朝日求人ウェブ