メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

各駅停話

 毎日、大勢の人が集まっては散っていく駅。様々な人々が交錯する駅にまつわる物語を、路線ごとに各駅停車ならぬ「各駅停話」として紹介していきます。

東武東上線

東武東上線

    1. 佐々紅華が設計した京亭。現在は割烹旅館として引き継がれている=埼玉県寄居町寄居

      寄居浅草オペラ先導者の邸宅(6/4)有料会員限定記事動画

       寄居駅の改札前に近づくとオルゴールの音色が響く。作曲家佐々紅華(さっさこうか、1886~1961)の代表曲で、61年に故フランク永井がリバイバルで歌って第3回日本レコード大賞を受賞した「君恋し」のメ…[続きを読む]

    2. 起伏に富んだ雀宮公園内。秋には紅葉で真っ赤に染まるという=埼玉県寄居町寄居

      玉淀独自文化を育んだ名勝地(6/3)有料会員限定記事動画

       玉淀駅から荒川沿いを歩くこと約10分。川を見下ろす崖の上に「雀宮(すずめのみや)公園」がある。1913(大正2)年、「雀亭(すずめてい)」の名称で建てられた七代目松本幸四郎(1870~1949)の別…[続きを読む]

    3. リニューアルした鉢形駅の駅舎。入り口にはロゴ入りののれんが掛かっている=埼玉県寄居町鉢形

      鉢形水車小屋モチーフに改装(6/2)有料会員限定記事動画

       開設90周年を迎え、今年3月に駅舎のリニューアルを終えた鉢形駅。近くの荒川沿いにある埼玉県立「川の博物館」の水車小屋をモチーフにした、壁板を下向きに重ねた「下見板張り」の外観が目を引く。 東武鉄道…[続きを読む]

    4. ソーセージ用の豚肉を切る坂本健将さん=埼玉県寄居町富田

      男衾自慢の白いソーセージ(6/1)有料会員限定記事動画

       男衾(おぶすま)駅から歩いて約20分。県道脇にあるハム・ソーセージの手作り工房「バルツバイン」には週末、東京都内からも客が訪れる。 加工と店を担当する坂本健将(かつゆき)さん(31)の自慢は、ドイ…[続きを読む]

    5. 炭焼き窯の中に木を積み上げ、外に出てきた下忠史和さん=埼玉県小川町靱負

      東武竹沢脱サラ後、炭焼きの道へ(5/30)有料会員限定記事動画

       山あいにある東武竹沢駅は、徒歩10分以内の場所に炭焼き窯が二つある。国道バイパス脇にある片方の窯では、下忠(しもただ)史和さん(52)が焼き続けている。 元は住宅メーカーや造船会社に勤め、2級建築…[続きを読む]

    6. 一揆勢の襲撃でつけられた梁(はり)の傷=埼玉県小川町上古寺

      小川町古民家に残る一揆の古傷(5/29)有料会員限定記事動画

       秩父山地末端の里山を間近に望む小川町駅周辺は、絹製品や和紙の生産・集散地として栄え、「武蔵の小京都」との呼び名もある。 駅から車で数分の上古寺地区に、大きな古民家がある。1866(慶応2)年、現在…[続きを読む]

    7. ネットの中で育つオオムラサキの幼虫を見守る人たち。天敵から幼虫を守るためだ=埼玉県嵐山町

      武蔵嵐山輝く青紫 国蝶ふわり(5/28)有料会員限定記事動画

       うっそうとした森の中。カメラを持った大人たちが1本の木をじっと見つめていた。視線の先には、何やらうごめく物体が。樹液に群がるチョウや蜂たちだ。 ここは武蔵嵐山駅徒歩20分のオオムラサキの森。嵐山町…[続きを読む]

    8. 原爆の図第2部「火」=埼玉県東松山市

      つきのわのどかな景色と原爆と(5/27)有料会員限定記事動画

       ホトトギスがさえずり、都幾川のせせらぎが心地よい。つきのわ駅から30分ほど歩くと、のどかで自然にあふれた風景が広がる。 その川のほとりに、丸木美術館がある。画家の故丸木位里(いり)・俊(とし)夫妻…[続きを読む]

    9. 東武鉄道森林公園検修区にある太陽光発電所。中央上は森林公園駅=埼玉県滑川町、朝日新聞社ヘリから、長島一浩撮影

      森林公園車両もパネルも ずらり(5/26)有料会員限定記事動画

       森林公園駅から電車で西に進むと、左手に引き込み線が次々と枝分かれする様子が見える。車両の検査や修理をする場所、東武鉄道森林公園検修区だ。東上線の主力「30000系」やTJライナーといった通勤車両がず…[続きを読む]

    10. やきとりの焼き加減を見極める「桂馬」の主人青木萃美(すいよし)さん=埼玉県東松山市神明町2丁目

      東松山やきとり、ここでは豚肉(5/25)有料会員限定記事動画

       東松山駅周辺には30店以上のやきとり店が集まる。 午後6時、東口から歩いて5分の「桂馬」を訪れた。店に入ると、香ばしい匂いとお客の笑い声があふれていた。カウンター席に座ると、主人の青木萃美(すいよ…[続きを読む]

    11. 三角屋根の駅舎とブロンズ像=埼玉県東松山市元宿1丁目

      高坂つややか ブロンズ通り(5/23)有料会員限定記事動画

       高坂駅は三角屋根に時計台が載ったヨーロッパ風のかわいらしい駅舎。西口を出てれんが敷きの歩道を進むと、延々とブロンズ像が並んでいるのに気づく。 高村光太郎やガンジーの像、胴体だけの男女の裸像――。約…[続きを読む]

    12. 城西大学が運営する駅東口の「北坂戸にぎわいサロン」で囲碁や将棋を楽しむ市民=埼玉県坂戸市

      北坂戸お年寄り、元気づけたい(5/22)有料会員限定記事動画

       駅東口を出ると、目抜き通りに団地が見える。駅前商店街の1階にある「北坂戸にぎわいサロン」を訪ねると、碁盤や将棋盤を囲んだ団地住民らが「もう一勝負!」「こんどは本気出すぞ」と対局に熱中していた。 駅…[続きを読む]

    13. 坂戸駅の自由通路南口を飾るステンドグラスは市の木「桜」の四季を表現している=埼玉県坂戸市

      坂戸桜と清流、床にも彩り(5/21)有料会員限定記事動画

       坂戸駅の改札を抜けると、華やかなステンドグラスが出迎えてくれる。南口の壁には咲き誇る桜、北口の壁には高麗(こま)川の清流が描かれ、逆U字形の四つの窓を、桜と緑の色彩がそれぞれ魅惑的に演出している。制…[続きを読む]

    14. 埼玉県鶴ケ島市の「脚折雨乞」。男300人に担がれ、雷電池へ=市教委提供

      若葉4年に一度 姿現す大蛇(5/20)有料会員限定記事動画

       日照りの年に女帝がひざまずき、四方を拝んで祈ると雷鳴とともに大雨が降りだした――。日本書紀にもある古代の雨乞いを現代でも続けるのが、若葉駅から徒歩約15分、雷電池(かんだちがいけ)のある鶴ケ島市脚折…[続きを読む]

    15. 鉄道模型が本物のように走る精巧なジオラマにワクワク=埼玉県鶴ケ島市富士見6丁目の関水金属埼玉工場

      鶴ケ島「納税」鉄道模型で快調(5/19)有料会員限定記事動画

       鶴ケ島駅がある鶴ケ島市はいま、「ふるさと納税」で注目を集めている。1万円以上の寄付者への特典で人気なのが鉄道模型セットだ。「KATO(カトー)」のブランドで知られる関水(せきすい)金属の工場が市内に…[続きを読む]

    16. 法被姿で観光案内ボランティアをしている外国人留学生たち=埼玉県川越市的場北1丁目の東京国際大

      霞ケ関東京のパクリじゃないよ(5/18)有料会員限定記事動画

       「なんだ東京のパクリかよ」と思ったら、さにあらず。こちらは戦後に出来た東京メトロの「霞ケ関駅」より42年も古い開業だ。 当時の駅名は「的場」。1929年、近くにゴルフ場「霞ケ関カンツリー倶楽部」が…[続きを読む]

    17. 蔵造りの街なかをねる野田五町の山車「八幡太郎」。架線をくぐる際は、上半分を収納する=2012年の川越まつり、埼玉県川越市提供

      川越市踏切越える山車の秘策(5/16)有料会員限定記事動画

       川越市駅は蔵造りの町並みが残る旧城下町や市役所に近い川越文化の最寄り駅だ。戦後、にぎわいは南隣の川越駅周辺に取られてしまったが、東側を中心に「山車持ち町」が広がる。 約360年続く毎年10月の「川…[続きを読む]

    18. 通行量が県内一のクレアモール。平日の昼間でもこの人出だ=埼玉県川越市脇田町

      川越「小江戸らしさを」夢描く(5/15)有料会員限定記事動画

       川越駅の周囲には商業ビルやオフィスビルが立ち並び、一気に都会へ来た感じがする。蔵造りの町並みや徳川家ゆかりの寺などを巡る「小江戸観光」の表玄関の役割も果たす。 東口周辺は旧城下町の南の外れだったが…[続きを読む]

    19. 舟問屋「伊勢安」(右)とみそを保管していた蔵=埼玉県川越市下新河岸

      新河岸舟運の隆盛伝える商家(5/14)有料会員限定記事動画

       駅南側の踏切を越えて東へ10分ほど歩くと、立派な表格子の商家が現れる。江戸~明治期に隆盛を極めた舟問屋「伊勢安」だ。 この辺りは、新河岸川を通じて江戸と川越をつないだ舟運の発着場「川越五河岸」の一…[続きを読む]

    20. 駅東口の階段の下には東上鉄道を開通させた星野仙蔵の功績をたたえる記念碑が立つ=埼玉県ふじみ野市上福岡1丁目

      上福岡東上線創業の立役者(5/13)有料会員限定記事動画

       上福岡駅東口の階段の下に石製の記念碑がひっそり立っている。そこには東武東上線の前身となる「東上鉄道」の誘致と上福岡駅開設に尽力した星野仙蔵(1870~1917)をたたえる内容が刻まれている。 仙蔵…[続きを読む]

    21. 富士山と東武東上線=2013年11月30日、埼玉県富士見市水子、市提供

      ふじみ野進む開発、かすむ富士山(5/12)有料会員限定記事動画

       ふじみ野駅は、1993年に開業した東上線で2番目に新しい駅だ。当時、駅周辺は畑が広がり、冬場に雄大な富士山が眺められることから名付けられた。 「今は民家の隙間から山頂をのぞかせるくらいですね」。十…[続きを読む]

    22. 蒸気を噴射しながら園内を走るミニSL=埼玉県富士見市鶴瀬西2丁目

      鶴瀬もくもく育つ鉄道好き(5/11)有料会員限定記事動画

       春の陽気の中、鶴瀬駅西口近くの住宅街にある「むさし野緑地公園」で小さな蒸気機関車が白煙をなびかせていた。子どもたちの夢を乗せて走るミニ鉄道。今年で運行36年目を迎えた。 線路は1周120メートル。…[続きを読む]

    23. 栗谷津公園内の倶利伽羅不動の奥から湧き水が流れ出る=埼玉県富士見市針ケ谷1丁目

      みずほ台生活うるおす神の恵み(5/9)有料会員限定記事動画

       みずほ台駅の東側に「水子」という地区がある。富士見市水子貝塚資料館によると「水が出る場所」という意味だそう。その名の通り、市内には湧き水が出る場所が約30カ所あり、人々の暮らしを支えてきた。 この…[続きを読む]

    24. 白い花弁が上品さを醸し出しているチョウショウインハタザクラ=埼玉県志木市柏町3丁目

      柳瀬川世界にひとつだけの桜(5/8)有料会員限定記事動画

       柳瀬川駅のすぐ近くを流れる柳瀬川の東側に、桜並木が連なる。東口から10分ほど歩くと、幹回りが約3メートルの巨木が現れた。世界に1本しかないとされる珍種「チョウショウインハタザクラ(長勝院旗桜)」だ。…[続きを読む]

    25. 引又河岸があった場所。一ノ倉さんは舟が行き交っていた大正時代の写真を示しながら説明してくれた=埼玉県志木市中宗岡5丁目

      志木鉄路誘致に功労者あり(5/7)有料会員限定記事動画

       「交通院慶運東上居士」 東上線そのものを戒名にした人物が、志木の街に眠る。生前の名は井下田慶十郎。1914年の志木駅開業に深く関わる人物だ。 江戸時代、物流のインフラは鉄道ではなく川。現在の埼玉…[続きを読む]

    26. ライトアップされたニンジンのオブジェ=2014年11月、北朝霞商業振興会提供

      朝霞台今はオブジェでニョキッ(5/2)有料会員限定記事動画

       東武東上線とJR武蔵野線が直角に交差するこの場所には、駅前ロータリーが三つある。そのひとつに、巨大なニンジン4本のモニュメントがそびえ立つ。 埼玉県朝霞市と言えばニンジン。大正時代、開発で畑が消え…[続きを読む]

    27. 朝霞駅南口広場にある本田美奈子さんのモニュメント。下部に本田さんの字で「ありがとう」と刻まれている=埼玉県朝霞市本町2丁目

      朝霞愛された「美奈ちゃん」(5/1)有料会員限定記事動画

       10年前、急性骨髄性白血病のため38歳で亡くなった歌手の本田美奈子さん。そのモニュメントが、朝霞駅の南口広場にある。 「あの子は、本当に朝霞が好きだったんですよ」。本田さんのプロデューサーだった高…[続きを読む]

    28. 広々とした敷地と豊かな緑が人気の和光樹林公園=埼玉県和光市広沢

      和光市子育て世代ぐんと増えた(4/30)有料会員限定記事動画

       朝の通勤電車は、やはり座れる始発がいい。でも職場から遠すぎるのは嫌。そんな人々が、多く移り住んでいる街だ。 2008年の東京メトロ副都心線の開通で、都心への便が良くなり、和光市駅の乗降客数はぐんと…[続きを読む]

    29. 成増駅の南口広場にある「うたの時計塔」。別府明雄さんも設立に尽力した=東京都板橋区成増2丁目

      成増童謡詩人、時を見守る(4/28)有料会員限定記事動画

       昭和の初め。成増駅に向かう、うつむき加減の男性の姿があった。 童謡「雀(すずめ)の学校」「靴が鳴る」などの作詞で知られる清水かつら(1898~1951)。39歳から53歳で亡くなるまでを、この地域…[続きを読む]

    30. 「のとや」の店頭。ぎっしりと置かれた商品の多くが500円以下だ=板橋区赤塚2丁目

      下赤塚激安!スカートが135円(4/27)有料会員限定記事動画

       池袋から下赤塚まで、運賃は200円。ICなら195円。同じ金額で服が買える店が、駅前にある。 激安ファッションが人気の「ファッションバザール のとや」。ファストファッションという言葉がはやるはるか…[続きを読む]

    31. パン工場の一角で小売りする。ケースに並べたままで、素朴な雰囲気もファンに人気=東京都板橋区徳丸1丁目

      東武練馬おなかも心も満たす店(4/25)有料会員限定記事動画

       改札と券売機しかない、東武練馬駅の小さな北口駅舎を出ると、迷路のような住宅街が続く。路地を7分ほど分け入った先にあるのが、行列のできるパン屋「鈴木ベーカリー」だ。 「昔はこの辺はコウモリが飛ぶよう…[続きを読む]

    32. 板橋区平和公園は多くの区民でにぎわう=東京都板橋区常盤台4丁目

      上板橋戦争と平和、公園に宿る(4/24)有料会員限定記事動画

       今回は戦争と平和の話。 第2次世界大戦中、上板橋駅を起点に、兵器を製造する陸軍施設までつながる路線がつくられた。 敗戦後の1946年には連合国軍総司令部(GHQ)の命令により、成増飛行場跡(後の…[続きを読む]

    33. パブリバ八光を経営する吉野夫妻。「結婚して46年。けんかばっかりだよ」と笑う=東京都板橋区東新町2丁目

      ときわ台聖母が見守る公衆浴場(4/23)有料会員限定記事動画

       1935(昭和10)年に開業した「ときわ台駅」。この北口側は、「板橋の田園調布」と呼ばれる。 東武鉄道初の沿線開発地。木々が茂るロータリーから放射状に道路が延び、東京ドーム5・2個分の土地に住宅や…[続きを読む]

    34. プラダハン・ビカスさん。趣味はウェートトレーニングで筋骨隆々だ=東京都板橋区中板橋

      中板橋幸せ呼んだ「つぶやき」(4/22)有料会員限定記事動画

       一つのつぶやきが、人生を好転させた。 《きようも とってもつらいランチでした ひとくみでふたり おわってしまった(中略)どうなちゃうだろ ほんとに こわくなってきました》 ツイートの主は、ネパー…[続きを読む]

    35. 多くの買い物客でにぎわうハッピーロード大山=東京都板橋区大山町

      大山企画続々、にぎわう商店街(4/21)有料会員限定記事動画

       スローガンは「一生づきあいします」。大山駅南口を出てすぐの「ハッピーロード大山」は、1日に3万4千人が訪れる。2006年には中小企業庁から「がんばる商店街77選」に選ばれた。他の商店街や自治体からの…[続きを読む]

    36. 下板橋駅近くに立つ「東上鐵道記念碑」。奥には東武百貨店関連の建物が見える=東京都板橋区板橋2丁目

      下板橋東上線「スタートライン」(4/20)有料会員限定記事動画

       豊島区にあるのに「下板橋」。東武グループにとって、この駅周辺は実家のような場所だ。東武東上線の起点を表す「0キロポスト」は池袋ではなく、この下板橋のホーム西端から215メートル西にある。池袋―田面沢…[続きを読む]

    37. 運転シミュレーションで停車に成功し、笑みを浮かべる昭和鉄道高校の鈴木良直さん=東京都豊島区池袋本町2丁目

      北池袋未来の運転士らが腕磨く(4/18)有料会員限定記事動画

       その学校には、「鉄道マンの卵」が集う。 北池袋駅から住宅街を抜け、西に徒歩10分の「昭和鉄道高校」(東京都豊島区)。日本で唯一、校名に「鉄道」が入るといい、生徒645人全員が鉄道科に所属する。 …[続きを読む]

    38. 「池袋チャイナタウン」の象徴的な存在の食品店「陽光城」=東京都豊島区西池袋1丁目

      池袋ふしぎなふしぎな巨大な街(4/17)有料会員限定記事動画

       ♪ふしぎなふしぎな池袋/東が西武で/西、東武♪ これは、家電量販店「ビックカメラ」の池袋のテーマソングの歌い出し。東口に西武、西口に東武と、それぞれ駅出口の字面とは逆の百貨店が立つユニークさを表現…[続きを読む]

    今、あなたにオススメ(PR)

    朝日新聞・鉄道取材班ツイッター

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

    注目コンテンツ

    • 写真

      【&BAZAAR】「音のカーテン」で騒音を遮断

      睡眠時や集中したい時に使える

    • 写真

      【&TRAVEL】豪華客船でショーを観劇

      現代風「鶴の恩返し」〈PR〉

    • 写真

      【&M】可士和氏「神は細部に宿る」

      今治タオル事業での新戦略

    • 写真

      【&w】安藤和津さんに聞く

      プラチナの魅力〈PR〉

    • 写真

      好書好日一条ゆかり、デビュー50年

      原動力は究極のナルシシズム

    • 写真

      WEBRONZA外国人労働者拡大の危うさ

      今日の編集長おすすめ記事

    • 写真

      アエラスタイルマガジン山本編集長が語る選ぶべき靴

      ビジネスで最適な一足とは?<PR>

    • 写真

      T JAPAN勅使川原三郎、ゼロに還る勇気

      プロとして表現し続けるために

    • 写真

      GLOBE+中国に学ぶ時代が来た?

      連載「創業@中国」

    • 写真

      sippoブログで見かけた柴犬

      やっぱり犬を飼いたい!

    • 働き方・就活

    • 転職情報 朝日求人ウェブ