メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

各駅停話

 毎日、大勢の人が集まっては散っていく駅。様々な人々が交錯する駅にまつわる物語を、路線ごとに各駅停車ならぬ「各駅停話」として紹介していきます。

東急池上線

東急池上線

  • 【動画】各駅停話 東急池上線編
  • 3千本の古タイヤを遊具にした西六郷公園。大小の「怪獣」が並んで立っている=東京都大田区

    蒲田公園のシンボルは大怪獣(1/23)有料会員限定記事動画

     蒲田(かまた)駅(東京都大田区)は池上線と東急多摩川線の発着駅であり、JRの乗り入れがあり区役所があり、区の中心部といえる。 劇作家つかこうへいの代表作「蒲田行進曲」で知られるこの街は、今も昔も映…[続きを読む]

  • 大田手作り甲冑(かっちゅう)製作研究保存会代表の竹内将悟さん=東京都大田区

    蓮沼甲冑作り高じて街おこし(1/20)有料会員限定記事動画

     南北朝時代の武将・新田義興(よしおき)は鎌倉へ攻め入る途中、多摩川で謀殺され、その様子は歌舞伎などで語り継がれている。 義興を祭神とする新田神社(東京都大田区)。昨年1月、義興など武将に扮した人々…[続きを読む]

  • 池上本門寺で販売されている「精進アイス」。後方は同寺の大堂=東京都大田区

    池上日蓮宗の大本山で舌鼓(1/19)有料会員限定記事動画

     池上本門寺(東京都大田区)は、池上線を語る上で欠かせない。 そもそもこの路線は寺の参詣(さんけい)客を運ぶ目的で開業した。日蓮聖人が1282(弘安5)年に入滅(臨終)した地に立つ日蓮宗の大本山。境…[続きを読む]

  • 昭和のくらし博物館の茶の間に立つ館長の小泉和子さん=東京都大田区

    千鳥町昭和の「異文化」体験(1/18)有料会員限定記事動画

     1926年に「慶大グラウンド前駅」として開業した千鳥町(ちどりちょう)駅。昭和初期まで近くには慶応大学の運動場があり、東京六大学野球の試合も行われた。現在、駅周辺は閑静な住宅地が広がっている。 駅…[続きを読む]

  • 「蒲田切子」のグラスを手にする「フォレスト」社長の鍋谷孝さん=東京都大田区

    久が原蒲田切子、理想追い続け(1/17)有料会員限定記事動画

     久(く)が原(はら)駅そばの商店街、ライラック通りにあるフォレスト(東京都大田区)は、ガラス工芸品の「蒲田切子(きりこ)」が看板商品だ。 丸みを帯びたデザインの切り込みが特徴で、グラスは「カットし…[続きを読む]

  • 御嶽山駅前に立つ落語家の古今亭駒次さん=東京都大田区

    御嶽山新幹線またぐ駅、落語に(1/16)有料会員限定記事動画

     駅の北側には御嶽(おんたけ)神社が立つ。3両編成の池上線を待っていると、足元から轟音(ごうおん)が迫ってくる。ホーム直下を16両編成のJR東海道新幹線「のぞみ」が駆け抜けた。御嶽山(おんたけさん)駅…[続きを読む]

  • 「きになる電車」の車内。木目調の内装で、つり輪も木製となっている=東京都大田区

    雪が谷大塚昭和漂う、きになる電車(1/14)有料会員限定記事動画

     全長10・9キロの池上線。ほぼ中間地点に位置するのが雪(ゆき)が谷大塚(やおおつか)駅だ。ホームから蒲田へ向かう下り線方向に見えるのは、多くの線路と車両。駅近くに検車区と車両基地があり、この路線の拠…[続きを読む]

  • 雪ケ谷八幡神社の「出世石」と禰宜の北川正訓さん=東京都大田区

    石川台名横綱の出世石(1/13)有料会員限定記事動画

     石川台駅から南へ坂道を下ると雪ケ谷八幡神社がある。境内に高さ約2・3メートル、幅1・8メートルの出世石。大相撲の横綱、大鵬の書と手形が刻まれている。 番付では序二段、本名の「納谷(なや)」のしこ名…[続きを読む]

  • コトノハ社長の針谷周作さん=東京都大田区

    洗足池ローカルな魅力、雑誌に(1/12)有料会員限定記事動画

     改札を出ると、道路を挟んでボートハウスが見える。洗足池公園は沿線屈指の散策スポットだ。春は桜が咲き誇り、秋には紅葉で池のほとりはにぎわう。 2011年、その公園の近くに小さな出版社「コトノハ」がで…[続きを読む]

  • 「wagashi asobi」の(左から)浅野理生さん、境野敦士さん、稲葉基大さん=東京都大田区

    長原地域密着、自由な和菓子(1/11)有料会員限定記事動画

     長原駅(東京都大田区)から歩いて1分。商店街「ぱすてる長原」に立つ小さな店舗は、国内外で活動する和菓子職人によるユニット「wagashi asobi」(ワガシアソビ)のアトリエだ。 取り扱う和菓子…[続きを読む]

  • 駅から大学へと続き、医師も患者も行き交う「昭和大学通り」=東京都品川区

    旗の台外見の悩み、解放する場(1/10)有料会員限定記事動画

     旗の台駅前の昭和大学病院で、鬼塚卓弥同大名誉教授(85)が日本の大学病院初の美容外科を標榜(ひょうぼう)したのは1978年のことだ。 東大病院研修医時代の61年に恩師の命で米国へ。原爆乙女のケロイ…[続きを読む]

  • 常連客との酒談議が弾む豊島光則代表(右)=東京都品川区

    荏原中延笑顔生む全国の地酒(1/7)有料会員限定記事動画

     北海道の「国士無双」に大分の「ちえびじん」、沖縄の「黎明(れいめい)」。酒どころの北国から日本酒のイメージは薄い南国まで、意匠をこらした一升瓶が居並ぶ様は壮観だ。荏原中延(えばらなかのぶ)駅前の居酒…[続きを読む]

  • 駅舎のリニューアルを祝い、ゆるキャラの戸越銀次郎もポーズ=東京都品川区

    戸越銀座知恵絞る、楽しい商店街(1/6)有料会員限定記事動画

     全長1・3キロ、約400店舗。全国屈指の長さを誇る戸越銀座(とごしぎんざ)商店街は昨年12月、戸越銀座駅のリニューアルを祝う式典にわいた。「商店街は駅と共に90年栄えてきた」と同商店街連合会の山村俊…[続きを読む]

  • 開設から8カ月間は池上電気鉄道(当時)の始発・終着駅だった大崎広小路駅=東京都品川区

    大崎広小路300メートル、屈指の短距離区間(1/5)有料会員限定記事動画

     早足で3分、のんびり歩いても5分とかからない。大崎広小路駅はターミナルの五反田駅から南西へ300メートル。都内でも屈指の短距離区間だ。開設は1927年10月。全線高架のため工事が難航した五反田駅まで…[続きを読む]

  • アトリエの階段に立つ前田司郎さん。かつては工場だったという=東京都品川区、諫山卓弥撮影

    五反田変わる工場の町、変わらない居心地のよさ 五反田駅(1/4)有料会員限定記事動画

     近い、近い、近い。手を伸ばせば触れられそうな距離感で車窓に流れる残像は、まぶしい朝には「行ってらっしゃい」と送る元気な門口、茜(あかね)さす夕べには「おかえりなさい」と迎える温かな窓。都心には珍しい…[続きを読む]

今、あなたにオススメ(PR)

朝日新聞・鉄道取材班ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ガチっと押し込む感触も最高

    80年代デザインのラジカセ

  • 写真

    【&TRAVEL】パリ、無愛想な猫だが……

    1日1旅

  • 写真

    【&M】正月以外も使えるかるた

    爆笑誘う奇想天外な絵と言葉

  • 写真

    【&w】小さな家の生活日記が本に

    東京の台所 番外編

  • 写真

    好書好日禁じられたものに触れたい

    小説「出版禁止」第2弾刊行

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN4匹の猫と華麗なる共演。

    女性のための優美な機械式時計

  • 写真

    GLOBE+サウジNo1おむつは日本製

    女性だけの工場も現地に作った

  • 写真

    sippo河川敷の“ホームレス犬”

    老いて初めての室内暮らし

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ