現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 米大統領選
  3. 記事
2012年5月10日11時56分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

オバマ氏、同性婚支持を表明 歴代米大統領で初めて

関連トピックス

写真:9日、米ABCテレビの番組でインタビューを受けるオバマ米大統領=ホワイトハウス提供、AP拡大9日、米ABCテレビの番組でインタビューを受けるオバマ米大統領=ホワイトハウス提供、AP

 オバマ米大統領は9日、米ABCテレビのインタビューで、同性婚を支持する考えを表明した。米メディアによると、米大統領の公式な支持表明は初めて。共和党の大統領候補に事実上決まっているロムニー前マサチューセッツ州知事は反対の考えを示しており、11月の大統領選の争点になりそうだ。

 オバマ氏は「結婚は、多くの人にとって非常に強い伝統的、宗教的な信念を呼び覚ます言葉であり、私はこの問題を慎重に扱ってきた」と指摘。そのうえで、親しい友人や部下、軍人などの同性愛者が結婚について様々な制約を受ける現状を見て、「同性愛者のカップルが結婚できるようにすべきだ、という結論に達した」と語った。

 同性婚は、宗教的、倫理的価値観を問う政治テーマとして、米国社会で賛否を二分してきた。オバマ氏は就任後、米軍が同性愛者を受け入れる措置を取るなど、同性愛者の権利拡大には積極的な姿勢を示してきた。同性婚には明確な態度を示していなかったが、大統領選を前に立場を明確にし、自らの民主党や無党派の支持を固めようとしたと見られる。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報