メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

「山の日」特集

8月11日は祝日「山の日」。登山・ハイキングに役立つ情報や関連ニュースをまとめました。

写真・図版

低い山でも遭難するの? 専門家「高い山より危険」(2018/6/6)

新潟県阿賀野市の五頭(ごず)連山に登った親子が行方不明になり、遺体で見つかった。遭難した山は標高1千メートル未満。低い山にも危険が潜んでいるのだろうか。 亡くなったのは新潟市北区の会社員渋谷甲哉さん(37)と、長男で小学1年の空くん(6)。親子は晴天の5月5日、五頭連山北部の松平山(95…[続きを読む]

写真・図版

標高0mから北アルプス北端へ 手弁当で拓いた登山道 (2018/8/27)

断崖に日本海の荒波が打ち寄せる天嶮(てんけん)・親不知(新潟県糸魚川市)。ここから北アルプス北端の朝日岳(2418メートル)に至る登山道がある。全長25キロの栂海(つがみ)新道だ。アルプスの高峰と標高0メートルが直接つながる登山道はほかに…[続きを読む]

編集部イチオシ

連載「登ってきました」

写真・図版

(登ってきました)鷲羽岳・水晶岳 黒部源流域最高峰へ(2018/9/7)

■標高2924m・2986m しんどさ★★★★(富山市・長野県大町市) 登山者が最も多い8月中旬、北アルプス最奥部の黒部源流域に2日かけてたどり着き、3日滞在、また2日かけて下山した。と書くとハードな……[続きを読む]

高尾山で山ガールに聞いた

山を愛するクリエイター集団・ホシガラス山岳会の編集者・小林百合子さんと写真家・野川かさねさんが、Tシャツからお鍋まで、実際に2人が東京暮らしで使っているアウトドアグッズをご紹介します。

写真・図版

〈山道具日記〉山道具選びは、都会でのモノ選びを変える(2017/5/3)

人気のうちに連載が終了した「山道具日記」。今年に入ってからは、山道具なのに普段使いができて、さらには災害時にも役に立つ、デキるものたちへの関心が高かったようです。山道具を選ぶ目が養われると、普段のも……[続きを読む]

南極や北極、ヒマラヤで海外取材を多数経験し、山岳医講習会の講師も務める長野総局の近藤幸夫記者が、安全で健康づくりに役立つ情報をお届けします。

患者を生きる「山岳遭難」

「山の日」特集 紙面ビューアー(2016年1月1日 大阪本社 新年別刷り)

※写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

最新ニュース

長野)ふもとの三岳小児童12人、御嶽山登山に挑む(2018/9/20)

 噴火災害から今月27日で4年を迎える御嶽山(3067メートル)に19日、ふもとの木曽町立三岳小学校の5・6年生12人が登った。山頂周辺は立ち入り規制が続くため、手前の9合目まで、励まし合って登りきった。学校からいつも見上げている郷里の山。陽光に照らされる景色…[続きを読む]

山の日をコトバンクで調べる

注目コンテンツ