メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

天久聖一の世論島

(文・天久聖一/絵・死後くん)

第7回 アイドルの結婚に本気で落ち込んだ人たち

  • 登場人物
  • 世論島登場人物:ヨッちゃんヨっちゃん

    漂流した広告マン。

  • 世論島登場人物:ロン爺ロン爺

    世論島のヌシ。

マンガ:ロン爺「おい山田くん」。「カゼ ひくなよ」。ヨッちゃん「歌丸師匠!!!」。ヨッちゃん「・・・長い間!!! くそお世話になりました!!!」

ロン爺

歌丸さんの引退をワンピースの名場面っぽくしてみたぞい。

ヨッちゃん

……って! なにやらせるんですか!

ロン爺

しかし新司会が昇太氏とは驚いたな。

ヨッちゃん

ええ、僕はてっきり円楽さんかと思ってました。

ロン爺

ワシは、ワシなりに心の準備をしておったがな。

ヨッちゃん

狙ってたんだ……。

ロン爺

では司会を逃した悲しみを乗り越えて、今回のアンケート結果を発表するぞい。

ヨッちゃん

はい! テーマは「アイドルの引退。結婚に本気で落ち込んだことがある」です!

「アイドルの引退、結婚に本気で落ち込んだことがある」
(総数440票 Twitter調査含む)

(円グラフ):「アイドルの引退、結婚に本気で落ち込んだことがある」。ある26.5%。ない73.5%

ロン爺

と、いうことは約4人に1人が本気で落ち込んだ経験があるということじゃな。

ヨッちゃん

毎回、世間が騒ぐ割には少ないような気がしますね。

ロン爺

やはり人は結婚のニュースに落ち込むより、不倫のニュースにワクワクしたいんじゃな。

ヨッちゃん

イヤなまとめ方しないでください。それでは「ある」と答えた方の意見を見てみましょう。

一般投稿

大好きだった女優のミムラが結婚しドン底まで落ち込んだ。ようやく自分の気持ちに整理が付き自身が結婚した直後にミムラ離婚。ミムラへの想いが再燃し心の浮気を続けたある日、ミムラ再婚。「おめでとう」と思う反面、「もう気持ちをもてあそばないで」と未だに傷心の日々。

ロン爺

別にこの人をもてあそぶつもりで再婚したわけではないと思うが。

ヨッちゃん

よりによって自分が結婚したあと、というのが割り切れなかったんでしょう。これじゃすれ違いだよ!って。

ロン爺

すれ違いでもなんでもないぞい! 相手は赤の他人!

ヨッちゃん

でもそれがファン心理なんでしょうね。こんなコメントも来ています。

一般投稿

宇多田ヒカルさんが結婚するたびに心が乱れます。前夫の紀里谷和明氏のときは分かりやすいイケメンぶりを素直に妬むことができましたが、再婚相手がイタリアの一般人と聞いたときは嫉妬の矛先をどこへ持っていいか分からず、ひと月ほどモヤモヤしました。

ヨッちゃん

結婚できないならせめて妬ませてくれという……

ロン爺

しかしそれさえも叶わないという……ファンとはなんと切ない存在か。

ヨッちゃん

でも「お相手は一般人」と聞かされたときのモヤモヤ感はたしかにありますね。

ロン爺

しかも顔出しNGだからって、ヘタクソな似顔絵見せられるパターンな。でもアレって要するにノロケじゃろ?

ヨッちゃん

ああいう悪しき風習は即刻やめて欲しいですね。

一般投稿

適齢期を迎えた大好きな声優さん。ファン心から「早く結婚してくれ!」と言っていましたが、ある日突然ブログで結婚の報告をされたときには自分でも驚くほどショックを受けました。嬉しいはずなのに心がフリーズしてしまって……私も以前は「アイドルが結婚したぐらいで落ち込む気持ちがわからない」派でしたが、あれ以来、芸能人が結婚したというニュースを見るたびに、あのときと同じ気持ちの人がいるのだろうなと思って切なくなります。

イラスト:少女漫画の画像

ロン爺

なんだか少女漫画みたいな展開じゃな。ただの幼なじみだと思っていたのに、相手に恋人がいると知った途端、自分の恋心に気づいてしまう的な……

ヨッちゃん

でもここにただのファンと、そこから一歩踏み込んでしまったファンの境界がありますね。

ロン爺

他人にはくだらないことでも、傷つくほど好きになれるということは幸せなことかもしれんな。

ヨッちゃん

次の話も傷つくことで成長した例です。

一般投稿

T.M.Revolutionの西川貴教さんとPUFFYの由美ちゃんの結婚報道の時、当時中学生で西川さんの大ファンだったので、落ち込みました。そしてその時に初めてスポーツ新聞を買いました。

ロン爺

少女はスポーツ新聞を手に、大人への階段をのぼりはじめたんじゃな……ええ話じゃ。

ヨッちゃん

それではここで「いいえ」についての意見も聞いてみましょう。

一般投稿

いまのところありません。が、39歳ではじめてアイドルにはまっています。その子が結婚、引退したら正気を保てる自信がありません。

ロン爺

安心せい! いまでも十分正気じゃないぞい!

一般投稿

今までは本気で、というのはないですが、今後玉木宏がもし結婚したら、仕事を休んでもいいという自分ルールを作っています

ヨッちゃん

そう言えば、福山ロスや西島ロスのときは会社休みますというツイートが続出したそうですね。

ロン爺

この場合は玉木ロスじゃな。ちなみに玉ロスと言ってまず思い浮かぶのは爆笑問題の田中裕二氏か。

ヨッちゃん

くだらねえよ!

一般投稿

あんなに好きだったリア・ディゾンのできちゃった婚が判明したとき、まったく悲しみがわいてこず逆に不安でした。

ヨッちゃん

人間悲しすぎると無感情になるといいますから。

ロン爺

でもある日突然思い出して号泣するかもしれんな。会社帰りの電車で。

ヨッちゃん

リア・ディゾンのデキ婚で?

一般投稿

アイドルとは少し違うかもしれませんが、ずっと琴欧洲が好きで応援してきました。ところが彼が婚約を発表した途端に、琴欧洲に対する興味はすーっと消えました。そのことを主人に話したところ、「彼と結婚できる可能性があるとでも思っていたの?」と言われちゃいました。えへへ。

ヨッちゃん

これもシンプルですが的を射た意見ですね。やはりアイドルは「みんなのもの」でそれが「誰かのもの」になると、意味は違ってくるという。

ロン爺

でもおディーン様(ディーン・フジオカ)は別! 彼は結婚してることで逆に男前アゲてるし!

ヨッちゃん

そのへんのOLですか。

一般投稿

10代の頃夢中だったAV女優さんが引退したときは、しばらく立ち直れませんでした。あれから20年以上経ちますが、いまでも彼女の出演作を見るたびに、新作が聞けないビートルズファンってこんな気持ちかなと思います。

ロン爺

まったく同じだと思うぞい。ただビートルズと違いこの場合は熟女もので復活もあり得る。

ヨッちゃん

思い出のままの方がいい場合もありますが。

イラスト:ワイン片手にビデオ鑑賞する男「やはり80年代の宇宙企画はいい・・」

一般投稿

浅野忠信とCHARAが結婚したときは打ちひしがれました。当時、世間ではCHARAさんの評価の方が断然高く、浅野さんは逆玉のように言われていました。でも私の中では浅野さんは天才、CHARAさんはただのいまどきミュージシャンという評価で、彼女を選んだ浅野さんも所詮その程度の男かと思うことでショックを乗り越えました。いまにして思えばなんて失礼な乗り越え方なんだろうと反省してます。

ロン爺

まあ、悲しみの乗り越え方は人それぞれじゃからな。なにも気に病むことはないぞい。

ヨッちゃん

なんだかイソップ童話の「酸っぱいブドウ」みたいな話ですね。心理学的には防衛型です。

一般投稿

東方神起が分裂してしまった時は、東方神起が分裂しなかったパラレルワールドにいきたいと思いました。

ヨッちゃん

こちらは思いっきり逃避型ですね。

ロン爺

人口の3分の2がEXILEになるパラレルワールドもあるな。

ヨッちゃん

それでは最後にまさに進行形の悲しみを。

一般投稿

今年の6月に卒業が発表されている乃木坂46の深川麻衣さんを、卒業が発表されてから好きになってしまいました。毎日深川麻衣さんの昔の動画とか写真とかを見てどんどん好きな所が増えていくのが、嬉しいと同時にその倍つらいという状態です。「好きになるのが遅すぎた」と、彼女の笑顔を見ながら泣いてます。卒業後どうなっちゃうんでしょ……

ロン爺

知らんがな。以上。

ヨッちゃん

えっ! たったひと言?!

ロン爺

ふむ。だからこそ面白い。他人からすると「知らんがな」で済む問題。でもそんなことで悩めるということは、まだまだ人生に余裕がある証拠じゃ。

ヨッちゃん

では今回「ある」と答えた方は、ある意味幸せな人たちなんですね。

ロン爺

ワシはそう思う。だって人間味があるじゃないか。

ヨッちゃん

……そうですか。それを聞いて僕も吹っ切れた気がします。

ロン爺

なにをじゃ?

ヨッちゃん

リア・ディゾ~~~~~~~~ン! 本当は悲しかったよ~~~~~~~っ!(号泣)

イラスト:ヨッちゃん「グラビア界の黒船は・・・海の彼方へ消えてしまった・・」

ロン爺

あの意見、お主だったのか!

ヨッちゃん

さて、世論島はみなさまからのアンケートによって浮かぶ島です。さて次回のテーマは「自分にしか分からない笑いのツボがある」です。

ロン爺

他の人にとってはどうってことないことでも、自分にとっては面白くて仕方ないってことはあるかもしれんな。

ヨッちゃん

実はボク、エスカレーターの引き込み口で小さなゴミがクルクル回ってると、なぜか笑っちゃうんですよね。

ロン爺

ワシはパチンコ屋や弁当屋の「のぼり」が、強風であおられているのを見るとなぜか笑ってしまうぞい。

ヨッちゃん

みなさんはどうでしょう? それでは次回も!

ロン爺

ヨロンしく!

次回の世論募集!

自分にしか分からない笑いのツボ

[投票期間:2016年5月30日-6月3日14時/

 投票は締め切りました。ご投票ありがとうございました
投稿について

【質問1】自分にしか分からない笑いのツボがある。

  • 00%
  • 00%

【質問2】「ある」と答えた方、どんなツボかぜひ教えて下さい!(300字まで・任意)

0字(300字まで) ※いただいたコメントは、天久さんの連載でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください。

ニックネーム(20字まで・任意)

天久 聖一

天久聖一(あまひさ・まさかず)

1989年、マンガ家としてデビュー。演劇脚本・小説執筆・映像制作など多方面で活躍。単著に「ノベライズ・テレビジョン」「少し不思議。」、共著に「バカドリル」など。2014年~15年には、朝日新聞デジタルで「家庭遺産」を連載。

死後くん

死後くん(しごくん)

イラストレーター、マンガ家。1977年、愛知県生まれ。都内在住。雑誌「POPEYE」やNHK「おやすみ日本」の「日本眠いい昔話」など、様々な媒体で活躍。著書にマンガ「I My モコちゃん」(玄光社)。「ペンネームが縁起が悪い」との理由で仕事が決まらないこと多々あり。

投稿内容について

・誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現、営利目的や広告目的とみられるもの、社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容、第三者または当社の権利を侵害するもの、選挙報道の公平性を損なうものなど、当社が不適切だと判断したコメントは公開しない場合があります。
・投稿内容は、即時には反映されません。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クルっと変身が楽しい!

    話題の3D&360対応カメラ

  • 写真

    【&TRAVEL】宝石のようなオリーブ手摘み

    干潮で現れる天使の散歩道

  • 写真

    【&M】SUVもさすがの乗り心地

    ロールスロイス・カリナン

  • 写真

    【&w】高2男子を“育てる”女たち

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ただ「積む」だけの面白さ

    絵本「まる さんかく ぞう」

  • 写真

    WEBRONZA稀勢の里はもう休場できない

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンスーツの長持ちテクニック!

    そのひと手間で大きな差がつく

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第31回

  • 写真

    GLOBE+サードウェーブ、実は日本発

    アメリカ西海岸コーヒー物語

  • 写真

    sippo大施設で犬猫の譲渡会、急増

    会場側「動物の集客力すごい」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ