メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

天久聖一の世論島

(文・天久聖一/絵・死後くん)

世論島について

どうでもいいけど、何だか気になるあんなことやこんなこと。みんなは一体、どう思ってるんだろう。「世論島」はそんなギモンに答えるアンケートコーナーです。

第16回 親子の間のウソで印象に残っているものは?

  • 登場人物
  • 世論島登場人物:ヨッちゃんヨっちゃん

    漂流した広告マン。

  • 世論島登場人物:ロン爺ロン爺

    世論島のヌシ。

世論島マンガ画像

ヨッちゃん

でも親って子どもにくだらないウソをつきますね。

ロン爺

子どもへのウソは子育ての醍醐味じゃからな。

ヨッちゃん

それでは早速、みなさんのウソを紹介していきましょう!

一般投稿

子どもの頃、レバーはゴリラの肉だと言われ、中二まで本気で信じてました。何か固いし黒いし、内臓食べてるなんて思いもしなかったから…(難波 恵子‏)

ロン爺

内臓よりゴリラの肉の方があり得んと思うが……

ヨッちゃん

ゴリラのどの部位だと思ってたんですかね?

ロン爺

ムネ肉かな? よくたたいているから歯ごたえもありそう。

一般投稿

中日ファンの父から、東京ドームにはバッターの後ろに大きい扇風機が隠れてて、飛距離が伸びるように巨人攻撃の回だけ秘密で回ってるんだよ、巨人って卑怯でしょ、と小さい頃に教わった。(ずっきーに)

ロン爺

案外、お父さんもそう信じてたりしてな。

ヨッちゃん

アンチ巨人ってこうして育てられるんですね……。

ロン爺

子どもに陰謀論を吹き込むのは親のつとめじゃからな。

ヨッちゃん

つとめじゃないですよ!

一般投稿

母から言われたウソで「ブロッコリーとカリフラワーは弟とお姉ちゃんなんだよ」(しょんぼり)

ヨッちゃん

これはほのぼのしたウソですね。

ロン爺

海産物だとサザエが姉ちゃんでカツオが弟じゃがな。

ヨッちゃん

でもツンデレのカリフラワー姉ちゃんはオヤジの再婚相手の娘で、僕(ブロッコリー)はいつもドキドキしてる……

ロン爺

なんじゃ、そのラノベっぽい設定は。

画像

一般投稿

確か幼稚園年長の頃、赤ちゃんがしゃべるおむつのCMを見ていて「なんで赤ちゃんやのに話せるん?」と聞いたら、母は「あの子はアンタとは違う特別な選ばれた子なんや」と別につかなくてもいいウソをついた理由が未だに分かりません。(ろっさん)

ロン爺

本当はCM用に培養されたバイオ赤ちゃんだがな。

ヨッちゃん

ウソを重ねないでください。でもどうしてこんなウソを?

ロン爺

親のウソの半分は「面倒くさいから」じゃ。子どもの「なぜ?」はキリがないからな。これくらいバッサリいってもいいかもしれん。

ヨッちゃん

これも親の知恵なんですね。

一般投稿

幼稚園の頃、飛行機で上空にいる間は声が聞こえなくなると言われた。機内で「聞こえてるんでしょ!?」と叫んでも口パクされていた記憶は残っている。(遊花)

ロン爺

ただウソをつくだけじゃなくて、実証するとは……

ヨッちゃん

ダマされた子はそうとうパニクったでしょうね。

ロン爺

でもこういうウソをつかれると、しっかり記憶に刻まれるじゃろうな。

ヨッちゃん

ウソが思い出になることもありますからね。

ロン爺

いっこく堂の技を使えば、声が遅れて聞こえるというウソもつけるな。

ヨッちゃん

どんどん手が込んできますね。

一般投稿

スノボのケガで肩が上がらないのですが、子どもには学生時代に今の横綱に投げられた時のケガと言っています。(なもきち)

ヨッちゃん

親の武勇伝の7割はウソです。

ロン爺

ワシは前の横綱とサッカーをして捻挫したことがあるぞい。

ヨッちゃん

中途半端に事実を混ぜないでください。

一般投稿

夏の旅行はいつも琵琶湖で、父親にはここは海で対岸に見えるのはアメリカと教えられてた。(match‏)

ロン爺

対岸も同じ県だと知ったときはショックだったじゃろうな。

ヨッちゃん

映画「猿の惑星」のラスト以上ですね。

ロン爺

「ここは滋賀県だったのか!!」って。

一般投稿

幼少の頃、テレビでムーミンを観ていたら、隣にいた母が「ムーミンパパのシルクハットの中には昔の彼女の写真が入っていて、ムーミンママのハンドバッグの中には昔の彼氏からもらったプレゼントが入っているんだよ」と言われた。(リトルミイ)

ロン爺

ムーミンにそんな裏設定があったとは!

ヨッちゃん

韓流ドラマと混ざっちゃったんですかね。

ロン爺

いや、本当はもっと深い理由があるのでは。

ヨッちゃん

どんな理由ですか?

ロン爺

人には誰しもぬぐい去れない過去がある。妥協で結ばれた夫婦でも、子育てを通じて互いに助け合うことで、偽りの愛を真実に変えることができるかもしれない……お母さんは娘さんに、そんなことを言いたかったんじゃないかな?

ヨッちゃん

難し過ぎるわ!

一般投稿

「普通の金魚をドラム缶に入れて、外から思い切りカナヅチでたたくとびっくりして目玉が飛び出す」という、出目金の作り方を高校生くらいまで信じていました。(アル ペジ夫)

ロン爺

これはよくできたウソじゃな。

ヨッちゃん

出目金ひと筋60年の職人さんまで浮かんできます。

ロン爺

その村の1日は出目金職人のドラム缶を叩く音から始まるんじゃ。

ヨッちゃん

ただたたけばいいってもんじゃない。一発で飛び出すようにするには最低でも5年の修行が必要。

ロン爺

この設定の偽ドキュメンタリーつくってみたいな。ロバート秋山氏で。

画像

一般投稿

子どもに「下の毛が生えたら市役所に『うちの子が大人になりました』って連絡しなきゃいけないから生えてきたら教えてね」と言っていた。(リツキ)

ロン爺

役所に届けたらお祝いに「ひじき」がもらえるんじゃ。お赤飯的な意味で。

ヨッちゃん

もらえません。

ロン爺

最初に生えた下の毛で筆をつくる地域もあるらしい。

ヨッちゃん

ありません。

一般投稿

小さい頃、父親のメガネが割れると地球が爆発すると教えられたことがあります。しかも「エネルギーがたまっている」とか「地球のバランスを保っている」とか図で説明されました。それから置いてあるメガネを見るだけでドキドキするようになりました。(すごろくが終わらない)

ロン爺

パターンとしてはイタズラ防止のウソじゃな。

ヨッちゃん

一休さんの水アメの話みたいですね。毒だからなめるな的な。

ロン爺

それにしてもメガネを踏まれないために、分子物理学まで展開するとは。

ヨッちゃん

こういうウソがきっかけで学者になる子どももいるかもしれません。

ロン爺

単に気まぐれだったり、やむを得ずだったり、親はいろんなウソをつくがそれがあとで思い出になることもある。

ヨッちゃん

笑える範囲なら「我が家秘伝のウソ」を考えるのも、楽しいかもしれませんね。

ロン爺

さて世論島はみなさまからのアンケートによって浮かぶ島じゃぞい。

ヨッちゃん

次回のテーマは「思てたんと違う!」です。

ロン爺

見る前、体験する前に想像していたものと違っていたエピソードを募集するぞい!

ヨッちゃん

ちなみに「思てたんと違う!」の元ネタは昔「笑い飯」がM-1グランプリで決勝進出を逃したときの名言です。

ロン爺

ワシの「思てたんと違う!」は漫画『美味しんぼ』がグルメ漫画だったことじゃぞい。

ヨッちゃん

じゃあ、最初はなんだと思ってたんですか?

ロン爺

『美味しんぼ』ってキャラクターがでてくるギャグ漫画だと思ってた。

ヨッちゃん

……こういうくだらないヤツで結構ですので、是非あなたのエピソードを教えて下さい。

ロン爺ヨッちゃん

それでは次回もヨロンしく!

次回の世論募集!

あなたの「思てたんと違う!」エピソードを教えて下さい。

[投票期間:2017年5月17日~23日14時/

 投票は締め切りました。ご投票ありがとうございました
投稿について

-

  • 00%
  • 00%

-

0字(300字まで) ※いただいたコメントは、天久さんの連載でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください。

ニックネーム(20字まで・任意)

天久 聖一

天久聖一(あまひさ・まさかず)

1989年、マンガ家としてデビュー。演劇脚本・小説執筆・映像制作など多方面で活躍。単著に「ノベライズ・テレビジョン」「少し不思議。」、共著に「バカドリル」など。2014年~15年には、朝日新聞デジタルで「家庭遺産」を連載。

死後くん

死後くん(しごくん)

イラストレーター、マンガ家。1977年、愛知県生まれ。都内在住。雑誌「POPEYE」やNHK「おやすみ日本」の「日本眠いい昔話」など、様々な媒体で活躍。著書にマンガ「I My モコちゃん」(玄光社)。「ペンネームが縁起が悪い」との理由で仕事が決まらないこと多々あり。

投稿内容について

・誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現、営利目的や広告目的とみられるもの、社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容、第三者または当社の権利を侵害するもの、選挙報道の公平性を損なうものなど、当社が不適切だと判断したコメントは公開しない場合があります。
・投稿内容は、即時には反映されません。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】高級モデルが人気!?

    扇風機ランキング

  • 写真

    【&TRAVEL】眼下に広がるあじさいの海

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】アメ車のバンコンで家族と

    ベテランのキャンプ車遍歴

  • 写真

    【&w】デビューで打ち立てた金字塔

    中村一義 インタビュー

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム熱海にいた宇宙人

    新鋭漫画家・原百合子の怪作

  • 写真

    WEBRONZA花組『邪馬台国の風』

    タケヒコを主人公にする難しさ

  • 写真

    ハフポスト日本版 地球に舞い降りた天使

    仕事中に見たら思わず手が止まってしまう子猫28連発

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ