現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. 記事
2012年3月15日17時5分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

契約金問題「ルール守らないと」「今さら…」 各球団

 巨人の契約金問題について、現在大リーグ・レンジャーズに所属する上原浩治投手は14日(日本時間15日)、練習後に事実関係を問われると、「何もないよ」とだけ話し球場を後にした。

 他球団にも波紋は広がった。中日の佐藤良平・球団代表は「申し合わせであり罰則規定もない以上、難しいのだが、まったく守らなくていい申し合わせなら意味がない。各球団が努力して守るもの。注目度の高いプロ野球なんだから、巨人も含めて各球団がルールを守らないといけない」と話した。

 ヤクルトの川島肇・広報部長は「球団としては申し合わせ事項を順守している。他球団がいくら払っているかは関知しない」としたうえで、2005年の朝日新聞社の取材に対し、野球協約に上限の明記や罰則規定があるべきだと答えていることについて「球団としての考えは変わらない。罰則規定があろうがなかろうが、ルールを守ることは必要だと思う」と話した。

 広島の鈴木清明・球団本部長は「07年に最高標準額を超える場合は申告しようと申し合わせており、(今回の報道は)それ以前のことで、いまさら何を言っているのかと思う。07年まではあくまで標準という目安であり、絶対守らなければならないという認識ではなかったと思う」と語った。

購読されている方は、続きをご覧いただけます

検索フォーム

おすすめリンク

メジャーでの活躍が期待されるダルビッシュ投手の軌跡をたどった初のパーソナルDVD

最高峰を目指すがゆえにトップアスリートがはまってしまうドーピングの最先端事情。

あの夏甲子園を沸かせたPLのKKコンビ、横浜・松坂、そしてハンカチ世代と、「熱闘甲子園」からもう一度見たい名勝負・名場面ばかりを集めたシリーズ

PL学園野球部には金の卵を大きく育てる「虎の巻」があった! OBが語るその秘密

まいまいく図鑑、くるりんぱのやり方…つば九郎の仕事術・チーム愛・野球愛・座右の銘・プライベートを余すところなく収録したてんこ盛りの1冊。

年間に何度と行なわれている都内地域交流「つばさんぽ」や様々なイベント…つば九郎の初のパーソナルDVD「つば九郎でぃ〜ぶいでぃ〜2012上半期」

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……