現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. 記事
2012年3月16日3時18分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

入団前、野間口投手に小遣い200万円余 巨人側明かす

 プロ野球・読売巨人軍が、2004年ドラフトの自由獲得枠でシダックスから入団した野間口貴彦選手に対し、入団前に約200万円余を渡していたことが分かった。朝日新聞の取材を受けた後、巨人軍が認め、公表した。

 04年には、巨人軍から当時明治大学の一場靖弘選手(現ヤクルト)への金銭供与が表面化し、当時の渡辺恒雄オーナーが辞任に追い込まれた。一方で、巨人軍は野間口選手への金銭供与については非公表としていた。

 巨人軍は「(野間口選手は)社会人で、学生野球憲章で金品を受け取ることが禁じられている学生とは違うため、公表はしなかった」と説明した。だが、西武が東京ガスの木村雄太選手(現ロッテ)に対し、04年に200万円以上を渡していたことが07年に発覚。社会人野球チームを統括する日本野球連盟は、社会人が守るべき規範精神に反するなどを理由として、この選手を謹慎処分とした。野間口選手は同時期に金銭を受けとっていたことになる。

購読されている方は、続きをご覧いただけます

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……