asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
スポーツ 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  スポーツ記事一覧  野球  サッカー  ゴルフ  一般  コラム     ニュース特集   
     
 home >スポーツ > 野球   
 
四国リーグ、各県に1球団 石毛氏が構想、支援の動きも

四国に野球独立リーグを作りたいと話す石毛宏典さん(右)
四国に野球独立リーグを作りたいと話す石毛宏典さん(右)=30日午後、高松市浜ノ町で

 セ・パ12球団とは別の独立したプロ野球リーグを新たに四国4県につくろうとしている元オリックス監督の石毛宏典さん(48)が30日、高松市内で記者会見し、構想の中身を明らかにした。「既存のプロ球団入りを目指す若手を育てる場」と位置づけている。球場やスポンサー確保など、課題は多いが、地元では支援の動きも広がりつつある。

 リーグ運営のために石毛さんが設立した会社「IBLJ」(東京都)が選手22人のチームを各県に一つずつ結成し、来春からスタートする。各チームは、4〜10月に他の3チームと30試合ずつ計90試合を戦う。選手は17〜24歳の若手とし、今年のドラフト会議終了後に全国で入団選考会を開く。年収は約200万円だが、石毛さんは「社会人野球のチームが減る中、『野球がしたい』という若者たちに夢を成就する場をあげたい。ハングリー精神で頑張ってほしい」と話した。

 1年目の収入は約7億5000万円、支出は約6億7000万円と見込み、1年目から黒字経営を目指すという。収入の柱は、1試合あたり800人の入場料や、スポンサーの広告料約2億4000万円など。四国コカ・コーラボトリング(高松市)がスポンサーに名乗りを上げているほか、JR四国も支援を表明している。ただ、スポンサー料の目標額確保のため「現在も複数の企業に打診している」という。

 球場は各県の県営や市営球場を使う。地元自治体は協力する方向だが、高校野球や既存のプロ野球の試合と日程が重なる球場や、ナイター設備のない球場もある。

 四国経済連合会副会長を務めるJR四国の梅原利之会長は「経営をしっかりさせることが必要。各企業に支援を要請したい」。高知県の橋本大二郎知事も「球場使用料の優遇やスポンサー探しの仲介など、できる範囲で支援したい」とエールを送っている。 (09/30 21:56)


 関連情報  







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission