asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
スポーツ 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  野球  サッカー  スポーツ一般  コラム  記事一覧     ニュース特集   
     
 home >スポーツ > 野球   
 
ドラフトで楽天の順番、全球団の最後

 17日に行われるプロ野球の新人選択(ドラフト)会議で、新規参入する楽天の指名順番が、全球団で最後の12番目になることが9日、分かった。すでに、実行委員会で確認済み。全球団が「新規参入球団の順位は一番最後」で意見が一致したという。楽天は、自由獲得枠で元明大野球部の一場靖弘投手の獲得が内定したが、2巡目以降の指名では不利な状況となった。

 自由獲得枠と1巡目を除くドラフトの指名順番は、野球協約で、日本シリーズで敗れたリーグの最下位チームからと決まっている。今年はセ最下位の横浜から始まりセ、パ交互に指名していく。ただ、近鉄がオリックスとの合併により消滅するため、パ側の順番が繰り上がる。しかし、楽天の指名順番は日本一・西武の後になったため、一部で同一リーグ球団の指名が続く変則型になった。指名順番は(1)横浜(2)オリックス(3)広島(4)ロッテ(5)阪神(6)日本ハム(7)巨人(8)ダイエー(9)ヤクルト(10)中日(11)西武(12)楽天となる。

 自由獲得枠、高校生のプロ志望届の受け付けとも10日に締め切られる。 (11/09 23:01)


 関連情報  







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission