asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
スポーツ 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  野球  サッカー  スポーツ一般  コラム  記事一覧     ニュース特集   
     
 home >スポーツ > 野球   
 
ヤンキースのジアンビが薬物使用を認める 米紙報道

 大リーグ、ヤンキースの強打者ジェイソン・ジアンビ内野手(33)が昨年の連邦大陪審でステロイド(筋肉増強剤)などの薬物使用を認めていたと、2日付のサンフランシスコ・クロニクル紙(電子版)が報じた。

 同紙は証言のコピーを入手したとしている。それによると、ジアンビは01年から薬物を使用。02年秋の訪日中にバリー・ボンズ外野手(ジャイアンツ)の専属トレーナー、グレグ・アンダーソン被告と知り合い、帰米後に同被告から渡されたステロイドを03年まで使っていたという。

 アンダーソン被告は、栄養補助食品会社BALCO(バルコ)社の関係者とともに、禁止薬物を提供したとして起訴されている。

(12/02 17:46)


 関連情報  







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission