メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

全日本大学駅伝

注目の選手たち

見どころ

  • 駅伝

    3冠狙う青学大、追うチームは混戦模様 全日本大学駅伝

     学生駅伝日本一を争う第48回全日本大学駅伝対校選手権大会が6日、愛知・熱田神宮から三重・伊勢神宮までの8区間、106・8キロを舞台に開かれる。前回大会で6位までに入ったシード校、全国8地区の選考会を勝ち抜いた代表校に、オープン参加の全日本大学選抜と東海学連選抜を加えた計27チームが出場。その顔ぶれや見どころを紹介する。[続きを読む]

  • 駅伝

■第48回全日本大学駅伝出場校
【北海道】北海道教大13大会ぶり3回目
【東北】東北大4大会連続11回目
【関東】★東洋大9大会連続24回目
    ★青学大4大会連続6回目
    ★駒大21大会連続23回目
    ★早大10大会連続22回目
    ★東海大3大会連続29回目
    ★明大9大会連続10回目
    山梨学院大5大会連続29回目
    日大2大会連続39回目
    日体大7大会連続39回目
    拓大9大会ぶり8回目
    帝京大2大会連続9回目
    国学院大2大会連続4回目
    中央学院大4大会連続10回目
    大東大4大会連続41回目
    国士舘大6大会ぶり11回目
【北信越】新潟大3大会ぶり10回目
【東海】岐阜経大2大会連続3回目
【関西】関西学院大6大会連続8回目
    京産大4大会連続44回目
    大阪経大2大会ぶり21回目
    立命大16大会連続28回目
【中国・四国】広島経大3大会連続20回目
【九州】日本文理大3大会ぶり9回目

※★は前年成績によるシード校。このほか東海学連選抜と、東海を除く全国7地区学連による全日本大学選抜チームがオープン参加

関連キーワード

  • 全日本大学駅伝(2015年12月28日 朝刊)

    箱根駅伝と出雲駅伝とともに「大学3大駅伝」のひとつで、1970年に始まった。今は名古屋市の熱田神宮から伊勢市の伊勢神宮内宮までの8区間106・8キロのコースで、全国の大学25校が日本一を競う。11月1日にあった第47回大会では、東洋大が5時間13分4秒で初優勝し、2位は青山学院大、3位は駒沢大だった。

※このツイートは、Twitter社の提供するTwitterAPIを利用して自動的に表示しています。朝日新聞社は、ツイートによる情報によって生じたいかなる損害に対しても、一切の責任を負いません。なお、外部サイトへのリンク表示も含まれます。最新ブラウザの使用をおすすめします。お使いのブラウザによっては正しく表示されない場合があります。

最新ニュース

(中西哲生)社会があって、その競技がある(2017/1/8)

■SPORTS 日本ヂカラ 新春の箱根駅伝は、青山学院大が3連覇を果たしました。しかも今年は、出雲駅伝、全日本大学駅伝と合わせ、3冠です。選手の頑張りとともに、世の中でよく語られている通り、原晋監督が[続きを読む]

写真

  • 2015年12月、全日本大学女子選抜駅伝のセレモニーであいさつ=日本学生陸上競技連合提供
  • スポーツジャーナリストの中西哲生さん
  • 悲願の4大大会初優勝を狙うテニスの錦織圭=AFP時事
  • 北海道新幹線が開業
  • 作戦名を発表する青学大の原晋監督
  • 作戦名を発表する青学大の原晋監督(右から3人目)と、静かに聞いていた東洋大の酒井俊幸監督(同2人目)、駒大の大八木弘明監督(右端)
  • 青学大の一色恭志選手
  • 男子マラソン強化について話しあう右から尾方剛氏、藤田敦史氏、森田修一氏、瀬古利彦氏=11月22日午後、福岡・天神、福岡亜純撮影
  • 原晋さん  
  • 4区、区間賞を獲得した早大の永山博基
  • 8区、早大の安井雄一(右)をかわして首位に立つ青学大の一色恭志=高橋雄大撮影
  • ガッツポーズでゴールする青学大の一色恭志選手=川津陽一撮影
  • 6区を力走した東海学連選抜の岸田裕也選手=松阪市曽原町
  • 22位でゴールする日本文理大アンカーの興儀達朗選手=三重県伊勢市、川津陽一撮影
  • 第5中継所で島袋匠選手(右)にたすきをつなぐ安田翔一選手=津市上浜町1丁目
  • 5区を走る生川智章選手=6日、三重県鈴鹿市、吉本美奈子撮影
  • ゴール手前で優勝を確信し、右の人さし指を突き上げる青学大の一色恭志選手=川津陽一撮影
  • 一斉にスタートする全日本大学駅伝=名古屋市熱田区、吉本美奈子撮影
  • 8区で山梨学院大・ニャイロが追い上げ、駒大の大塚祥平を抜く=6日、三重県伊勢市、吉本美奈子撮影
  • 8区、早大の安井雄一(右)をかわして首位に立つ青学大の一色恭志=高橋雄大撮影
  • 3区、首位に立つ早大の鈴木洋平=高橋雄大撮影
  • 1位でゴールする青山学院大学の一色恭志=角野貴之撮影
  • 開会式で、優勝旗を返還する前年優勝の東洋大の選手たち=5日午後、朝日新聞名古屋本社、吉本美奈子撮影
  • 第14回大会で2位に大差をつけゴールする日体大アンカーの谷口浩美さん=1983年1月、伊勢神宮内宮前
  • 記者会見する各大学の監督たち=川津陽一撮影
  • 谷口浩美さん
  • 駒大の中谷圭佑
  • 青学大の一色恭志=相模原市中央区
  • 全日本大学駅伝コース図
  • 昨年の大会で熱田神宮を一斉にスタートする選手たち

朝日新聞スポーツTwitter

朝日新聞高校野球Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。