メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

第50回全日本大学駅伝

  • 全日本大学駅伝

    箱根駅伝と出雲駅伝とともに学生の「3大駅伝」のひとつ。1970年に始まった。名古屋市の熱田神宮から三重・伊勢市の伊勢神宮内宮までの8区間106・8キロのコースで、全国8地区の選考会を突破した25大学が日本一を競う。

全日本大学駅伝大会ホームページへ

コース図

※このツイートは、Twitter社の提供するTwitterAPIを利用して自動的に表示しています。朝日新聞社は、ツイートによる情報によって生じたいかなる損害に対しても、一切の責任を負いません。なお、外部サイトへのリンク表示も含まれます。最新ブラウザの使用をおすすめします。お使いのブラウザによっては正しく表示されない場合があります。

最新ニュース

写真・図版

愛知工大と皇学館大が伊勢路へ 大学駅伝・東海選考会(2018/6/10)

 第50回全日本大学駅伝の東海地区選考会(東海学生陸上競技連盟主催、朝日新聞社など後援、JAバンク協賛)が10日、愛知・半田運動公園陸上競技場で行われ、愛知工大と皇学館大がともに2大会連続出場を決めた…[続きを読む]

写真

  • スタート直後に競り合う選手たち=京都市右京区の西京極陸上競技場
  • 東海地区選考会の4組でスパートをかける愛知工大の植松(右から2人目)、鈴木(右)
  • 選考会で2組1位に入り、出場権獲得に貢献した上村直也選手(右)と兄の一真主将=2018年6月10日、愛知県半田市の半田運動公園陸上競技場
  • 2組で先頭集団を走る大阪経済大の福井智也選手(左端)と松原恭祐選手(左から2人目)=京都市の西京極総合運動公園陸上競技場
  • 1組で先頭を引っ張る立命大の原田(右端)と西川
  • 雨が降る中、3組の先頭を引っ張る立命大の高畑祐=京都市の西京極総合運動公園陸上競技場
  • 最終4組でガッツポーズをしながら1位でフィニッシュする愛知工大の植松(右)
  • 第3組で競り合う第一工大(右)と日本文理大の選手たち
  • 拓大の岡田監督(左)とデレセ主将
  • 5000メートルで先頭を走る塩尻(順大)
  • 山梨学院大・上田誠仁監督 
  • トークショーでは、日比勝俊・皇学館大監督(右から2人目)、鈴木英敬・三重県知事(同3人目)、松本正之・日本学生陸上競技連合会長(左端)らが話を弾ませた=2018年5月26日、東京都中央区の三重テラス
  • 渡辺康幸さん  
  • ガッツポーズで優勝のテープを切る青学大の梶谷瑠哉
  • 優勝のテープを切る青学大の梶谷瑠哉
  • 鶴谷邦弘さん  
  • 駅伝の報徳学園高元監督、鶴谷邦弘さん
  • 青葉昌幸さん
  • 駒沢大健康づくり教室でジョギングコースの参加者に囲まれる森本葵=2017年11月
  • 青学大の林
  • 今年の箱根駅伝7区で区間新の快走を見せた青学大の林奎介
  • 第50回全日本大学駅伝の新区間距離
  • 第50回 全日本大学駅伝の新区間距離
  • 食べることに苦しむアスリート
  • 食べることに苦しむアスリート/アスリートの食事例
  • 昨年の全日本大学駅伝。5区で競り合う選手たち
  • 順大の9区は中村陵介。長門俊介監督の思いを乗せて走る
  • 東洋大の小早川健
  • 2016年の第48回全日本大学駅伝で区間賞を獲得した早大の永山博基
  • 力走する東洋大3区の山本=代表撮影
  • 往路を1位でゴールする東洋大の田中=時事
  • 東洋大の酒井俊幸監督

朝日新聞スポーツTwitter

朝日新聞高校野球Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。