ジャパンウォーク in SENDAI 2017春

ジャパンウォーク2017春実行委員会参加企業


第3回 2017年6月17日(土)弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)

ジャパンウォークとは

2020年に東京で開かれるオリンピック・パラリンピック競技大会を盛り上げ、障がいのある方もない方も、だれもが分け隔てなく、ともに暮らす社会を目指します。そのためのきっかけ作りとして、多くのオリンピアン・パラリンピアンと一緒に歩き、一緒に障がい者スポーツなどを楽しめる、複数のプログラムをご用意します。

大会概要・募集要項

2020年に東京で開かれるオリンピック・パラリンピックを盛り上げ、障がいのある方もない方も、だれもが分け隔てなく、ともに暮らす社会を目指します。そのためのきっかけ作りとして、一緒に歩き、一緒に障がい者スポーツなどを楽しんでもらえる複数のプログラムをご用意しています。

大会名称 ジャパンウォーク in SENDAI ―オリンピアン・パラリンピアンと歩こう 2017春
開催日 2017年6月17日(土)
スケジュール

ロングコース

受付時間 出発式 スタート時間 ゴール時間
受付時間9:00~9:45 出発式9:30 スタート時間10:00 ゴール時間11:30~15:00

ショートコース

受付時間 出発式 スタート時間 ゴール時間
受付時間9:00~10:15 出発式9:30 タート時間10:30 ゴール時間11:30~15:00
スタート・ゴール会場 弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)
仙台市宮城野区宮城野2-11-6
募集人数 先着2000人(両コース合わせて)
主催 ジャパンウォーク2017春実行委員会
参加費 事前申し込み 1500円(申し込み締め切り5月28日)
当日申し込み 2000円
※中学生以下無料
※申し込み締め切り前であっても、定員に達した時点で締め切ります。なお、事前申し込みで定員に達した場合は「当日申し込み」はありません
表彰 ロングコース、ショートコース共にゴールした方には「ゴール証」を贈呈
参加記念品 大会記念Tシャツ

事前申し込み締め切り 5月28日(日)まで延長!

参加お申し込みはこちら

コース紹介

ショートコース(約4㎞)

大半が広い歩道で、障がいの有無に関わらずどなたでも参加しやすいコースです。

ロングコース(約15㎞)

広瀬川沿いなどを歩く体力に自信がある方向きの所要3~4時間のコースです。

スタート:ゴール地点
弘進ゴムアスリートパーク仙台
(仙台市陸上競技場)

スタート・ゴール会場へのアクセス

電車: JR仙石線「宮城野原駅」下車 徒歩5分
バス: 宮城交通バス「原町一丁目」下車 徒歩10分
仙台市営バス
「二軒茶屋・東華中学校前」下車 徒歩8分
「宮城野原総合運動場前」下車 徒歩3分

ゲストアスリート

一緒に歩くオリンピアン・パラリンピアンです。(50音順、敬称略)

O:オリンピアン、P:パラリンピアン

  • O伊藤 華英
    いとう・はなえ

    1985年、埼玉県生まれ。2008年(北京)は競泳背泳ぎ、12年(ロンドン)は自由形で出場。現在は、スポーツコメンテーターとして活躍中。

  • O荻原 次晴
    おぎわら・つぎはる

    1969年、群馬県生まれ。98年(長野)、ノルディック複合選手として出場。双子の兄・健司とそろって入賞。スポーツキャスターとして活躍中。

  • P神保 康広
    じんぼ・やすひろ

    1970年、東京都生まれ。バイク事故で車いす生活に。18歳で車いすバスケを始め、92年(バルセロナ)から4大会連続出場。2000年から留学した米国でも活躍。

  • O菅原 智恵子
    すがわら・ちえこ

    1976年、宮城県生まれ。フェンシング選手。2004年(アテネ)から3大会連続出場。08年(北京)フルーレ個人で日本人初入賞の7位。続く12年(ロンドン)でも7位入賞を果たした。

  • P田口 亜希
    たぐち・あき

    1971年、大阪府生まれ。射撃選手。25歳の時、車いす生活に。退院後にビームライフルを始め、実弾を使用するライフルに転向。2004年(アテネ)から3大会連続で出場。

  • O千田 健太
    ちだ・けんた

    1985年、宮城県生まれ。中学からフェンシングを始め、2008年(北京)、日本代表選手として初出場。2012年(ロンドン)では男子フルーレ団体で銀メダルを獲得した。

  • P中田 崇志
    なかた・たかし

    1979年、東京都生まれ。2004年(アテネ)では高橋勇市選手の伴走でマラソン金メダル。12年(ロンドン)では、和田伸也選手の伴走で5000m銅メダル。16年(リオデジャネイロ)にも伴走者として出場。

  • P花岡 伸和
    はなおか・のぶかず

    1976年、大阪府生まれ。17歳から車いす生活に。その後車いすマラソンを始め、2004年(アテネ)、12年(ロンドン)に出場し、入賞。現在も国内外のレースに参戦。

  • P廣瀬 誠
    ひろせ・まこと

    1976年、愛知県生まれ。17歳の時に病気で視力が低下。柔道で2004年(アテネ)から4大会連続で出場。16年(リオデジャネイロ)では3大会ぶりに60kg級で銀メダル獲得。

  • O藤本 隆宏
    ふじもと・たかひろ

    1970年、福岡県生まれ。88年(ソウル)、日本男子競泳史上最年少で初出場。92年(バルセロナ)、400m個人メドレーで8位入賞。俳優として活躍中。

  • O松田 丈志
    まつだ・たけし

    1984年、宮崎県生まれ。2004年(アテネ)から4大会連続出場し、銀メダル1個、銅メダル3個を獲得。特に今夏の800m自由形リレーで52年ぶりの銅メダル獲得は記憶に新しい。9月に引退。

  • P三宅 克己
    みやけ・かつみ

    1971年、愛知県生まれ。18歳の時に交通事故に遭い、退院後から車いすバスケを始めた。96年(アトランタ)、2000年(シドニー)、04年(アテネ)の3大会に出場

  • O三宅 宏実
    みやけ・ひろみ

    1985年、埼玉県生まれ。重量挙げ女子48キロ級で、2004年(アテネ)から4大会連続出場。12年(ロンドン)は銀、リ16年(リオデジャネイロ)で銅。宮城県出身の父義行さんは1968年(メキシコ)の銅メダリスト。

同日開催イベント

ウォーキングに参加する方にもそうでない方にも、楽しんでいただけるプログラムをご用意しました。ゲストアスリートも参加します。
事前申し込みは不要ですので、奮ってご参加ください。
(開催時間 11:30~16:00)

  • 車いすバスケットボール

    バスケットボール用車いすを操作しながら、ドリブルをしたりシュートしたりします。正式な試合では、コートの大きさやリングの高さは一般のバスケットボールとほぼ同じです。

  • ボッチャ

    てのひらに収まる大きさのボールを投げたり転がしたりして目標に近づけ、点数を競い合います。シンプルだけれど奥の深い競技です。

  • 陸上競技用車いす(レーサー)

    日常用の車いすより姿勢が低くなる競技用車いすで走ってみると、普段と違う視界が広がります。

  • スポーツVR

    トラックを走るレーサーのほか、東京2020大会に新競技として登場するスポーツクライミングとスケートボードの3競技を楽しめます。

事前申し込み締め切り 5月28日(日)まで延長!

参加お申し込みはこちら

PAGE TOP