ジャパンウォーク2018秋

お知らせ

  • 2018.9.13 全コース定員になりましたので、申し込み受付を終了しました。キャンセル待ちを受け付けておりますので、ご希望の方は下記の申し込みボタンよりお申し込みください。
  • 2018.8.24 9月3日から横浜市民先行受付が始まります(9日まで)! 横浜市在住、在勤の方はふるってお申し込み下さい。10日からはどなたでも申し込める「事前申し込み受付」が始まります! 皆様のご参加、お待ちしております!!

ジャパンウォークとは

2020年に東京で開かれるオリンピック・パラリンピック競技大会を盛り上げ、
障がいのある方もない方も、だれもが分け隔てなく、ともに暮らす社会を目指します。
そのためのきっかけ作りとして、多くのオリンピアン・パラリンピアンと一緒に歩き、
一緒に障がい者スポーツなどを楽しめる、複数のプログラムをご用意します。

2018年5月開催のジャパンウォークの様子

2018年5月開催のジャパンウォークの様子

2018年5月開催のジャパンウォークの様子

2018年5月開催のジャパンウォークの様子

2018年5月開催のジャパンウォークの様子

大会概要・募集要項

東京2020オリンピック・パラリンピック応援イベントジャパンウォーク in YOKOHAMA 2018秋

開催日

2018年11月10日(土)

スタート・ゴール会場

象の鼻パーク
(横浜市中区海岸通1丁目)

募集人数

4,000人

スケジュール
ロングコース(約12km)
 
受付時間 8:30~9:15
出発式 9:00
スタート時間 9:30
ゴール時間 12:00~15:00
ミドルコース(約8km)
ショートコース(約4km)
受付時間 10:00~10:45
出発式 10:30
スタート時間 11:00
ゴール時間 12:00~15:00
参加費

事前申し込み 1,500円(※1) 申し込み締め切り10月14日(※2)
当日申し込み 2,000円

※1 中学生以下無料。ただし、申し込みは必要です。
※2 申し込み締め切り前であっても、定員に達した時点で締め切ります。
なお、事前申し込みで定員に達した場合は「当日申し込み」はありません。

表彰

ゴールした方には「ゴール証」を贈呈

参加記念品

ゴール証、大会記念Tシャツ

主催

ジャパンウォーク2018実行委員会

コース紹介

ロングコース(約12km)

みなとみらい地区から横浜スタジアム、元町、山下公園を巡ります

ミドルコース(約8km)

赤レンガ倉庫や臨港パーク、汽車道などみなとみらい地区を巡ります

ショートコース(約4km)

日本大通りから横浜スタジアム、山下公園を巡ります

象の鼻パーク(横浜市中区海岸通1丁目)

Google マップで見る

スタート・ゴール会場へのアクセス
電車:みなとみらい線「日本大通り駅」から徒歩5分

※無料駐車場のご用意はありません。

ゲストアスリート

一緒に歩くオリンピアン・パラリンピアンです。(50音順、敬称略)
O:オリンピアン、P:パラリンピアン

  • O池谷 幸雄
    いけたに・ゆきお

    1970年、東京都生まれ。体操選手として88年(ソウル)、92年(バルセロナ)の2大会連続でメダルを獲得。タレントとして活躍する傍ら、選手育成も行っている。

  • O伊藤 華英
    いとう・はなえ

    1985年、埼玉県生まれ。2008年(北京)は競泳背泳ぎ、12年(ロンドン)は自由形で出場。現在は、スポーツコメンテーターとして活躍中。17年から、組織委員会戦略広報課担当係長に。

  • Oエリック・ワイナイナ

    1973年、ケニア生まれ。高校卒業後来日し、マラソンで96年(アトランタ)銅メダル、2000年(シドニー)銀メダルを獲得。3大会連続出場となった04年(アテネ)では7位入賞を果たす。

  • O荻原 次晴
    おぎわら・つぎはる

    1969年、群馬県生まれ。98年(長野)、ノルディック複合選手として出場。双子の兄・健司とそろって入賞。スポーツキャスターとして活躍中。

  • O小椋 久美子
    おぐら・くみこ

    1983年、三重県生まれ。8歳からバドミントンを始め、2002年から潮田玲子選手とダブルスを組み、全日本大会5連覇。2008年(北京)は5位入賞。

  • P鹿沼 由理恵
    かぬま・ゆりえ

    1981年、東京都生まれ。先天性視覚障がい。2006年よりクロスカントリースキーを始め、2010年(バンクーバー)出場。サイクリング(タンデム)へ転向後、16年(リオデジャネイロ)銀メダル。今年、骨髄炎のため左前腕を切断。スポーツへの復帰を目指している。

  • O川上 直子
    かわかみ・なおこ

    1977年、兵庫県生まれ。小学1年の時からサッカーを始め、2001年日本代表に選出される。04年(アテネ)、右サイドバックとして出場。ベスト8進出を決めた。

  • P田口 亜希
    たぐち・あき

    1971年、大阪府生まれ。射撃選手。25歳の時、車いす生活に。2004年(アテネ)から3大会連続で出場。現在、東京2020組織委員会アスリート委員として機運醸成に尽力する。

  • O勅使川原 郁恵
    てしがわら・いくえ

    1978年、岐阜県生まれ。スピードスケートショートトラック選手として活躍。1998年(長野)、2002(ソルトレークシティ)、2006年(トリノ)と3大会連続出場。現在はヘルスケアスペシャリストとして活躍。

  • O中川 真依
    なかがわ・まい

    1987年、石川県生まれ。小学1年生の時から飛び込みを始め、21歳で出場した2008年(北京)は11位、2012年(ロンドン)は18位と健闘した。

  • P中山 和美
    なかやま・かずみ

    1983年、千葉県生まれ。2007年に脊髄梗塞を発症し、両下肢麻痺に。2016年(リオデジャネイロ)、車いす400m、800m、1500mに出場した。

  • O松田 丈志
    まつだ・たけし

    1984年、宮崎県生まれ。2004年(アテネ)から4大会連続出場。08年(北京)は銅、12年(ロンドン)は銅と日本競泳男子史上初の銀、2016年(リオデジャネイロ)には銅を獲得。

  • O三浦 大輔
    みうら・だいすけ

    1973年奈良県生まれ。91年、大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)入団。2004年(アテネ)出場、銅メダル獲得。「ハマの番長」として親しまれ、横浜でプレーし続けた。16年現役引退。現在はベイスターズのスペシャルアドバイザー。

  • P山田 拓朗
    やまだ・たくろう

    1991年、兵庫県生まれ。先天性左前腕亡失。競泳選手として2004年(アテネ)から4大会連続出場。16年(リオデジャネイロ)の50m自由形で銅メダル獲得。

会場地図

 当日申し込みを希望する方は、受付時間内に会場内の「当日申込受付」にお越し下さい。事前申し込みの方と合わせて、全コースで5000人に達した時点で締め切ります。

参加費  2000円(※中学生以下無料)
ロングコース受け付け時間   8:30~ 9:15
ミドルコース受け付け時間  10:00~10:45

◆ジャパンウォーク事務局  03(3265)5400(ニッポン放送プロジェクト内)

PAGE TOP