オリンピアン・パラリンピアントと歩こう ジャパンウォーク in TOKYO/2016 秋

ジャパンウォーク2016秋実行委員会

第2回 2016 11/23[水・祝] ※雨天決行 [会場]スタート/ゴール 東京都江東区豊洲エリア
実行委員会より
11月23日に開催した「ジャパンウォークin TOKYO―オリンピアン・パラリンピアンと歩こう2016秋」のウォーキング参加者数は、31人のオリンピアン・パラリンピアンを含む2082人でした。障がい者スポーツ体験会など付帯イベントには997人が参加、イベント全体の参加者数は延べ3079人となりました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。 また、大学生と社会人合わせて154人がボランティアとして運営に関わってくれました。2020年に向けて、ボランティア育成を続けていきます。 「ジャパンウォーク」は多くの皆様にご参加いただけるよう、様々な試みを重ねながら続けていく予定です。 次回、お会いできる日を楽しみにしております!

大会概要
募集要項

2020年に東京で開かれるオリンピック・パラリンピックを盛り上げ、障がいのある人もない人も、だれもが分け隔てなく、ともに暮らす社会を目指します。そのためのきっかけ作りとして、一緒に歩き、一緒に障がい者スポーツなどを楽しんでもらえる複数のプログラムをご用意しています。

開催日 2016年11月23日(水曜・祝日)
時間
受付時間 ロングコース 8:30〜9:15
ショートコース 10:00〜10:45
出発式 ロングコース 9:00〜
ショートコース 10:30〜
スタート時間 ロングコース 9:30〜
ショートコース 11:00〜
ゴール時間 ロング・ショート共通 12:00〜15:00
スタート アーバンドック ららぽーと豊洲(東京都江東区豊洲2-4-9)
ゴール がすてなーに ガスの科学館(東京都江東区豊洲6-1-1)
募集人数 先着2000人
参加費 事前申し込み 1500円(申し込み締め切り10月31日)
当日申し込み 2000円
※中学生以下無料。事前申し込みで定員に達した場合、当日申し込みはできません。
表彰 ロングコース、ショートコース共にゴールした方には「ゴール証」を贈呈
参加記念品 大会記念Tシャツ
参加申し込みはこちら

※参加申し込みは定員に達したため、締め切りました。

コース紹介

  • ショートコース(約4㎞) ショートコース(約4㎞) 定員に達したため受付終了しました。 障がいのある方や小さなお子様連れの方など、どなたでも参加しやすいコースです。
  • ロングコース(約13㎞) ロングコース(約13㎞) 定員に達したため受付終了しました。 体力に自信がある方に向いた、所要3~4時間のコースです。

ジャパンウォーク・ガイドはこちら バリアフリー設備やコース上での注意点、
街の景観などを地図上で確認できます。

  • スタート地点 アーバンドッグ ららぽーと豊洲 アーバンドッグ ららぽーと豊洲 約180のショップやレストランが集まる大型商業施設。スタイリッシュな館内には最新ファッション、生活雑貨、インテリアを扱うショップや、スポーツ用品店、東京湾を臨むレストラン、カフェなど幅広く揃っています。造船ドックとクレーンを産業遺構として残した広場が特徴です。
  • ゴール地点 がすてなーに ガスの科学館 がすてなーに ガスの科学館 ガスの特徴や役割、エネルギーについてわかりやすく学べる東京ガスの見学施設です。七つの展示ゾーンを巡りながら、クイズに挑戦したり、実験に参加したり、楽しく学べます。入場無料。芝生の広がった屋上広場など、広くてユニークな施設そのものが目印です。

ゲストアスリート

【動画】金津法行撮影

オリンピアン カヌー選手・羽根田卓也さん(29)

北京2008年大会、ロンドン2012年大会、リオデジャネイロ2016大会の3大会出場

 9歳からカヌーを始め、高校3年生で日本選手権優勝。3月に高校を卒業すると、「好きな選手がいたから」と単身スロバキアに渡りました。それから10年間、スロバキアで鍛え、今夏のリオデジャネイロ2016大会で3位を獲得。日本カヌー界の念願だった初のメダルとなりました。その羽根田選手から、参加者の皆様にメッセージが届いています。

みなさん、こんにちは。カヌー競技の羽根田卓也です。
ジャパンウォークには僕も参加しますので皆様、ぜひ、一緒に楽しく歩ければな、と思います。東京2020では、今度一緒に歩く皆様の期待に応えられるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。

【動画】豊吹雪撮影

パラリンピアン 車いすテニス選手・齋田悟司さん(44)

アトランタ1996年大会から6大会連続出場

14歳から車いすテニスを始めた齋田選手は、2003年には日本人選手として初めて、国際テニス連盟が選出する「世界車いすテニスプレーヤー賞」を受賞。国枝慎吾選手と組んだアテネ2004年大会では男子ダブルスで金、北京2008年大会、リオデジャネイロ2016年大会では銅メダルを獲得しています。国内有数のトッププレイヤーである齋田選手からのメッセージです。

車いすテニスの齋田悟司です。自分は、これまで6回連続パラリンピックに出場しています。今度、2020年、東京でオリンピック・パラリンピックが開催されますが、そちらにもぜひ出場して、みんなと一緒に車いすテニスを盛り上げたいなと思っています。皆さん、車いすテニス、見て、楽しんでください。今回、初めて「ジャパンウォークin TOKYO」に参加します。自分は4㎞を選択しましたが、楽しんで、そして、みんなとふれ合いながら、ジャパンウォークを楽しみたいと思っています。皆さんと参加できるのを楽しみにしています。よろしくお願いします。

一緒に歩くオリンピアン・パラリンピアンです。(50音順、敬称略)

  • 芦田 創
    芦田 創 あしだ・はじむ/1993年、兵庫県生まれ。右上肢機能障がい。高校から陸上を始め、2016年(リオデジャネイロ)の陸上400mリレーで銅メダルを獲得。
  • 足立 聖弥
    足立 聖弥 あだち・せいや/1995年、岐阜県生まれ。水球の日本代表に選ばれ、2016年(リオデジャネイロ)はチーム最年少、唯一の現役大学生として出場。ブラジル戦で得点を挙げた。
  • 伊藤 華英
    伊藤 華英 いとう・はなえ/1985年、埼玉県生まれ。2008年(北京)は競泳背泳ぎ、12年(ロンドン)は自由形で出場。現在は、スポーツコメンテーターとして活躍中。
  • 岩崎 恭子
    岩崎 恭子 いわさき・きょうこ/1978年、静岡県生まれ。92年(バルセロナ)、平泳ぎ200mで史上最年少金メダリストに輝く。現在、スイミングアドバイザーとして活動している。
  • 上与那原 寛和
    上與那原 寛和 うえよなばる・ひろかず/1971年、沖縄県生まれ。バイク事故で28歳の時、車いす生活に。知人に誘われて車いすマラソンに参加。2008(北京)、2012(ロンドン)2016(リオデジャネイロ)の3大会出場。
  • 大西 瞳
    大西 瞳 おおにし・ひとみ/1976年、東京都生まれ。23歳の時、風邪がもとで心筋炎になり右大腿部を切断。2016年(リオデジャネイロ)では、陸上100mと走り幅跳びに出場した。
  • 荻原 次晴
    荻原 次晴 おぎわら・つぎはる/1969年、群馬県生まれ。98年(長野)、ノルディック複合選手として出場。双子の兄・健司とそろって入賞。スポーツキャスターとして活躍中。
  • 河合 純一
    河合 純一 かわい・じゅんいち/1975年、静岡県生まれ。15歳で失明。競泳選手として92年(バルセロナ)から連続6大会出場。獲得メダルは日本人最多の21個。今年、日本人初の「パラリンピック殿堂」入りを果たした。
  • 具志堅 幸司
    具志堅 幸司 ぐしけん・こうじ/1956年、大阪府生まれ。84年(ロサンゼルス)、体操競技の個人総合とつり輪で金メダル、跳馬で銀メダル、団体総合と鉄棒で銅メダルを獲得。
  • 齋田 悟司
    齋田 悟司 さいだ・さとし/1972年、三重県生まれ。12歳の時に病気で左足を切断。車いすテニスで96年(アトランタ)から6大会連続出場。男子ダブルスで金メダル1個、銅メダル2個を獲得。
  • 神保 康広
    神保 康広 じんぼ・やすひろ/1970年、東京都生まれ。バイク事故で車いす生活に。18歳で車いすバスケを始め、92年(バルセロナ)から4大会連続出場。2000年から留学した米国でも活躍。
  • 多川 知希
    多川 知希 たがわ・ともき/1986年、神奈川県生まれ。先天性右上肢機能障がい。2008年(北京)から3大会連続で出場。16年(リオデジャネイロ)の陸上400mリレーで銅メダルを獲得。
  • 田口 亜希
    田口 亜希 たぐち・あき/1971年、大阪府生まれ。射撃選手。25歳の時、車いす生活に。退院後にビームライフルを始め、実弾を使用するライフルに転向。2004年(アテネ)から3大会連続で出場。
  • 土田 和歌子
    土田 和歌子 つちだ・わかこ/1974年、東京都生まれ。交通事故で車いす生活に。冬季はアイススレッジスピードレースで金と銀を各2個。夏季は中距離とマラソンで金・銀・銅を1個ずつ獲得。
  • 登坂 絵莉
    登坂 絵莉 とうさか・えり/1993年、富山県生まれ。9歳のころからレスリングを始める。2016年(リオデジャネイロ)の48kg級決勝では、終了間際の劇的な逆転勝利で金メダルを獲得。
  • 冨田 千愛
    冨田 千愛 とみた・ちあき/1993年、鳥取県生まれ。高校入学と同時にボート競技を始める。2016年(リオデジャネイロ)、女子軽量級ダブルスカルに出場し、準決勝レースまで進出した。
  • 中田 崇志
    中田 崇志 なかた・たかし/1979年、東京都生まれ。2004年(アテネ)では、高橋勇市選手の伴走でマラソン金メダル。12年(ロンドン)では、和田伸也選手の伴走で5,000m銅メダル。16年(リオデジャネイロ)にも伴走者として出場。
  • 中野 紘志
    中野 紘志 なかの・ひろし/1987年、石川県生まれ。ボートを始めたのは大学1年。今年4月のアジア・オセアニア予選で2位に入り、2016年(リオデジャネイロ)では軽量級ダブルスカルに出場。
  • 二條 実穂
    二條 実穂 にじょう・みほ/1980年、北海道生まれ。大工として働いていた2003年、貧血を起こして足場から落下し、車いす生活に。16年(リオデジャネイロ)の車いすテニス女子ダブルスで4位入賞。
  • 花岡 伸和
    花岡 伸和 はなおか・のぶかず/1976年、大阪府生まれ。17歳から車いす生活に。その後車いすマラソンを始め、2004年(アテネ)、12年(ロンドン)に出場し、入賞。現在はハンドサイクル競技に転向。
  • 羽根田 卓也
    羽根田 卓也 はねだ・たくや/1987年、愛知県生まれ。2008年(北京)から3大会連続で出場。16年(リオデジャネイロ)、カヌースラロームカナディアンシングルで、銅メダル獲得。カヌー競技では日本代表選手初のメダル。
  • 濱田 真由
    濱田 真由 はまだ・まゆ/1994年、佐賀県生まれ。2015年の世界テコンドー選手権大会女子57kg級で日本人初優勝。16年(リオデジャネイロ)、唯一のテコンドー日本代表選手として出場。
  • 樋口政幸
    樋口 政幸 ひぐち・まさゆき/1979年、新潟県生まれ。24歳の時に交通事故で車いす生活に。2012年(ロンドン)の800mとマラソンに出場。16年(リオデジャネイロ)では1500mと5000mで入賞。
  • 樋口 黎
    樋口 黎 ひぐち・れい/1996年、大阪府生まれ。高校時代にインターハイ2連覇。2016年(リオデジャネイロ)、レスリングフリースタイル57㎏級で銀メダルを獲得した。
  • 廣瀬 誠
    廣瀬 誠 ひろせ・まこと/1976年、愛知県生まれ。17歳の時に病気で視力が低下。柔道で2004年(アテネ)から4大会連続で出場。16年(リオデジャネイロ)ではアテネ以来の60kg級銀メダル獲得。
  • 藤本隆宏
    藤本 隆宏 ふじもと・たかひろ/1970年、福岡県生まれ。88年(ソウル)、日本男子競泳史上最年少で初出場。92年(バルセロナ)、400m個人メドレーで8位入賞。俳優として活躍中。
  • 星奈津美
    星 奈津美 ほし・なつみ/1990年、埼玉県生まれ。2008年(北京)から3大会連続で出場。12年(ロンドン)、16年(リオデジャネイロ)とも、200mバタフライで銅メダル。
  • 堀越信司
    堀越 信司 ほりこし・ただし/1988年、長野県生まれ。生後間もなく網膜芽細胞腫により右眼を摘出し、左目も弱視に。2008年(北京)から3大会連続出場。16年(リオデジャネイロ)のマラソンで4位入賞。
  • 松田 丈志
    松田 丈志 まつだ・たけし/1984年、宮崎県生まれ。2004年(アテネ)から4大会連続出場し、銀メダル1個、銅メダル3個を獲得。特に今夏の800mフリーリレーで52年ぶりの銅メダル獲得は記憶に新しい。9月に引退。
  • 三宅 克己
    三宅 克己 みやけ・かつみ/1971年、愛知県生まれ。18歳の時に交通事故に遭い、退院後から車いすバスケを始めた。96年(アトランタ)、2000年(シドニー)、04年(アテネ)の3大会に出場。
  • 村田 由香里
    村田 由香里 むらた・ゆかり/1981年、兵庫県生まれ。元新体操選手。2001年から全日本選手権6連覇。00年(シドニー)では、団体5位入賞。04年(アテネ)では個人総合に出場した。
  • 山口 美咲
    山口 美咲 やまぐち・みさき/1990年、長崎県生まれ。生後10カ月から水泳を始める。2008年(北京)の800mフリーリレー代表。16年(リオデジャネイロ)の400mフリーリレーで8位入賞。

同日開催イベント

ウォーキングを楽しむ方にも、そうでない方にも、体を動かして
楽しんでいただけるプログラムをご用意しました。
春のジャパンウォークでも大好評でした。
ぜひ、チャレンジしてください!

シッティングバレー スポーツクライミング スケートボード

事前申し込みが必要です

  • 車いすバスケットボール 車いすを操作しながらドリブルやシュートにチャレンジ! 場所:豊洲西小学校体育館 時間:①12:00~13:00 ②14:30~15:30 【各回定員30人】
  • ブラインドサッカー 見えない世界で声を掛け合いボールを蹴る難しさを実感してみよう。 場所:豊洲西小学校校庭 時間:①12:00~13:00 ②14:30~15:30 【各回定員30人】
  • シッティングバレーボール 腕の力で体を移動させボールを追うハードな競技。 場所:豊洲西小学校体育館 時間:13:15~14:15 【定員30人】
  • 陸上競技用車いす(レーサー)試乗 車いすをこいでどこまでスピードが出せるかな? 場所:豊洲西小学校校庭 時間:13:00~14:30 【随時参加できます。】
  • シュートチャレンジ 車椅子バスケットボールの入門編。ゴールめがけてシュート! 場所:「がすてなーに」横ゴール地点 時間:12:50~15:30 【随時参加できます。】
  • スポーツVR体験 車椅子レーサーや東京2020年大会の新競技を疑似体験 場所:「がすてなーに」横ゴール地点 時間:12:50~15:30
  • アスリートトークショー オリンピックやパラリンピックの魅力、語り合います! 場所:「がすてなーに」横ゴール地点 時間:12:30~、13:30~ 【時間は変更される場合があります。】
参加申し込みはこちら

※参加申し込みは定員に達したため、締め切りました。

「ジャパンウォーク2016秋実行委員会」参加企業

  • 社名テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • 社名テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • 社名テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • 社名テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • 社名テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • 社名テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • 社名テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
主催

ジャパンウォーク2016秋実行委員会
(アシックスジャパン、JXエネルギー、セコム、NTT、みずほフィナンシャルグループ、三井不動産、朝日新聞社)

協力

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

後援

スポーツ庁、東京都、江東区、港区、江東区教育委員会、港区教育委員会、
公益財団法人日本オリンピック委員会、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会

運営協力

一般社団法人日本ウオーキング協会、
公益財団法人日本ケアフィット共育機構

施設協力

アーバンドック ららぽーと豊洲、
がすてなーに ガスの科学館