第4回 朝日新聞 障がい者スポーツシンポジウム「次世代へとつなげよう」

障がい者スポーツの持つ、競技の魅力や、共生社会実現へのヒントとなる価値は、広く注目されるようになってきました。その一方で、障がい者が身近にスポーツを楽しむ環境は、施設や指導者が不足しているなど十分とは言えません。そこで、第4回を迎えるこのシンポジウムでは、次世代のために、今起こすべきアクションについて話し合います。

イベント概要

開催日時 2019年1月22日(火) 13:30~16:00(13:00開場)
会場 有楽町朝日ホール(東京・有楽町マリオン11階
参加人数 600名様、無料招待(応募多数の場合は抽選)
主催 朝日新聞社
協賛 三菱商事、TANAKAホールディングス
後援 スポーツ庁、公益財団法人障がい者スポーツ協会、公益社団法人東京都障害者スポーツ協会(予定)

プログラム

第1部

オープニングトーク(15分)

「加速する取り組みの今」

  • 大日方 邦子氏(日本パラリンピアンズ協会 副会長)

大日方 邦子氏

第2部

ディスカッション①(45分)

「トップアスリートと普及の現場から浮き上がる新たな課題」

  • 上原 大祐氏(元パラアイスホッケー日本代表)
  • 高田 朋枝選手(ゴールボール選手)
  • 藤田 紀昭氏(日本福祉大学 スポーツ科学部 学部長)
  • コーディネーター
    増田 明美氏(スポーツジャーナリスト)

上原 大祐氏

藤田 紀昭氏

増田 明美氏

ディスカッション②(60分)

「“一歩先”のアクションで次世代へつなげよう」

  • 中川 翔子氏(歌手・タレント)
  • 上原 大祐氏(元パラアイスホッケー日本代表)
  • 堀 雄二氏(東京YMCA 社会体育・保育専門学校 校長)
  • コーディネーター
    増田 明美氏(スポーツジャーナリスト)

中川 翔子氏

上原 大祐氏

増田 明美氏

応募方法

インターネット こちらのリンクからご応募ください
郵便はがき・FAX

郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号、参加希望人数(最大2人まで)を記入してください。

[はがき]

〒104-8665 東京・晴海郵便局私書箱303号
朝日新聞東京本社メディアビジネス局
「障がい者スポーツシンポジウム」係

[FAX]

03-5972-6634 (「障がい者スポーツシンポジウム」係と明記してください)

締め切り

2019年1月15日(火)当日消印有効、FAX・インターネットは24:00まで

※応募多数の場合は抽選となります。当選者の発表は招待状の発送をもって代えさせていただきます。
※朝日新聞グループ(朝日新聞社、朝日新聞社のグループ企業およびASAなど朝日新聞を取り扱う新聞販売所)が取得した個人情報は、招待状の発送のほか、朝日新聞グループの事業活動に伴う(1)商品・サービスの配送・提供(2)商品・サービス・催し物の案内(3)既存の商品・サービスの改善や、新しい商品・サービスの開発などのための調査(4)提携企業等から提供された商品・サービス・催し物の案内およびプレゼントやアンケート類の送付などに利用します。

お問い合わせ

障がい者スポーツシンポジウム事務局
TEL 03-6264-7144
(10:00~17:00、土日祝日および12月28日(金)~1月4日(金)を除く)