メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ウィルチェアー(車いす)ラグビー

スピードと緻密さ 元代表が語る、車いすラグビーの魅力

 車いす同士が激しくぶつかり合うウィルチェアーラグビー。日本代表はリオデジャネイロ・パラリンピックの出場権をかけ、29日開幕のアジア・オセアニア選手権に臨む。元代表選手でいまはアシスタントコーチを務める三阪洋行さん(34)に、競技の魅力や代表チームの可能性を語ってもらった。[続きを読む]

■ウィルチェアー(車いす)ラグビーをもっと知る

ウィルチェアー(車いす)ラグビーのルールとは……

 ボールは丸い・1チームは4人……。車いすラグビーのルールをご紹介。[続きを読む]

ウィルチェアー(車いす)ラグビーの歴史とは……

 腕や脚にまひなどの障害がある人のための団体球技として1977年にカナダで考案された。車いす同士がぶつかり合うタックルが魅力の一つ……[続きを読む]

■日本代表のパラリンピックでの成績

2004年
アテネ大会8位金:ニュージーランド、銀:カナダ、銅:米国
2008年
北京大会7位金:米国、銀:オーストラリア、銅:カナダ
2012年
ロンドン大会4位金:オーストラリア、銀:カナダ、銅:米国

左から大会名、日本の順位、メダル獲得国

最新ニュース

ゴールドウイングループCSRレポート2017を発行しました(2017/8/8)

リリース発行企業:株式会社ゴールドウイン5つの柱に沿ったページ構成株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)は、本日、CSRレポート2017を発行しまし[続きを読む]

写真

  • 比嘉大吾選手
  • 車いすラグビーに挑戦したマコウ氏
  • 日本財団パラリンピックサポートセンターは、自分に合うパラスポーツを見つけることができるマッチングサイト「マイパラ! Find My Parasport」を立ち上げた(画像提供:日本財団パラリンピックサポートセンター)
  • リオ・パラリンピックのボッチャ決勝でボールを投げる日本チームの選手
  • 昨年8月、学生たちは上野公園のリオ五輪PV会場でボランティアとして活動した=日本外国語専門学校提供
  • 昨年8月、学生たちは上野公園のリオ五輪PV会場でボランティアとして活動した=日本外国語専門学校提供
  • 増田明美さん/ますだ・あけみ スポーツジャーナリスト 64年生まれ。高校3年の初マラソンで当時の日本最高記録を樹立。84年ロサンゼルス五輪代表。引退後は、スポーツジャーナリストとして活躍。大阪芸術大学教授。
  • 講演する日本障がい者スポーツ協会の高橋秀文常務理事=北村玲奈撮影
  • 千葉市の職員研修でゴールボールを体験する熊谷俊人市長(左端)ら=2016年7月、千葉市中央区
  • 千葉市の職員研修でゴールボールを体験する熊谷俊人市長(左端)ら=2016年7月
  • 近畿大の屋内プールで練習する一ノ瀬選手=加藤諒撮影

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

朝日新聞スポーツTwitter

朝日新聞高校野球Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。