現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 日本代表
  5. 記事

堺が誇るなでしこや! 出身2選手祝い垂れ幕

2011年7月20日0時49分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 大阪府堺市は19日、サッカーの女子ワールドカップ(W杯)で優勝した日本代表「なでしこジャパン」メンバーの市出身選手2人の活躍を祝う垂れ幕(長さ10メートル)を、市役所前の市民広場に揚げた。

 市によると、6試合すべてに先発し、決勝のPK戦でゴールを決めたMF阪口夢穂(みずほ)選手(23)は北区出身で、市立五箇荘東小学校と市立五箇荘中学校を卒業。1次リーグのニュージーランド戦に交代出場したDF田中明日菜選手(23)は南区出身で、市立御池台小学校、市立庭代台中学校を卒業した。(八田智代)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

釜本さんのコラムが新書に

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

  アサヒ・コム連載コラムを通じて、釜本邦茂さんが訴えてきたメッセージが新書になりました。組織を有効に機能させるのは、最後は個の力である。その個をあえて「蛮族」と呼ぶ。サッカーを通してみた日本、そして日本人論が詰め込まれています。
【アマゾン】 【楽天】 でどうぞ。