現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 日本代表
  5. 記事

30歳、目指す代表入り 福田健二

2008年7月29日11時2分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真日本代表入りなどの思いを語る福田健二=上嶋写す

 日本を飛び出して4年半。パラグアイ、メキシコ、スペインと渡り歩いたFW福田健二が、新シーズンに向けて日本国内で調整している。海外でもまれてきた30歳のストライカーが目指すのは、日本代表入りと10年W杯出場だ。01年に日本代表候補に選ばれて以来、代表には縁がないが、「海外でもどこでも結果を残せば、必ず日本代表に招集されると思う。自信はある」と意気込む。

 96年にJリーグ名古屋入りした福田は、3季目の98年にはリーグ戦で16得点。だが、不振に陥り、FC東京、仙台でプレーした後、Jリーグを離れた。04年、パラグアイ1部のグアラニに移籍。リーグ戦で10得点し、南米王者を争うリベルタドーレス杯でも1点を挙げた。異国でプレーの迷いが消えたという。

 「日本ではポストプレーや守備などいろいろなことを要求された。チームとしての役割は大事だが、やらされているような感じがして。でも海外で僕に求められたのはゴールすること。自分のやるべきことがはっきりわかった」

 「外国人枠」では、結果が出なければ先はない。だからこそ「やればやるほどやりがいを感じた」。速さと体の強さを生かして泥臭く得点するタイプ。厳しい環境に身を置いたことでゴールへの貪欲(どんよく)さに磨きがかかった。06〜07年シーズンに所属したスペイン2部のヌマンシアでは10得点でチーム得点王になり、地元メディアが選ぶ年間最優秀選手になった。

 新シーズンは、オファーがあるスペインのチームを第一候補に、日本も含めて移籍先を絞り込んでいる。スペイン2部のラスパルマスでプレーした昨季は、故障が続いて3得点。だが、「もっとやれる自信はある。より高いところで自分を成長させたい」とスペインにこだわる。

 「W杯まであと2年。サッカー人生の集大成として代表入り、W杯を目指したい。W杯に出れば、これまでお世話になった人に自分の成長を見せられる。それが一つの恩返しになる」(上嶋紀雄)

   *

 ふくだ・けんじ 77年10月、愛媛県生まれ。千葉・習志野高から96年に名古屋入りし、01年途中にFC東京、03年途中に仙台へ移った。J1通算は156試合40得点。97年世界ユース選手権(現20歳以下W杯)で8強入り。シドニー五輪予選出場。海外はまず中南米でプレーし、04年グアラニ(パラグアイ1部、リーグ戦10得点)、05年はパチューカ(メキシコ1部、12得点)、イラプアト(同2部、10得点)。06年からスペイン2部のカステリョン、ヌマンシア、ラスパルマスの順に所属し、通算15得点。178センチ、73キロ。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内