現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 日本代表
  5. 記事

オシム前監督が離日 サポーターら300人が見送る

2009年1月5日6時42分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真見送りのサポーターと握手するオシム氏

 サッカーの前日本代表監督で、昨年末に日本協会アドバイザーを退任したイビチャ・オシム氏(67)が4日、自宅があるオーストリアに向けて成田空港から離日した。J1千葉の監督時代も含めて03年から過ごした日本でのサッカー生活に別れを告げた。

 空港には千葉のサポーターを中心に約300人が見送りに訪れ、日本代表の阿部(浦和)や北京五輪代表監督の反町氏らも駆けつけて別れを惜しんだ。

 オシム氏は「多くの人に見送られ、うれしい。オシムが日本にいたことを忘れていない証拠。私も日本を去りたくない」と感激した様子。「泣いたのは私の人生の中で数えるほどしかないが、今日はそのうちの1回になるかもしれない」と話した。

 脳梗塞(こうそく)から順調に回復してきたが、万全ではない。搭乗前も貧血状態になって座り込み、最後は車いすで移動した。当面はオーストリアでリハビリを続ける。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内