現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 日本代表
  5. 記事

岡田監督「チームスポーツであることを証明できた」

2010年6月25日5時36分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大デンマーク戦に勝利し、拳を握りしめる岡田監督=越田省吾撮影

写真拡大前半、遠藤に指示を与える岡田監督=杉本康弘撮影

(W杯24日、日本3―1デンマーク)

 岡田武史監督 選手がおくすることなく、冷静に、かつ激しくプレーしてくれた。日本には他のチームにない力がある。選手にスタッフも加え、サッカーがチームスポーツであることを見事に証明してくれた。カメルーン戦の勝利がなければ何も起きなかった。初戦の勝利が印象深い。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

釜本さんのコラムが新書に

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

  アサヒ・コム連載コラムを通じて、釜本邦茂さんが訴えてきたメッセージが新書になりました。組織を有効に機能させるのは、最後は個の力である。その個をあえて「蛮族」と呼ぶ。サッカーを通してみた日本、そして日本人論が詰め込まれています。
【アマゾン】 【楽天】 でどうぞ。