現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 日本代表
  5. 記事
2011年12月23日0時53分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

なでしこの鮫島、熊谷両選手、宮城知事を表敬訪問

 サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」の鮫島彩選手と熊谷紗希選手が21日、宮城県の村井嘉浩知事を表敬訪問し、ワールドカップ・ドイツ大会での初優勝を報告した。

 両選手は仙台市の常盤木学園高校出身。鮫島選手は「宮城県のたくさんの方々から応援メッセージを頂き、それを励みに戦えた。今後もサッカーを通して恩返しできたら」。熊谷選手は「試合を通して『勇気をもらった』という言葉を頂けたのが本当にうれしかった。仙台でやってきたことが今の私の土台になっている」と話した。

 村井知事は「本当にすばらしい活躍をされ、国民が沈んでいるところに夢と希望を与えて下さった。宮城県の誇りです」とたたえた。21日は試合の都合で欠席した同高出身の田中明日菜選手と共に、3人を特別表彰した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

釜本さんのコラムが新書に

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

最前線は蛮族たれ(集英社新書)

  アサヒ・コム連載コラムを通じて、釜本邦茂さんが訴えてきたメッセージが新書になりました。組織を有効に機能させるのは、最後は個の力である。その個をあえて「蛮族」と呼ぶ。サッカーを通してみた日本、そして日本人論が詰め込まれています。
【アマゾン】 【楽天】 でどうぞ。