現在位置:asahi.com>スポーツ>サッカー>さいたまシティカップ2007> 記事

内舘、強烈ミドル・強豪を本気にさせた

2007年07月18日17時42分

 守備の人、浦和の内舘が強烈なミドルシュートで強豪をあわてさせた。前半25分、中盤で相手のプレッシャーがかからず、そのままドリブル。ゴールまで約25メートルの距離で右足を振り抜いた。「枠だけ狙えばいいと思った。みんなから冷やかされた」。堀之内に「あのスーパーシュートが入った瞬間は勝てると思いました」と言わせるほど。マンUを本気にさせる一発だった。

ここから広告です
広告終わり

PR情報

このページのトップに戻る