現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 海外サッカー
  5. 移籍情報
  6. 記事

移籍情報

C・ロナウド獲得を信じるカルデロン

2009年3月17日12時1分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真C・ロナウド獲得を信じるカルデロン

 [Goal.com] レアル・マドリー前会長のラモン・カルデロン氏は、マンチェスター・ユナイテッドMFクリスティアーノ・ロナウドがマドリーへ移籍することをまだ信じているようだ。スペイン『カデナ・セル』の番組「El Larguero」のなかで、同氏は次のように話している。

「私は、マドリーでの自分の仕事はいいものだったと信じている。我々は6つのタイトルを獲得した。クラブの収益は2倍になったし、シーズンが終わったら世界最高の選手の1人がクラブに加わるんだからね。そしてそれは、すべて私の仕事のお陰なんだ」

「昨夏は、大型補強を実現するのに適切なタイミングではなかった。しかし、マドリーは常にああいったスーパースターたちを惹きつけているんだ。選手たちが望む給料を支払うお金があるからね」

カルデロン氏は具体的な名前を挙げていないが、同会長は空港でミランMFカカーの代理人と話したとの噂を否定しており、スペイン『アス』はC・ロナウドのことに言及していると考えているようだ。

「間違った期待は抱かせたくない。噂とは事実ではないからね」

「いずれにしても、次の会長に必要なのは、世界最高の選手を獲得することだ」

一方、カルデロン氏は総会や次期会長選の場に出席することはないことも明かしている。

「私が総会に出席することはできない。そこから離れているように命じられたからね。今、私が言いたいのは、私は誰からも隠れることはないということだ。そして、もしも裁判に召喚されるなら、喜んで証言するということだよ」

「私は会長選にも参加しない。私が会長を辞したのは、それが私を殺しかけていたからであり、私と私の家族に対するあらゆる損害を考えなければならなかったからだ」

Goal.com

  
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内