現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. サッカー
  4. 海外サッカー
  5. リーガ・エスパニョーラ
  6. 記事

リーガ・エスパニョーラ

デ・ラ・レーの復帰に希望の光

2009年4月1日23時31分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真デ・ラ・レーの復帰に希望の光

 [Goal.com] レアル・マドリーに所属するMFルベン・デ・ラ・レーは、昨年10月に行われた国王杯のレアル・ウニオン戦で倒れてから、いまだ復帰することができていない。

原因は明確になっていないものの、心臓疾患の恐れがあることからピッチに戻ることは見送られてきた。最近の報道では、引退が最善の策であるとも言われている。

しかし、ここにきて希望の光が射してきたようだ。同選手が試合中に倒れた原因がウイルスによる心筋へのダメージだった可能性があるという。もし、その可能性が事実であることが検査で明らかになれば、再発の危険はない。よって、再びピッチに立つことが可能となるだろう。

デ・ラ・レーは定期検査のほかにも、ヨーロッパを回って検査をしてきた。ようやくその成果がわかるかもしれない。ただし、レアル・マドリーは急ぐつもりはないようで、じっくりと医師と相談して話を進めていくようだ。

Goal.com

  
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内