メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

高梨沙羅選手、これまでのあゆみ

高梨沙羅選手の歩みを写真で振り返ります。[関連リンク

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

購入・利用について(おわけできない写真もあります)

2015-2017

  • 表彰台に向かう2位の高梨沙羅=白井伸洋撮影、2017年1月

  • 1回目に最長不倒の99・5メートルを飛んだ高梨沙羅=2016年11月

  • インタビューに答える高梨沙羅=16年9月30日、札幌市中央区、白井伸洋撮影

  • 高梨沙羅の1回目のジャンプ=林敏行撮影、2017年1月

  • ジャンプ台の前に立つ高梨沙羅=16年9月30日、大倉山ジャンプ競技場、白井伸洋撮影

  • 2本目のジャンプで着地する高梨沙羅=恵原弘太郎撮影、2016年1月

  • 蔵王での2連戦で優勝を逃し、厳しい表情を見せる高梨沙羅=林敏行撮影、2017年1月

  • ローラー板に乗って助走の姿勢を取る高梨。この後、その場で踏み切り動作もして足の裏の感覚を確かめる=宮の森ジャンプ競技場、2016年9月

  • 総合優勝を決めた高梨沙羅=フィンランド・ラハティ、河野正樹撮影、2016年2月

  • 羽田空港から出国する高梨沙羅、2017年1月

  • 今秋に20歳になった高梨沙羅は「先輩に教わったことを後輩に教えたい」=2016年10月

  • 今季4勝目を挙げ、笑顔の高梨沙羅=恵原弘太郎撮影、2016年1月

  • W杯で今季初勝利をした高梨沙羅=山本裕之撮影、2015年1月

  • 会見する高梨沙羅。手前は伊藤有希=林敏行撮影、2017年1月

  • 今季初めて表彰台を逃した高梨沙羅=白井伸洋撮影、2017年1月

  • 高梨沙羅の1回目のジャンプ=白井伸洋撮影、2017年1月

  • リフトで試技に向かう高梨沙羅=白井伸洋撮影、2017年1月

  • 会見後、他国の選手と写真を撮る高梨沙羅(右から2人目)、伊藤有希(同3人目)=白井伸洋撮影、2017年1月

  •  
  •  

ソチオリンピック(2014)

  • 2回目に94・5メートルを飛び、W杯歴代最多の通算?勝目をあげた高梨沙羅=2014年1月11日、飯塚晋一撮影

  • ジャンプW杯で4連勝した高梨沙羅=2014年1月3日、ロシア・チャイコフスキー

  • 優勝トロフィーを掲げる高梨沙羅=2014年2月2日、遠藤啓生撮影

  • ジャンプW杯で日本勢最多の通算17勝目をあげた高梨沙羅=2014年1月19日午後、山形市、川村直子撮影

  • 今季7勝目を挙げた高梨沙羅=2014年1月18日、飯塚晋一撮影

  • 歴代最多を更新する通算15勝目を挙げた高梨沙羅は表彰台で笑顔を見せる=2014年1月12日、山本裕之撮影

  • ソチ五輪直前のW杯で2連勝し、表彰台で声援に応える高梨沙羅=2014年1月12日、飯塚晋一撮影

  • ジャンプ台に向かう途中で2回目が中止となって優勝が決まり、観客からの祝福に応える高梨沙羅=2014年1月18日、飯塚晋一撮影

  • 2011年1月、14歳で大倉山ジャンプ競技場の女子のジャンプ台記録となる141メートルを飛んだ高梨

  • ソチに到着した高梨沙羅選手=2014年2月4日午前、飯塚晋一撮影

  • 記者会見で笑顔を見せる高梨沙羅=2014年2月4日、川村直子撮影

  • 公式練習に臨む高梨沙羅=2014年2月9日、飯塚晋一撮影

ソチオリンピックまでの歩み

  • 優勝を決めて笑顔を見せる高梨沙羅=2014年2月1日、遠藤啓生撮影

  • 2位の高梨と、優勝して喜ぶイラシュコ、3位のフォクト(左から)=2014年1月25日、笠井正基撮影

  • 記者会見でガッツポーズをする葛西紀明(中央奥)、高梨沙羅(左から2人目)ら日本ジャンプ陣=2014年2月4日

  • 公式練習に臨む高梨沙羅=2014年2月9日、飯塚晋一撮影

  • 公式練習に臨む高梨沙羅=2014年2月9日、飯塚晋一撮影

  • 女子組で優勝した高梨沙羅選手の1本目=2009年10月18日、札幌市中央区の大倉山ジャンプ競技場

  • 表彰台で笑顔を見せる高梨沙羅選手=2009年10月18日、札幌市中央区の大倉山ジャンプ競技場

  • 優勝した高梨沙羅選手=2010年10月17日、大倉山ジャンプ競技場

  • 表彰台で笑顔を見せる優勝した高梨沙羅選手=2010年10月17日、大倉山ジャンプ競技場

  • 女子優勝の高梨沙羅の2回目のジャンプ=2011年1月3日、杉本康弘撮影

  • HBC杯の男子で大会連覇を飾った伊東(左)と、女子で初優勝した14歳の高梨=2011年1月10日

  • 決勝を終え、握手を交わす高梨沙羅選手(右)と伊藤有希選手=2011年1月10日、大倉山ジャンプ競技場

  • ジャンプ後に笑顔を見せる高梨沙羅=2011年12月17日、上田幸一撮影

  • 女子で優勝した高梨沙羅=2011年12月17日

  • 表彰式で笑顔をみせる高梨沙羅=2012年2月5日

  • 世界ジュニアで二つの金メダルを獲得し、帰国した高梨沙羅=2012年2月29日

  • 高梨沙羅の1回目のジャンプ=2012年3月3日

  • ジャンプのW杯女子個人第11戦で優勝した高梨沙羅(右)と2位のサラ・ヘンドリクソン=2012年3月3日、山形市の蔵王ジャンプ台

  • 102・5メートルを飛び優勝した高梨沙羅のジャンプ=2012年3月3日

  • 2位になった高梨沙羅=2012年3月4日

  • 会見する高梨。左は昨季W杯総合王者のサラ・ヘンドリクソン=2013年2月1日、札幌市の宮の森ジャンプ競技場

  • 公式練習でアプローチを滑走する高梨沙羅=2013年2月1日、飯塚晋一撮影

  • 今季自己最低の12位に終わった高梨沙羅=2013年2月2日、飯塚晋一撮影

  • 2回目を飛び終えた高梨沙羅。2回ともに86メートルで5位に終わった=2013年2月3日

  • 2戦連続優勝で今季6勝目を飾った高梨沙羅=2013年2月10日、山本裕之撮影

  • 表彰式で花束を掲げる高梨沙羅=2013年2月10日、山形市の蔵王ジャンプ台

  • 1回目に89・5メートルを飛び、個人総合優勝を決めた高梨沙羅=2013年2月17日

  • 今季8勝目で個人総合優勝を果たした高梨沙羅=2013年2月17日、スロベニア・リュブノ、遠藤啓生撮影

  • 世界選手権を終えて帰国した高梨沙羅=2013年2月27日午前10時、成田空港

  • 4日に始まった国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会の現地視察には、スキー女子ジャンプの高梨沙羅選手も同席し、東京をアピール。「とても楽しかった。活動に参加させていただき、すごく勉強になった」=2

  • 練習前、栄養士の細野恵美さんと談笑する高梨沙羅(右)=2013年6月3日、秋田県鹿角市

  • 優勝した高梨沙羅の1本目のジャンプ=2013年8月25日、遠藤啓生撮影

  • 欧州へ出発した高梨沙羅(左から2人目)らスキージャンプ日本女子代表=2013年11月25日

  • ノルディックスキージャンプ女子W杯の開幕戦を控えた4日、練習でノルウェー・リレハンメルの市街に向けて飛び出す高梨沙羅選手=2013年12月4日

  • ノルディックスキー・ジャンプ女子W杯の開幕戦を控え、練習に向かう高梨沙羅=2013年12月4日

  • 2回目のジャンプで着地を成功させた高梨沙羅=2013年12月7日、遠藤啓生撮影

  • 公式練習にのぞむ高梨沙羅=2013年12月20日、遠藤啓生撮影

  • 公式練習にのぞむ高梨沙羅=2013年12月20日、遠藤啓生撮影

  • 1回目に101メートルを飛んで首位に立った高梨沙羅=2013年12月21日

  • スキージャンプW杯女子の個人第3戦がドイツ・ヒンターツァルテンで行われ、日本の高梨沙羅が開幕から3連勝、通算12勝目を飾った=2013年12月22日、遠藤啓生撮影

  • 高梨沙羅の決勝2回目のジャンプ=飯塚晋一撮影

  • 高梨沙羅の決勝2回目のジャンプ=飯塚晋一撮影

  • 試合後、インタビューを受ける高梨沙羅=飯塚晋一撮影

  • 「沙羅ちゃん、頑張れ」と声援を送る所属先のクラレの社員=?日未明、東京都千代田区、八木拓郎撮影

  • 高梨沙羅がメダルを手にできるか、最終ジャンパーの結果を待つ応援会場=?日午前3時?分、北海道上川町、恵原弘太郎撮影

  • ジャンプを終えて引き揚げる高梨沙羅=飯塚晋一撮影

  •  
  •  
今、あなたにオススメ(PR)
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ