メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

 ラグビーは1チーム15人、計30人(15人制)で楕円のボールを奪い合いながら、パス、キック、走るなどのプレーで相手インゴールを目指す(トライを取る)「陣取り合戦」のスポーツです。アメフットと違い、ボールを持ったプレーヤーにしか相手プレーヤーはタックルすることができません。

 ラグビーのルールは「分からない」「難しい」と良く聞きます。ここで紹介していないプレーや反則もありますが、まずはこの「基本」さえ理解すれば十分楽しんで試合を観戦することができます。

ルール解説(1)グラウンド・得点・プレーヤー

  • 【得点方法】
    ■トライ(T)5点

    ボールを相手インゴールの地面につけることで5点が与えられます。

  • ■コンバージョンゴール(G)2点

    トライ後に与えられるゴールキックです。トライした地点の延長線上から狙い、ゴールポストのクロスバーを通過すると2点が与えられます。

  • ■ペナルティーゴール(PG)3点

    相手チームが重い反則を犯した際に得られるゴールキックです。ゴールポストのクロスバーを通過すると3点が与えられます。

  • ■ドロップゴール(DG)3点

    プレー中にボールをワンバウンドさせて狙うゴールキックです。ゴールポストのクロスバーを通過すると3点が与えられます。

ポジション紹介

FW(フォワード)布陣図

BK(バックス)布陣図

ポジション 背番号 説明
FW
(フォワード)
PR/プロップ 1、3 スクラムを最前列で組み、体重が重く、がっしりとした体形の人が多いポジションです。相手と組み合うので強い首の筋力が必要不可欠です。
HO/フッカー 2 スクラムを最前列で組むポジションです。プロップ同様、がっしりとした体形の人が多く、スクラム時にはSHが投げ入れたボールを足でかき出す役目を担います。また、ラインアウト時のボールの投げ入れをすることが多いポジションです。
LO/ロック 4、5 スクラム時、フロントローを後ろから押し込みます。長身が多く、ラインアウト時にジャンパーとなることが多いポジションです。
FL/フランカー 6、7 スクラム時、後方左右から押し込みます。ボールに常に絡むようなプレーが求められるため、タックル能力、走力が必要となるポジションです。
No.8/ナンバー8 8 FWの最後尾に位置し、FWをコントロールします。攻守の要となり、パワー、走力など高い能力が求められるポジションです。
BK
(バックス)
SH/スクラムハーフ 9 スクラム時にFWへボールを投入し、FWとBKをつなぐプレーヤーです。俊敏さとボールさばき、判断力が求められ、小柄な選手が多いポジションです。
SO/スタンドオフ 10 BKを統率するプレーヤーです。SHから受け取ったボールをパス、キック、自ら走るなど攻撃の起点となり、「司令塔」とよく呼ばれます。
WTB/ウィング 11、14 BKの両端に位置し、トライゲッターとなるポジションです。足の速さ、瞬発力が求められます。
CTB/センター 12、13 アタックでは、回って来たボールをWTBへ回したり、自ら相手に突っ込み突破口を開いたりします。ディフェンス時はタックルをする機会が多いのでパワー、タックル能力が求められます。
FB/フルバック 15 チームの最後尾に位置し、敵の陣形等を見ながらBKを後方より統率します。ディフェンス時には最後の砦となるのでディフェンス(タックル)能力、さらには陣地獲得のための正確なキック能力も求められます。

ルール解説(2)基本プレー

  •  ラグビーは後ろにパス(手を使ったパス)、キックや走るといったことをしながら相手インゴールを目指し前進していきます。その間に、ボールを持ったプレーヤーに対し相手プレーヤーはタックルをして前進を阻止しようとします。その際によく形成される団子状態のプレーが「モール」や「ラック」となります。また、激しい動きの中でボールを前にパスしたり(スローフォーワード)、ボールを前に落としたり(ノックオン)、タッチラインの外に出てしまったりすることがあります。その際にプレーは止められ、「スクラム」や「ラインアウト」といったセットプレー(ルール解説3の動画参照)からゲームが再開されます。プレー中に良く起こる反則は下記になります。

  • ■オフサイド

    ボールより前にいるプレーヤーがプレーに参加した際の反則。相手チームにペナルティキックが与えられます。試合中一番多く見られる反則かもしれません。

  • 【タックルでの反則】
    ①ノットリリースザボール

    タックルを受けて倒されたプレーヤーがボールを手放さなかった時の反則。相手チームにペナルティキックが与えられます。

  • ②ノットロールアウェイ

    タックルをして倒れたプレーヤーがその場から速やかに離れなかった場合の反則。相手チームにペナルティキックが与えられます。

  • ③危険なタックル

    肩より上のタックル(ハイタックル)、ボールを持つ前のタックル(アーリータックル)、ボールを手放した後のタックル(レイトタックル)、相手の首に腕を引っかけるタックル(スティファームタックル)は禁止され、重い反則となります。

  • ■オブストラクション

    ボールを持っていない相手プレーヤーの動きを妨げたり、タックルをしようとしているプレーヤーの動きを妨げたりした場合の反則。相手チームにペナルティキックが与えられます。

  • ■オーバーザトップ

    ラックなどで相手側に倒れ込んでボールが出るのを妨げる反則。相手チームにペナルティキックが与えられます。

  • ※シンビン

    不正なプレーや危険なプレー等で反則を犯した(繰り返した)プレーヤーにペナルティを科し、一時的に10 分間退場させることをいいます。

ルール解説(3)セットプレー(スクラム・ラインアウト)

  •  セットプレーとは、「スクラム」「ラインアウト」「キックオフ(ルール解説1の動画参照)」のことをいいます。プレーが止まったところから試合を再開させるプレーになります。セットプレーで良く起こる反則は下記になります。

  • 【スクラムでの反則】
    ■コラプシング

    故意にスクラムを崩す反則(モール・ラックも同様)。相手チームにペナルティキックが与えられます。

  • 【ラインアウトでの反則】
    ■ノットストレート

    ラインアウトでボールを投げ入れるプレーヤーが両チームの間(1mの間隔をあけなければならない)にまっすぐ投げ入れなかった場合の反則。相手ボールのスクラムとなります。

朝日新聞スポーツ部ラグビー担当Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】夫婦のスケジュールも可視化

    デジタル×アナログで予定管理

  • 写真

    【&TRAVEL】宝石のようなオリーブ手摘み

    干潮で現れる天使の散歩道

  • 写真

    【&M】5億人の女性を救った男

    映画『パッドマン』試写招待

  • 写真

    【&w】ブルックスブラザーズ展開催

    ファッションニュース

  • 写真

    好書好日原作者の人生に揺さぶられた

    DV受ける息子演じた太賀さん

  • 写真

    WEBRONZAマインドフルネスってなに?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンラグジュアリーな旅とは?

    今、大人が求めるホテル

  • 写真

    T JAPAN漫画家、荒木飛呂彦の創造哲学

    アトリエに潜入取材

  • 写真

    GLOBE+107歳、今もフルタイム

    世界最高齢の床屋さん

  • 写真

    sippo紳士服店で犬・猫の譲渡会

    始まりは社長と猫との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ