2005年04月03日12時12分のアサヒ・コム第77回選抜高校野球大会

»恐竜博2005:3月19日から7月3日 東京・国立科学博物館で開催

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

【沖縄】沖縄尚学、粘り及ばず  故障乗り越えたエース

2005年04月03日

 2日の第77回選抜高校野球大会準々決勝で、2度目の優勝をめざした沖縄尚学は、神村学園(鹿児島)に2対3で惜敗した。それでも、スコアラーから転向した沖縄尚学のエースは「最高です」。8強以上では47年ぶりとなる九州・沖縄勢対決を制した神村学園は、昨年の済美(愛媛)に続く創部3年目での決勝進出の快挙をかけ、3日の準決勝にのぞむ。

 「このままだと、マネジャーになるのかな」。沖縄尚学のエース前嵩雄基投手は1年のころにひじを痛め、全く投球ができなかった。野球を離れることも考えたが、「みんなと一緒にやりたい」とスコアラーを志願。ほかの選手が試合に出るのを見ては、ずっと不安に思っていた。

 故障中はずっと走り込み。1カ月ごとに靴をつぶし、新調した。2年になって故障は治ったが、夏の沖縄大会はベンチを外れた。背番号1は、新チームからだ。

 昨秋の沖縄大会でフォームを崩し、角田篤敏監督が足を上げずに歩くような投法を授けた。球速は135キロから120キロ台に。「力いっぱい投げないけど、本当にこれでいいのか」と悩んだが、制球が安定した。「投げる時の力は5割で。気合は百パーセントで」

 神村学園戦は今大会3度目の先発。失策が絡んで2点を失ったが、我慢強く投げて接戦に持ち込んだ。「あきらめずに頑張ってきた成果が出せて、本当に最高です」


ここから広告です 広告終わり ここから広告です

PR情報

広告終わり

関連情報

    最新ニュース一覧

    選抜フォトギャラリー

    熱戦の様子を写真で振り返ります。[詳細へ]

    ここから検索メニュー

    検索 使い方

    検索メニュー終わり ここから広告です
    広告終わり

    朝日新聞サービス

    ここから広告です
    広告終わり
    ▲このページのトップに戻る

    asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

    ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
    Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.