asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
スポーツ 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  スポーツ記事一覧  アテネ五輪  野球  大リーグ  サッカー  ゴルフ  モーター  一般  コラム     ニュース特集   
     
 home >スポーツ >サッカー日本代表  
アジアカップ2004
 
強い日本にジーコ批判一転 アジアカップ、7日決勝戦

日本代表の成績
日本代表の成績

 サッカーの日本代表が強さを取り戻してきた。中国で開かれているアジアカップは7日夜、日本が2大会連続3度目の優勝をかけ、初優勝を目指す地元中国と対戦する。かつてはジーコ監督解任を求めるデモまで起きたが、「選手の自立」を掲げるジーコ監督のサッカーが浸透し始め、一転して「強いジーコ・ジャパン」へと変身した。

 反日感情による中国人のブーイングを浴び、全試合を「敵地」で戦いながら、日本は実に粘り強い。先制されて跳ね返したのが3試合。準々決勝のヨルダン戦はPK戦で、準決勝のバーレーン戦も試合終了間際に追いつき延長で競り勝った。これで引き分けを挟み9連勝の快進撃だ。

 今回は主力の多くをケガなどで欠く。中田英寿、小野伸二、稲本潤一、高原直泰、久保竜彦……。中国の報道陣から「2軍では」の声が飛ぶ戦力での決勝進出は、十分に合格点といえる。

 「自由と言いながら選手に任せきり。何も教えない」というのが、ジーコ批判。2月にワールドカップ(W杯)1次予選でオマーンに大苦戦すると、解任を求めるサポーターが日本サッカー協会までデモ行進した。

 ジーコ監督の考えはこうだ。「選手がベストだと思ったプレーをやれる自由が、私の言う自由だ。グラウンドでは、選手が私の顔をみながらプレーできない」

 これが徐々に選手に浸透してきた。引き分ければ1次リーグ首位が確定するイラン戦。激しい攻めを受けた後、球をゆっくり回して落ち着くなど、状況に応じた試合運びをして引き分けた。

 宮本恒靖(ガンバ大阪)は「状況を第三者的な視点でみられるようになってきた」と、大人になったチームを実感する。日本協会の川淵三郎会長は「いろいろと批判があるが、ジーコはよくやっている。選手が自由とは何かをわかり始めたのではないか」と言う。

 ジーコ監督を批判してきたサッカージャーナリストの大住良之氏も、「攻撃のタイミング合わせなど細かいこともするようになり、速い攻撃ができている」と評価する。

 ただ、安閑としてはいられない。細かい約束事を作らないサッカーは、練習を経て選手の呼吸が合わないと機能しない。中田英らが戻ってきた時に、一体感が保てるかという不安もある。

(04/08/07)


 関連情報  


 これまでの記事一覧   日本代表TOP>>






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission