現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. ワールド・ベースボール・クラシック特集
  4. 記事

イチロー、早出で打撃練習 松坂もランニング

2009年3月3日10時43分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 野球の国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表は2日、東京都内で練習した。

 1日に強化試合をすべて終え、最後の2試合では打線に不安が残った。練習試合、強化試合を通して23打数3安打と当たりが出ていないイチロー(マリナーズ)をはじめ、青木(ヤクルト)ら7人が早出で打撃練習。その後、フリー打撃を中心に全体練習を約2時間行った。

 1日の巨人戦で登板中、右足にけいれんを起こした松坂(レッドソックス)は軽めのランニングやキャッチボールなど、通常の調整。影響はほとんどない様子だった。

 5日に中国との1次ラウンド初戦(東京ドーム)を迎えるが、まだ差し迫った雰囲気はなかった。原監督は「徐々に時を感じながら高まっていくでしょう」と語った。(時事)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 2010ワールドカップサッカー南アフリカ大会予選