現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. ワールド・ベースボール・クラシック特集
  4. 記事

WBC米国代表が集合 緊張感漂わすジーター

2009年3月4日10時34分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 WBCに出場する米国代表チームが、フロリダ州クリアウオーターに集合した。1次ラウンドでC組に入る米国は、3日にヤンキース、4日にブルージェイズ、5日にフィリーズと練習試合を行い、7日の開幕に備える。

 大リーグのホームページなどによると、主将を務めるヤンキースのジーターは「(決勝まで)3週間と期間は短い。こうしたシリーズでは、ミスは禁物だ」と緊張感を漂わせた。

 3年前の第1回は2次リーグで敗退した米国。今回は本場の意地を懸けて臨んでくる。昨年夏の北京五輪でも指揮を執ったジョンソン監督は「3年前より代表選手は十分に練習を積んで集合した。これは重要なことだ」と自信をのぞかせた。

 同じくフロリダ州ジュピターでは、オルティス(レッドソックス)やロドリゲス(ヤンキース)を擁するドミニカ共和国も集合。7日からのD組に臨む。(共同)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 2010ワールドカップサッカー南アフリカ大会予選