現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. ワールド・ベースボール・クラシック特集
  4. 記事

WBC優勝なら経済効果506億円 関西大教授が試算

2009年2月27日22時41分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)効果は506億円――。関西大の宮本勝浩教授(理論経済学)は27日、WBCで日本代表が優勝した場合の経済効果を発表した。

 試算によると、宮崎合宿の効果が観客の交通費、飲食費などで53億円。大会前の強化試合と、東京で行われる1次ラウンドの入場料収入、交通費などが106億円。米国である2次ラウンド以降の観戦ツアーに15億円。放映権料やグッズの売り上げを合わせると直接的な効果が計226億円で、波及効果を合わせると約506億円に上るという。

 昨年は阪神が日本一になった場合の経済効果を767億円と試算したが、幻となった。宮本教授は「戦後最悪と言われる経済危機の中で、(優勝して)日本経済のカンフル剤になることを願っている」とコメントしている。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 2010ワールドカップサッカー南アフリカ大会予選