2005年06月23日12時59分のアサヒ・コム
	このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » 新ツールバー登場: ウォークマンスティック当たる

  

 » 恐竜博2005: 東京・国立科学博物館で開催

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップWebUD情報

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > スポーツ >  W杯2006 > コンフェデレーションズ杯記事

コンフェデ杯ブラジル戦詳報(後半)

2005年06月23日08時24分

写真

後半、中村(10、左)のフリーキックがゴールポストに当たり、はね返ったボールを大黒がシュートし、同点のゴールを決める=AP

写真

ロナウジーニョ(右)のボールを奪いにかかる中村=AP

写真

後半ロスタイム、大黒(16)はシュートを放つが得点にはならず=AP

写真

試合後、お互いの健闘を称えあうロナウジーニョ(左)と中田英=AP

写真

試合後、ブラジルの監督(左)と握手を交わすジーコ監督=AP

◇後半

【後半0分】日本

日本のキックオフで後半開始。

小笠原と中田浩、玉田と大黒が交代。ボランチの中田が小笠原の位置に上がる。

【後半1分】日本

後半から入った大黒がさっそくチャンスを作る。左タッチライン際でパスを受けた大黒はそのまま左サイドをドリブルで上がる。ゴール前に飛び込んだ柳沢に合わせて正確なクロス。柳沢の左足のシュートは、GKがはじく。絶好の同点機を逃す。

【後半2分】日本

また左サイドに出た大黒にパスが渡る。中村を経由して、三都主が中央にクロスを入れるが、正面の柳沢、中田に合わず。大黒効果で、チームが活性化してきた。

【後半4分】ブラジル

左サイドで2人に囲まれるが、それをかわしたロナウジーニョからカカへパス。カカからアドリアーノへスルーパスをねらうがDFが止める。

【後半6分】日本

福西から左サイドの中田浩に正確なパス。中田浩がわずかにトラップを失敗したところをDFが奪う。小さなミスが命取りになりかねない。

【後半8分】日本

大黒から柳沢へのパスがカットされる。大黒はそのままDFを追いかけ、中盤で奪い返す。攻守に大黒、積極的。

【後半10分】日本

また、同点機逃す。中盤の福西から、右サイドをDFの裏に抜けた大黒にパスが通る。大黒からのクロスに、ゴール正面で中村がスライディングしながら合わせる。GKがかろうじてはじき、DFがクリア。

【後半13分】ブラジル

CKのこぼれ球を、ゴール前に詰めていたDFのフアンがシュート。川口が顔面でセーブ。跳ね返ったボールをもう一度シュートをねらうが、今度は宮本がクリア。

【後半17分】ブラジル

アドリアーノがジュリオバプチスタと、カカがレナトと交代。

【後半19分】日本

中村から大黒に渡ったパスを一旦、三都主に預ける。そのパスをもう一度もらった大黒が突破をはかろうとするが、DFのルシオがうまくカバーしカット。

【後半23分】ブラジル

中央でボールをキープしたロナウジーニョが、右サイドを上がってきたレナトへ柔らかいパス。レナトはそのままダイレクトでボレーシュートを放つが、ゴール上に大きく外れる。

【後半27分】ブラジル

日本がパスをつなげて攻撃するが、三都主のドリブルをDFがカット。逆襲から、最後はバチスタがドリブルシュート。川口が身を挺して止める。

【後半28分】日本

中村から、ゴール正面に飛び出した柳沢にパスが出たが、あと一歩及ばず。

【後半29分】日本

日本のパスが回り始める。中村から右サイドの加地へ。加地が一度中に切れ込んで、中村に戻す。中村がキープしてためを作って、後ろから上がってきた福西へ。福西のシュートはゴール左上に外れる。

【後半34分】日本

左サイドで、三都主、福西、中村とつないで、中村がゴール前にセンタリングを上げるが、DFがヘディングでクリア。

【後半35分】ブラジル

カカがいなくなって、ブラジルの攻めはロナウジーニョ頼み。攻撃に変化がなく、ボールをうまく前に運べなくなってきた。

ロナウジーニョが個人技で突破を図り、ペナルティエリア内にドリブルで入ってくるが、田中が足に当てて防ぐ。

【後半38分】ブラジル

CKで前線に上がっていたDFのルシオが頭で合わせるが、シュートは左へ外れる。

【後半41分】ブラジル

ゴール正面でパスを受けたロビーニョが、田中に1対1のドリブルを仕掛ける。大きな切り返しで、完全に田中をかわしてシュート。ゴール右に外れた。

【後半43分】日本

同点ゴール!!! ゴール正面25メートルの位置で、中田が倒されFKを得る。中村の左足から放たれたシュートは、壁を越えて、惜しくも右のポストに当たる。この跳ね返ったボールに詰めたのは大黒。右足のボレーで、ゴール左に蹴りこんだ。

【後半45分】ブラジル

CKもロナウジーニョとロビーニョがショートコーナーで時間稼ぎ。引き分けでもいいブラジルは、このまま逃げる態勢。

【後半45分】

ロスタイム3分

【後半47分】日本

左サイドの三都主が真ん中へドリブルして、パスを右に。ボールを受けた福西はダイレクトでゴール前に入れる。大黒がファーポストで頭に合わせシュート。GKがかろうじてはじく。大黒は、このこぼれ球をさらにシュートをねらうが、ゴールラインを割る。

【後半48分】

試合終了。2―2の引き分け。

ブラジルはB組2位で準決勝進出、地元のドイツと決勝をかけて戦うことになった。

【試合総括】

ブラジルの豪華な攻撃陣、ロナウジーニョ、カカ、ロビーニョ、アドリアーノのパス回しに前半はなかなかついて行けなかった日本。後半になって、カカなどメンバーが代わり、疲れもあってブラジルの動きの量が落ちてからは、日本も再三、攻撃を仕掛けた。

いつものことながら、大黒の投入で日本チームが活性化した。動き出しの良さなど攻撃面だけでなく、守っても自分が取られたボールをしつこく追って取り返すなど、勝負へこだわる姿勢が、日本チームを前へ前へと引っ張った。

それにしても、こぼれ球の来るところにいて、それをきちんと決められるとは、ゴールへの嗅覚で勝負する大黒は、これまでの日本のFWにないタイプ。そろそろ先発する大黒が見たい。

かなり本気のブラジルと引き分けたのは評価していい。だが、今日はどうしても勝たなければ、準決勝進出がない試合だった。ブラジルから点を奪って勝つ気なら、逆にかわされてピンチを招くかもしれないが、もう少し前から高い位置で、プレッシャーをかけ続ける積極的な試合運びをしてもよかったのではないか。

【ジーコ監督の話】

最初の1点が認められていれば、3対2で勝っていたよ。勝つしかないこの試合で、選手はよくやったと思う。ブラジルの前に臆することなく、選手達は自分たちのサッカーを貫いた。W杯までの1年の間に、プレーの精度を上げて、またこの地に戻ってきたい。

前半詳報はこちら≫

(テレビ中継から)


ここから広告です
広告終わり ここから広告です

PR情報

広告終わり

関連情報

ピックアップ

[コンフェデレーションズ杯]
1次リーグ突破ならず

強豪・ブラジルを相手に、2−2と善戦したジーコ・ジャパン。惜しくも決勝Tには進出できなかったが、この経験を2006W杯に活かしたい。
ブラジル戦詳報 [前半] [後半]
[ギリシャ戦詳報] [メキシコ戦詳報]
[日本代表メンバーはこちら]

[サッカー]
ジーコ監督語録

W杯出場を決めたジーコジャパン。02年の監督就任から現在までのジーコ語録を振り返る。

[サッカー]
写真で見るW杯への戦い

W杯2006へ向けて、「負けられない戦い」を続けた、日本代表の勇姿を写真で振り返ってみた。

[サッカー]
日本のW杯予選成績

W杯のアジア出場枠は、拡大されてきた。現在は、最大5チームが出場できる。

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり ここから広告です
広告終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.