メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

ジャンプ解説

 フィギュアスケートの花形である6種類のジャンプ。「アクセル」とか「ルッツ」とか、テレビ中継やニュース記事にも頻繁に登場しますが、そもそも何が違うの? アニメーションで解説します。

アクセル

■トリプル跳べる現役女子は2人だけ

 6種類のジャンプの中で最も難易度が高く、3回転の基礎点は一番高い8.5。唯一、前向きのまま踏み切るので見分けが付きやすい。左足の外側のエッジを使って踏み切る。他のジャンプと同じく後ろ向きに着氷するので「半回転」多くなるのが特徴。3回転半は男子にとっては点数を稼ぐ重要な技だが、現役の女子で跳べるのは浅田真央、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)の2人。

ルッツ

■男子は4回転の時代へ

 3回転の基礎点は2番目に高い6.0。スケート靴のつま先をつく3種類のトー系ジャンプでは最も難しいとされる。後ろ向きに滑走して左足で踏み切り、右のつま先をついて跳ぶ。踏みきる左足のエッジは外側に体重を乗せる必要があり、うまく使えなければ減点対象。女子はバンクーバー五輪を制した金姸児(韓国)の得意技。男子では、金博洋(中国)が4回転ルッツを武器にしている。

フリップ

■力学的にルッツより簡単

 足の使い方はルッツと同じだが、踏み切る左足のエッジが内側を向くのが特徴。3回転の基礎点は3番目に高い5.3。ルッツとの見分けがつきにくいが、前向きに滑走して、踏み切る直前に後ろ向きにターンして跳ぶことが多い。ルッツとは違い、滑走の軌跡と同じ方向に跳んで回転するため、力学的にルッツより簡単とされる。後ろに3回転や2回転をつけて連続ジャンプにする選手も多い。

ループ

■羽生が4回転へ意欲

 ジャンプの空中での基本姿勢になる、と言われる技。3回転の基礎点は上から4番目の5.1。アクセルと同じく、靴の刃のつま先をつかずに跳ぶ「エッジ系」。右足の外側エッジで滑りながら、左足を前に出し、そのままの勢いで右足で踏み切る。ジャンプの瞬間は両足が交差するようになる。4回転ループは極めて難易度が高いが、羽生結弦が挑戦に意欲的で、アイスショーで着氷させた。

サルコー

■安藤美姫が4回転に成功

 3回転の基礎点は下から2番目の4.4点。世界選手権を10度制した20世紀初頭の男子選手ウルリッヒ・サルコー(スウェーデン)が考案した。つま先をつかないで踏み切るエッジ系の一つで、後ろ向きに滑って左足内側のエッジで踏み切る。右足を大きく振り上げ、足がスキーのボーゲンのようなハの字型になる。2002年、安藤美姫が女子で初めて試合で4回転に成功したのがサルコー。

トーループ

■頻繁に登場、最も易しいジャンプ

 6種類の中で最も易しいジャンプとされ、3回転の基礎点は一番低い4.3。右足外側のエッジに乗り、踏み切る時に左足のつま先をついて踏み切る。滑ってきた軌道を利用しながら跳ぶため、自然の流れに乗って跳んでいるように見える。初の4回転ジャンプ成功がトーループで、男子の4回転の大半を占める。3回転の連続ジャンプの二つ目以降で跳ぶ選手が多く、演技中は頻繁に登場する。

Now Loading…

ひとことメモ

  • 男子の4回転はトーループとサルコーが主流で、アクセル、フリップ、ループは公式戦での成功例がない。
  • 女子でトリプルアクセルが跳べるのは、浅田とトゥクタミシェワ(ロシア)のみ。2連続ジャンプは、2本目にトーループを組み合わせるのが一般的で、ループの選手は世界的にも少ない。
  • トップ選手の多くは男女とも、小学校を卒業する12、3歳でアクセルを除く5種類の3回転ジャンプをマスターする。
  • SPには、ジャンプ要素は三つしか入れられない。

フィギュアスケート2016-17シーズンのフォトギャラリー。羽生結弦、宮原知子らの世界トップレベルの演技から、エキシビションのコミカルな表情まで華やかな世界を写真でお楽しみください。写真は大会ごとに随時、追加していきます。

スペシャルコンテンツ

注目の日本選手

  • 浅田真央

    浅田真央

    1年間の休養後、競技復帰を表明。GPシリーズは第3戦に参戦

  • 宮原知子

    宮原知子

    世界選手権銀メダル。身長148センチの次世代エース候補

  • 永井優香

    永井優香

    今季からシニアへ。GPデビュー戦でいきなりの表彰台に

  • 村上佳菜子

    村上佳菜子

    悩んだ末に現役続行を決意。GPシリーズは第2戦に出場

  • 本郷理華

    本郷理華

    世界選手権6位。2015年のCSフィンランディア杯で優勝

  • 羽生結弦

    羽生結弦

    ソチ五輪で金の日本のエース。世界最高得点で15年のGPファイナルを制し3連覇達成

  • 小塚崇彦

    小塚崇彦

    祖父、父も元選手のスケート一家。2011年世界選手権2位

  • 宇野昌磨

    宇野昌磨

    「天才少年」と呼ばれてきた注目株。今季シニアに本格参戦

  • 無良崇人

    無良崇人

    持ち味はトリプルアクセル。2015年国別対抗戦では日本の主将

朝日新聞スポーツTwitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】通信料金を下げる切り札

    SIMフリー端末を選ぼう

  • 【&TRAVEL】蒸し暑い日本の夏から脱出!

    羽田からNZへ直行便〈PR〉

  • 【&M】女子アスリート応援団

    テコンドー・松井優茄さん

  • 【&w】夫婦コラボが生む幸福の味

    技術とセンスが詰まったパン

  • ブック・アサヒ・コムモチーフは連続不審死事件

    柚木麻子が語る新刊

  • WEBRONZAポスト・トゥルース の深層

    正確な情報より感情が優先

  • 写真

    ハフポスト日本版 カンヌのセクシードレス

    でも前後ろ逆でした

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ