現在位置:
  1. asahi.com
  2. お中元特集2011
  3. マリエッティと学ぶ!今どきのお中元のマナーQ&A

お中元特集2011

2011年6月15日

 今年もお中元の季節が到来。震災をきっかけに改めて人の絆を大切にしようと考える人が増えているようです。お世話になっている方や大切な方へ、今年初めてお中元を贈ろうと考えている方はもちろんのこと、しばらくお中元から遠ざかっているみなさん! マリエッティと一緒に、お中元のマナーやコツをもう一度確認しておきませんか?

画像:マリエッティ

マリエッティ デパートでは5月下旬くらいからお中元コーナーがにぎわっているけど、実際にお中元を贈る時期はいつ頃が適切なのかな?

本来、中元は旧暦7月15日をさしますが、新暦で考える東日本と月遅れのお盆で考える西日本では期間が異なり、東日本では6月下旬から7月15日まで、関西地方では7月初旬から8月15日までがお中元の期間です。近年は東日本の時期にあわせるケースが多くなっているようです。

画像:マリエッティ

マリエッティ 世間一般では、みんなどのような人にお中元を贈っているの?

この人にお中元を贈らなければならないと堅苦しく考える必要はありませんが、日頃からお世話になっている方や上司、仲人の方に贈るケースが一般的です。最近では、サマーギフトという位置付けで友人に贈る人も増えているようです。また、この時期には企業が様々な期間限定のギフトを用意するため、自分用にもう一品購入する人も多いとか。

マリエッティ いくら位のお中元を選べばいいのかな?

贈り先との関係によって多少の差はあるでしょうが、一般的には3000円〜5000円くらいが相場です。毎年贈っている相手には、前年から極端に金額が落ちる品は避けるべきでしょう。あくまで気持ちが大切です。

マリエッティ どのようなものを贈れば喜ばれるの?

お中元は本来お盆のお供え物だったことから、食品を贈る人が多いようです。夏の暑い盛りに商品が届くため、食べやすく、保存の点も考慮した商品の中から先方の好みや家族構成などに配慮して選ぶと喜ばれるでしょう。今年は特に東北地方を応援する意味で、東北の特産品を選ぶ方も増えているようです。また、節電グッズも実際にデパートなどに並んでいて、人気を集めています。

画像:マリエッティ

マリエッティ 「のし」はどうすればいいの?

デパートやインターネットでお中元を購入する場合は、「のし」のサービスがあるので心配いりませんが、水引は紅白5本、結び方は蝶結びが一般的です。また、お中元は毎年の恒例という意味合いが強いものですので、もしも今年だけ特別にお世話になった方に贈りたい場合には、のし紙を「お礼」として贈るといいでしょう。

マリエッティ 贈るタイミングを逃してしまった場合はどのようにすればいいの?

「暑中御見舞」(立秋を過ぎた場合は「残暑御見舞」)として贈れば問題ありません。なお、目上の方へ贈る場合は「暑中御伺い」「残暑御伺い」として贈りましょう。

マリエッティ 贈る相手や自分が喪中の時はどうすればいいの?

お中元はお祝いではなくお世話になった方へのご挨拶ですので、どちらかが喪中でもマナー上は問題ありません。ただ、お中元の時期が先方や自分の四十九日前の時は、四十九日が終わったあとに贈った方がよいでしょう。

マリエッティ 配送など、先方に直接届けなくても失礼にあたらないかな?

本来は先方宅に持参するのが正式ではありますが、最近では配送が一般的です。その際は、贈ったままにせずに、品物よりも2〜3日ぐらい早く相手に届くように、日頃の感謝の気持ちや近況をしたためた手紙や葉書の挨拶状を出すようにしましょう。

画像:マリエッティ

マリエッティ 最近はインターネットで注文して贈る場合も多いけど、何か注意点はあるの?

ネットショッピングが充実し、たくさんの商品の中からお中元にふさわしい品物を選ぶことができる上、配達の手続きも手軽になりました。ただし、インターネットでの注文は百貨店などからの購入と違って実際に商品を手にとって確認することができませんので、商品は信頼のおけるサイトで購入するなど配慮が必要です。

マリエッティ もしお中元が届いたら、やっぱりお返しは必要なのかな?

日頃のお礼という意味でのお中元には、基本的にはお返しをする必要はありません。ただ、友人や同僚、思いもかけない相手からお中元が届いた場合などは、同程度のお返しを贈るのもよいでしょう。また、相手の方に無事に品物が着いたことをお知らせする意味でも一両日中にお礼状を出すのがマナーです。最近では電話やメールですませてしまう場合も多いようですが、ご家族や友人などごく親しい間柄の方に限った方がよいでしょう。

プロフィール

マリエッティ

マリエッティ

 アサヒ・コムの公式キャラクターとなるべく、突如現われたマスコット的存在(妖精)。それまでは主に屋根裏で暮らしていたが、ゆるキャラのブームにあやかるために外の世界に飛び出してきた。性格は明朗快活で好奇心旺盛。世の中が不思議で溢れており、わからないことに出会うとニコニコするクセがある。最近の悩みは、ゆるキャラブームが少し静まってきていること。新潟県妙高市出身。お酒好き。

検索フォーム

おすすめリンク

贈答品としても最適な柚餅子、いろいろ集めました。

大切な方への贈り物に。上質な味と香りのアールスメロン

日ごろの感謝の気持ちを伝えるお中元は、気の利いたもの選びたい。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介