アサヒ・コム このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  シンポジウム記事

徹底討論「ジャーナリズムの復興をめざして」 立花隆×外岡秀俊
2006年07月31日(土)東京・築地 浜離宮朝日ホール

参加者プロフィール

参加者

写真

立花隆

評論家・ジャーナリスト
1940年生まれ。東大仏文科卒業後、文藝春秋社入社。66年、フリーに。67年東大哲学科に学士入学。68年から言論活動を開始。社会問題から最先端科学まで、研究の領域は極めて広い。74年の「田中角栄研究――その金脈と人脈」(初出:「文藝春秋」11月号)は時の首相を退陣に追い込んだ。95〜98年東大先端研客員教授、96〜98年東大教養学部非常勤講師、2005年から東大大学院総合文化研究科科学技術インタープリター養成プログラム特任教授。『日本共産党の研究』により講談社ノンフィクション賞(79年)のほか、菊池寛賞(83年)、毎日出版文化賞(87年)、新潮学芸賞(91年)、NHK放送文化賞(98年)、司馬遼太郎賞(98年)などを受賞。


写真

外岡秀俊

朝日新聞東京本社編集局長(ゼネラルエディター)
1953年生まれ。77年入社。社会部、外報部、ヨーロッパ総局長、編集委員などを経て現職。学生時代に書いた『北帰行』(河出書房新社、76年)で第13回文藝賞受賞。ほかに『アメリカの肖像』(朝日新聞社、94年)、『国連新時代』(ちくま書房、94年)、『地震と社会(上・下)』(みすず書房、98年)、『日米同盟半世紀』(共著、朝日新聞社、2001年)、『9月11日 メディアが試された日』(共著、大日本印刷ICC本部、01年)、『傍観者からの手紙』(みすず書房、05年)など。


コーディネーター

写真

村松泰雄

朝日ジャーナリスト学校長


ここから広告です 広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.