メニューを飛ばして本文へ
朝日新聞創刊130周年記念 アサヒコムトップへ
没後50年 横山大観――新たなる伝説へ
ここから本文

トピックス

「生々流転」約40メートルを全巻展示

(2008年02月07日)

写真
「生々流転」を見る人たち=国立新美術館で、武田剛撮影

 東京・六本木で開催中の「没後50年 横山大観」展で、大観生涯の代表作ともいわれる「生々流転」が約40メートルにわたり全巻展示され、注目されている。

 「生々流転」とは、万物が移り変わって変化し続けること。山奥の霧が葉の露となって流れ落ち、やがて渓流から大河となり、最後は海に注ぎ込み、竜になって天に昇るという「水の一生」が水墨画で描かれている。

 大観が綿密に構図を練った下絵を描きあげたのは1923年3月。それから半年間、80メートル以上の絹地を使ったという。作品は同年9月1日に始まった「再興第10回院展」で発表した。くしくも、その日に関東大震災が起きた。

 最終的に作品になったのは約半分だったが、残りの部分は東京・池之端の横山大観記念館に残る。大観がこの制作にかけた執念を物語っている。


asahicomトップへ 朝日新聞のイベント情報 GoUpToThisPage
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission