asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ネット最前線 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >朝日新聞ニュース  >e−ビジネス情報  >日刊工業新聞  >Silicon Valley  >Hot Wired  >ASAHIパソコン  >売れ筋ランキング   
     
 home>ネット最前線>朝日新聞ニュース2004年03月29日 13時52分 更新 
 
京都府警の捜査書類、ネット上に流出 Winny経由か

 京都府警は29日、捜査関係書類がインターネット上に流出していたと発表した。下鴨署の交番勤務の男性巡査が、実際に使ったり練習用に作ったりした捜査報告書などの文書19枚分で、実在する11人の氏名や住所など個人情報も記載されていた。インターネット上でだれでも閲覧できる状態だったという。府警は巡査が内部規定に違反していた可能性があるとみて、流出の経緯を調べている。

 26日午前、「インターネットに警察情報が流れている」と京都府警広報応接課に届け出があった。府警が調査したところ、下鴨署の交番に勤務する巡査が02年ごろ、公務に使っていた私物のノートパソコンで作成したものが流出したことが分かった。巡査は自宅でインターネットに接続したとしており、「練習用として作成したものと実際に使ったものだが、意図的に流出させてはいない」などと話しているという。

 府警は、ファイル交換ソフトの使用者が感染するウイルスによって流出したとみている。

 府警は流出先を明らかにしていないが、この情報はファイル交換ソフト「Winny」上に流出していた。

 流出した文書は、刑事訴訟法で基本書式として定められた捜査報告書、鑑定嘱託書、指名手配書の3種類で、サンプルの書式に記載されていた。書類には20人分の名前があり、そのうち11人が実在していることが確認された。実際にあったひったくり事件の被害者の名前もあったという。これらの正規の文書は最低5年、保管される。

 府警の内規では、私物のパソコンを公務で使う場合、署長など所属長に申請し、登録する必要がある。個人情報があるデータはハードディスクに保存することは禁止され、自宅など部外へ持ち出すには許可が必要だ。巡査が勤務する交番ではインターネットに接続できないという。書式のサンプルを、公務に使うパソコンに保存しておくことは認められている。

 府警は実在が確認された11人に連絡を取り、経緯を説明しているという。 (2004/03/29)


 関連情報  






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission