asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ネット最前線 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >朝日新聞ニュース  >e−ビジネス情報  >日刊工業新聞  >Silicon Valley  >Hot Wired  >ASAHIパソコン  >売れ筋ランキング   
     
 home>ネット最前線>朝日新聞ニュース2005年03月13日 05時04分 更新 
 
京セラ、デジカメ事業から撤退へ コンタックス生産停止

 京セラは9日、高級機種として販売してきたコンタックスブランドのデジタルカメラの生産を今夏までに停止し、年内に国内のデジタルカメラ事業から撤退する方針を明らかにした。価格下落の影響で同社のデジカメ事業は赤字に陥っており、京セラブランドのデジカメ生産はすでに停止していた。今後はカメラ付き携帯電話用の部品生産に事業を特化する。

 デジカメの値崩れが進む中で競争力を維持できず、撤退を決めた。今後、国内向けのコンタックスブランドの商品開発はせず、中国での生産も停止する。流通在庫については販売を続け、10年間は補修サービスに応じる。

 京セラのデジカメ事業は05年3月期で156億円の赤字を計上する見込み。

 デジカメの普及が進んだ国内では、価格下落が進んでいる。三洋電機が年産台数を当初見込みの1800万台から1100万台に下方修正したほか、オリンパスや富士写真フイルムも下方修正している。

 京セラは83年にカメラメーカーのヤシカを吸収合併。ヤシカ傘下のコンタックスブランドで、高級レンズを搭載したカメラを販売してきた。 (2005/03/10)


 関連情報  






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission