asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ネット最前線 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >朝日新聞ニュース  >e−ビジネス情報  >日刊工業新聞  >Silicon Valley  >Hot Wired  >ASAHIパソコン  >売れ筋ランキング   
     
 home>ネット最前線>朝日新聞ニュース2004年03月27日 01時12分 更新 
 
13万人の顧客情報流出か、架空請求書届く 東武鉄道

 東武鉄道(東京都墨田区)は26日、メールで沿線情報の配信サービスを受けていた会員約13万2000人の住所、氏名、趣味などの個人情報が流出した可能性があると発表した。昨年12月以降、「アダルトサイトの通信サービス料などの名目で、25万円の請求書が郵送されてきた」との問い合わせが会員から約5700件あり、調べていた。同社は警視庁に捜査を依頼し、根津嘉澄社長と副社長の計2人の報酬を2割、3カ月にわたり減額処分にする。

 東武鉄道によると、データが漏れたのは、列車の運転見合わせや沿線のグルメ情報などを、携帯電話やパソコンの電子メールに無料で配信する「102@Club」。8月まで配信サービスを中止する。

 会員の中には、東武への登録に際して、住所、氏名などをひらがな表記するなど、特有の表現をした人がいた。請求書はその通りに送られてきたという。うち約10人が代金の一部を指定の銀行口座に振り込んだという。

 東武は、個人情報の入ったサーバーコンピューターの管理を、東京都内の会社に委託している。昨年4月、この委託先のIDとパスワードを用いた、サーバーへの不審な接続記録が見つかったという。IDなどを知っている委託先社員8人に聞き取りしたが、全員が関与を否定したという。

(2004/03/26)


 関連情報  






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission