asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ネット最前線 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >朝日新聞ニュース  >e−ビジネス情報  >日刊工業新聞  >Silicon Valley  >Hot Wired  >ASAHIパソコン  >売れ筋ランキング   
     
 home>ネット最前線>朝日新聞ニュース2004年04月07日 11時55分 更新 
 
プラズマ・ディスプレー特許侵害と富士通がサムスン提訴

 富士通は6日、大型テレビなどに使われるプラズマ・ディスプレー・パネル(PDP)に関する特許を侵害されたとして、韓国・サムスン電子の子会社サムスンSDIを日米で提訴した。輸入・販売の差し止めなどを求めている。

 急成長するPDP市場で、富士通は、日立製作所との折半出資会社(富士通日立プラズマディスプレイ=FHP)で世界シェアのトップを占める。だが、2位・サムスンSDIに猛追されており、知的財産権の保護という形で、シェアの死守を図る。

 訴訟対象の特許は、PDPの寿命を長くできる発光構造や色彩表示を豊かにする技術などで、現在のPDPに標準的に使われている。

 富士通はPDPを量産する日韓の他の大手メーカーに対し、ライセンス契約を結んで、この特許の使用に基づく対価を支払うよう求めてきた。松下電器産業とパイオニアが応じ、韓国LG電子とは交渉中。サムスンSDIは要求を拒み、交渉が決裂したため、提訴に踏み切った。

 日本ではサムスンSDI製品を扱う輸入販売会社を相手に東京地裁で、米国ではサムスン電子、サムスンSDIと同国の輸入販売会社の3社を相手にカリフォルニア中部地区連邦地方裁判所で、それぞれ提訴した。

 富士通が99年に日立と設立したFHPの03年度の売上高は、780億円の見通し。 (2004/04/07)


 関連情報  






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission