asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ネット最前線 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >朝日新聞ニュース  >e−ビジネス情報  >日刊工業新聞  >Silicon Valley  >Hot Wired  >ASAHIパソコン  >売れ筋ランキング   
     
 home>ネット最前線>朝日新聞ニュース2005年02月06日 13時38分 更新 
 
ネット調査、「不満」高めの傾向 訪問面接と比較

 ここ数年急増するインターネットでの調査は、従来の訪問調査に比べ世の中への不満が強く、将来に不安を感じる傾向が強めに出ることが、厚生労働省の外郭団体「労働政策研究・研修機構」の調べで分かった。手軽さから政府の調査でもよく使われるが、同機構は「結果を公表する時は、偏りがあることに留意する必要がある」としている。

 ネット調査は商品開発のためのマーケティングや社会的な意識調査などに多用されている。その結果に偏りが出ないかなどを調べるため、04年に訪問面接型で実施した「勤労生活に関する調査」について、同時期に4社のネット調査会社にも依頼した。訪問型とネットで同じ調査をして比較、検証するのは初めてという。

 訪問調査は無作為抽出した20歳以上の男女各2千人が対象。ネット調査は各社がそれぞれ登録モニター1650人に実施し、20代から60代まで、年齢性別が偏らないようにした。

 訪問調査の詳細な結果は集計中だが、ほぼ同じ数値が出た01年調査の結果と比較すると、「もっとも望ましい職業キャリア」を聞く質問では、訪問調査は▽「一企業に長く勤務する」が39.6%▽「複数企業を経験する」が29.4%だった。しかし、ネット調査では、4社とも「一企業」と「複数企業」が逆転、日本型終身雇用に否定的な数字が強く出る傾向があった。

 「世の中が公平かどうか」の質問に対しては、「公平でない、あまり公平でない」という回答の割合が、訪問調査より、ネット調査の方が高かった。

 ネット調査4社のうち3社の回答者は公募したモニターで、高学歴で専門技術職の人が多く、一方で、派遣やパートなどの非正社員が訪問調査よりも多い傾向も分かった。空き時間を使って謝礼をもらうためにモニター登録をする人も多かった。同機構の本多則恵情報管理課長は「ネット調査の回答者には、自分の能力はもっと高いのに、社会が悪いから生かせないと感じている人が多いのでは」と分析する。

 日本マーケティング・リサーチ協会の調査方法別の売り上げ構成比をみると、訪問調査は90年の45%が02年に25%と激減する一方、ネット調査はこの間に0%から13%に急増している。

(2005/02/06)


 関連情報  






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission