asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ネット最前線 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >朝日新聞ニュース  >e−ビジネス情報  >日刊工業新聞  >Silicon Valley  >Hot Wired  >ASAHIパソコン  >売れ筋ランキング   
     
 home>ネット最前線>朝日新聞ニュース2005年02月17日 19時33分 更新 
 
ドコモ、PHS事業から撤退へ 4月にも新規受付終了か

 NTTドコモは17日、国内2位の簡易型携帯電話(PHS)事業から撤退する方針を明らかにした。4月にも新規受け付けを終了する見通し。PHSは95年にサービスが始まり、低料金で音質もよいとして人気を集めたが、携帯電話で値下げ競争が進むにつれ利用者が減少。すでに電力系のアステルグループは各地で撤退や事業譲渡が相次いでおり、ドコモも04年3月期は355億円の営業赤字を計上した。

 ドコモのPHS事業は、98年12月にグループ会社の旧NTTパーソナル通信網から営業を譲り受ける形で開始。最近は個人がデータ通信用のカード型端末として利用するか、企業や官庁が内線電話として使う法人需要が中心となっており、加入数は今年1月末で136万9000件と、ピークの97年9月末の212万1000件より約35%落ち込んでいる。

 撤退後は、低料金化を進める第3世代携帯電話「FOMA」で代替していく方針。現在の利用者は引き続き使える。撤退が完了すれば、全国でPHSを展開するのは国内最大手のウィルコム(旧DDIポケット)のみとなる。

(2005/02/17)


 関連情報  






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission