asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ネット最前線 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >朝日新聞ニュース  >e−ビジネス情報  >日刊工業新聞  >Silicon Valley  >Hot Wired  >ASAHIパソコン  >売れ筋ランキング   
     
home > ネット最前線 > e−ビジネス情報2004年03月12日 12時47分 更新 

[新製品]アンテナハウス、XMLの組版・閲覧と帳票・レイアウトソフトを発表


 アンテナハウス(小林徳滋社長)は3月10日、XMLドキュメント・ファイルの表示や印刷を行うための新標準言語「XSL-FO」用のXML組版・閲覧ソフト「XSL Formatter V3.1」と、XML帳票・レイアウト作成ソフト「XSL Template Designer」を発表した。「XSL Formatter V3.1」は3月中旬、「XSL Template Designer」は4月上旬に出荷を開始する。

 「XSL Formatter V3.1」は、XSL-FOで書かれたコンテンツを紙に印刷したり、PDFファイルにする組版ソフトの最新版。銀行のステートメントなど数十万件以上のデータ組版や証券分析レポートをサーバー上で自動PDF化できる。最新版では、1度に組版できるページ数が、V2に比べ数倍の1万ページ以上に機能アップを図っているほか、「組版機能、組版速度、大ボリューム組版のすべてで、他社のXSL-FO組版ソフトを上回る」(同社)としている。

 同社の新機軸のツールとなる「XSL Template Designer」は、XML帳票をプログラム・レスでレイアウトできるソフト。「GUI Designer」と「Runtime Engine」の2つの機能で構成されている。

 「GUI Designer」は、Windows画面を見ながら対話方式でXML帳票の印刷レイアウトを設計し、レイアウトの定義ファイルとして保存できる。「Runtime Engin」は、GUI上で作成したレイアウト定義ファイルと手元のXMLデータからXSL-FOを生成する機能をもつ。

 税込価格は、「XSL Foematter V3.1」のサーバーライセンスがWindows、Solaris、Linux各版とも52万5000円、SDKライセンスが同各版とも21万円、クライアントライセンスが12万6000円。「XSL Template Designer」は、既存ユーザーが31万5000円、SDKとセット購入で47万2500円。

(03/11)


BCN copyright






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission