[PR]

 若年層がメインユーザーのスマートフォンアンケートアプリ「TesTee(テスティー)」を運営するテスティーと、CNET Japanが共同で現代の若者たちの実態に迫る同連載。

 第6回目はLINEを利用している10~20代の男女1662名(10代:858人、20代:804人)を対象に「スマートフォンでのLINEスタンプ利用」に関する調査を実施した。この調査を通して、若年層のLINEスタンプに対する意識を年代、性別の二軸から解明していく。調査期間は2017年10月3~10日。

    【TOPICS】
  • 若年層LINEユーザーの8割以上がLINEスタンプを利用
  • 若年層の約半数は企業スタンプで「初めて知った企業がある」
  • スクリーンショット調査から見る若年層に人気のスタンプ

若年層ユーザーの8割以上が「LINEスタンプ」を利用

 まず、10代、20代のLINE利用者を対象にLINEスタンプの利用率を調査した。その結果、10代の91.3%、20代の84.2%が「利用している」と回答。女性においては両年代ともに9割以上がLINEスタンプを利用していることがわかった。

 LINEスタンプ利用者を対象に利用頻度も調査した。その結果、「数日に1回以上」LINEスタンプを利用している人は10代で85.7%、20代で85.5%となった。さらに、10代の51.2%、20代の47.1%と、ともにおよそ半数の人が「毎日利用する」と回答した。

 では、有料スタンプの利用についてはどうだろうか。有料スタンプのダウンロード(以下「DL」)経験について調査した。その結果、すべての性年代で8割以上の人が有料スタンプのDL経験があると回答。LINEスタンプ利用率と同様に、男性よりも女性の方がややDL経験率が高いという結果となった。

 続いて、LINEスタンプを知る情報源について調査した。その結果、すべての性年代で「LINEアプリ内のスタンプショップ」が第1位となり、10代で7割以上、20代で6割以上となった。次いで「友人・知人が使っているのを見て」が第2位、「SNS」が第3位となり、いずれもすべての性年代で同じ順番となった。また、スタンプのプレゼント経験率を調査すると、「プレゼントをしたことがある」「プレゼントをされたことがある」ともに4割程度の人が経験があると回答した。

 若年層においては、LINEアプリ内のスタンプショップへ自発的にスタンプを探しにいく人が大半を占める一方で、友人が利用しているスタンプやSNSに投稿されているスタンプも新たなスタンプを見つける重要な情報源になっているようだ。

LINE企業スタンプと若年層

 ここからは企業スタンプに焦点を当てて調査した。LINEスタンプ利用者を対象に「LINE企業スタンプのDL経験率」について尋ねたところ、女性は10代、20代ともに7割以上が、男性は10代、20代ともに6割以上がDL経験があると回答した。

 次に、企業スタンプDL経験者を対象に「企業スタンプをDLする際に行ったことのある行動」について調査した。その結果、すべての性年代において「友達登録」という回答が最も多く集まり、10代で79.2%、20代で76.8%となった。

 さらに「友達登録」をして企業スタンプをDLした人を対象に深掘り調査をした。「友達登録した企業からLINEで来る情報をチェックするか」について調査すると、10代の43.6%、20代の55.7%と若年層のおよそ半数が情報をチェックしていると回答。そのうち「サービスや商品を購入したことがある」と回答した人は10代で25.4%、20代で31.9%であることがわかった。

 続いて、企業スタンプDL経験者を対象にLINEスタンプによる企業認知の効果を調査した。その結果、企業スタンプDL経験者のうち10代の48.2%、20代の44.6%が「LINEスタンプを通して初めて知った企業がある」と回答。10代、20代ともに女性の方がLINEスタンプを通して初めて知った企業が多いようだ。

 さらに、LINEスタンプを通して企業の印象が変わったかを調査すると、10代の18.3%、20代の17.7%が「印象が良くなった」と回答し、以下のような理由が挙がった。

 「堅いイメージが払拭された」「企業のことを知ることができた」といった意見が多く、LINEスタンプを通して企業をより身近に感じられることが企業の好感度向上につながっていると言えそうだ。この調査を通じて、LINEスタンプは若年層と企業をつなぐ一つのツールとなっていることがうかがえる。

スクリーンショット調査から見るスタンプ利用実態

 LINEスタンプ利用者(10代:95名、20代:83名)を対象に、直近利用したスタンプのスクリーンショット画像を提供してもらい、直近利用した8個のスタンプを画像解析。若年層において最近利用率の高いスタンプを調査した(LINEのデフォルトスタンプは除く)。

 全体の1位は「カナヘイ」シリーズで、全体の7.9%が利用していることがわかった。カナヘイシリーズは20代の男女においてともに1位となっていることから、20代に人気の高いスタンプであることがうかがえる。次いでヨッシースタンプの「うさぎ100%」シリーズが7.3%で2位、「うさまる」シリーズが6.2%で3位となった。

 「うさぎ100%」シリーズと「うさまる」シリーズは女性からの人気が高く、特に10代女性においてはトップ2となっている。また、上位3つはクリエイターズスタンプとしてだけでなく、企業とのコラボで無料DLできるものも多いことが利用率の高さにつながっていると考えられる。

 4位は楽天の「お買いものパンダ」シリーズで、全体の5.6%が利用しているという結果となった。お買いものパンダシリーズは期間限定の無料スタンプとなっており本調査の時点では配信されていない中、全性年代で直近利用されていることから根強い人気の高さがうかがえる。

 また全体的に、女性ではクリエイターズスタンプ、男性ではアニメ・ゲームスタンプの利用頻度が高いといった傾向もわかった。

 では、LINEスタンプをどのような場面で使うのか。利用場面について自由回答にて調査すると、以下のような回答が多く、会話を終了させたい時や返信で困った時にLINEスタンプを重宝しているようだ。

 その他にも以下のような回答が挙がり、LINEスタンプを利用した若年層のコミュニケーション行動が垣間見えた。

 最後に、LINEスタンプ利用者を対象にLINEスタンプをDLしてからどれくらいの期間利用するかについて調査した。

 どの性年代においても「使わなくなることはない」との回答が最も多く、10代で57.6%、20代で51.6%となった。手あたり次第LINEスタンプをDLするというより、気に入ったものや自分のコミュニケーションスタイルに合ったものをDLし使い続ける若年層が多いようだ。

 若年層にとってLINEスタンプは、会話を盛り上げたり上手く終わらせたりとコミュニケーションを操るための重要な道具の1つなのかもしれない。

関連記事